« アイズ・ワイド・シャット | トップページ | ケース39 »

2011年12月18日 (日)

RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ

★★★★☆

 主人公は富山地方鉄道の運転手。彼はあと1ヵ月で定年を迎えることになり、定年後に、久し振りに妻を誘って旅行に行こうと考えていた。ところが妻のほうは、夫の定年を待って看護士の仕事を始めようと、すでに病院の面接を受けていたのである。
 このすれ違いが基になって、二人は別居することになり、意地の張り合いで離婚話へと飛躍してしまうのだった。夫役を演じたのは、どこととなく顔つきが宇津井健に似てきた三浦友和、妻役には知性と色気が同居する余貴美子という異色のコンビ。この二人がなかなかサマになって味がよかったね。
 そして富山の美しい大自然と軽快な音楽でつむぎながら、ロー力ル線の魅力を十二分に引き出している。実に心が癒される映像ではないか。

Railways2
 主人公の場合は、好きで鉄道員になったわけではなく、本当はカメラマンになりたかったようだ・・・。そう昔は、ほとんどの人達が、生活のために夢を捨て、現実的な職業に就いたものである。そして例え好きでもない職業でも、ひとたび就職すれば一生懸命努力して、職人に成長していったのだ。それだからこそ、日本経済も急成長を成し得たのだろう。

 このことは私自身にも言えることで、マンガ家や小説家の夢を捨て、堅実な経理マンの道を歩み続けた。やはり好き嫌いは別にして、ひとたび仕事に就けば、死にもの狂いで頑張ったのも、本作の主人公と同じである。
 だから本作を観ているうちに、主人公と自分が重なって、かなりマジに感情移入してしまった。だからあらゆるシーンで、熱い涙が止まらなかったのである。
 人によっては、脚本がべタなことや、仁科亜希子の中途半端な役割、余貴美子が崖をよじ登るという過剰演出等を、批判の材料とするかもしれない。だが主人公と共鳴してしまったおじさんにとっては、そんな些細なことはどうでも良いのだ。とにかく「良い映画だった」と単純に繰り返すばかりである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アイズ・ワイド・シャット | トップページ | ケース39 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43419753

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ:

» RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [LOVE Cinemas 調布]
富山県にある富山地方鉄道が舞台。あと1ヶ月で定年退職を迎える運転士の夫、夫の定年後に働き始めようとする妻、2人の姿を等身大に描いたヒューマンドラマだ。主人公の運転士を『星守る犬』の三浦友和、その妻を『孤高のメス』の余貴美子が演じている。蔵方政俊監督はシリーズ第1弾『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の助監督を経て本作品がデビュー作となった。... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 10時51分

» 映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」観に行ってきました。富山県に実在する富山地方鉄道を舞台に、長きに渡って鉄道運転士を勤めた男とその家族を描いたヒューマンドラマ。今... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 12時12分

» No.284 RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [気ままな映画生活]
【ストーリー】 鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマで、中井貴一主演「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010)に続くシリーズ第2作。富山を舞台に、 ... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 22時36分

» RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ'11:日本◆監督:蔵方政俊「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」◆出演:三浦友和、余貴美子、小池栄子、中尾明慶、吉行和子◆STORY◆富山 ... [続きを読む]

受信: 2012年1月19日 (木) 16時52分

« アイズ・ワイド・シャット | トップページ | ケース39 »