« ブルース・オールマイティ | トップページ | マイティ・ソー »

2011年12月30日 (金)

エターナル・サンシャイン

★★★★

 アカデミー脚本賞を受賞した作品で、主演はジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの演技抜群コンビです。とくに最近のケイトの演技力はとても素晴しく、完全に大女優への道を歩み始めた感がありますね。

Etarnal
 ストーリーは少し難解で、荒唐無稽な話なので、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私には大変面白かったです。
 過去とは『記録と記憶』だと考えていますが、恋人同士がそれぞれの記憶を消してしまえば、二人の過去も消失しまうのでしょうか。答は『否』でした。理由は簡単です。第3者の記憶までは消せないし、各人が持つこころの中味迄は変えられないからです。

 この映画は、タイトルが出る迄に非常に長い時間をかけていますが、ラストになってその理由が分かり、流石に『アカデミー脚本賞!』と、思わず唸ってしまいました。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ブルース・オールマイティ | トップページ | マイティ・ソー »

コメント

ケントさん、あけましておめでとうございます。
TBが入らないようなのですが、こちらにコメントさせて下さい。
『エターナル・サンシャイン』、大好きな映画です。人生ベスト10には確実に入ります。
今年も、この映画のような「記憶に残る」作品に出逢いたいものですね。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 真紅 | 2012年1月 2日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43561663

この記事へのトラックバック一覧です: エターナル・サンシャイン:

« ブルース・オールマイティ | トップページ | マイティ・ソー »