« ラビット・ホール | トップページ | インモータルズ 神々の戦い 3D »

2011年11月23日 (水)

月に囚われた男

★★★★

 3年契約で、月にあるエネルギーを採堀する男のお話。登場人物はサム・ロックウェル一人きり。地球との直接交信は許されず、話し相手は妙な形をしたロボットのみ。

月に囚(とら)われた男 [Blu-ray] DVD 月に囚(とら)われた男 [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2011/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 一人芝居であり、月面のセットを観ても、低予算映画であることはミエミエである。お蔭で序盤は退屈で我慢できなかった。ところが、採堀機の中でもう一人のサムが発見されると、その後の展開が気になって、たちまち面白くなってきたから不思議である。

 この作品を観るきっかけになったのは、先日観たダンカン・ジョーンズ監督の『ミッション:8ミニッツ』がいたく気に入り、同監督のデビュー作である本作を観てみたくなったからである。ちなみに同監督は、あのデビット・ボウイの息子だという。

 さて本作にっいては、詳しく内容を明かすと、興味が半減してしまうので、これ以上の説明は省くが、ある意味で、S・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』へのオマージュ作品なのではないかと感じた。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« ラビット・ホール | トップページ | インモータルズ 神々の戦い 3D »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43117385

この記事へのトラックバック一覧です: 月に囚われた男:

« ラビット・ホール | トップページ | インモータルズ 神々の戦い 3D »