« アレックス | トップページ | 月に囚われた男 »

2011年11月21日 (月)

ラビット・ホール

★★★★

 息子の事故死を、なかなか受入れられない母親べッカに、ニコール・キッドマン、その夫ハウィーにアーロン・エッカートというキャスト陣。ニコール・キッドマン主演の映画を観るのは、『オーストラリア』以来、約3年振りである。相変わらず若くて美しい彼女であるが、いつも女王様のような派手な役回りばかりで、本作のように普通の主婦を演じるのは珍しいよね。

 夫役を演じたアーロン・エッカートは、真面目で優しい雰囲気が漂い、まさにピッタシカンカンの当たり役だったのではないだろうか。実際、神経質で気まぐれな妻に対しては、こうした大らかで優しい旦那が必要なんだね。

 ストーリーは、すでに息子を失って数ヶ月後から始まり、母親のべッカが内面で苦悩し続け、夫婦の危機を乗り越えて、次第に自己を取り戻してゆくまでを描いている。
 べッカは、表向きはひたすら苦悩を隠し続けるのだが、どうしても不愉快な態度を抑え込めず、夫・母・妹や近所の人々ともうまく付き合えない。夫はこれを堪えていろいろと努力するのだが、ある出来事が発覚したときに、かなり動揺して他の女性のもとへ走る。

 ある出来事とは、息子を事故死させてしまった少年とべッカが逢瀬を重ねていたという事実であった。べッカは少年を許容することによって、息子の死を受け入れようと思ったのかもしれない。
 またタイトルのラビット・ホールとは、この少年が描くSFマンガに登場するブラック・ホールのようなもので、パラレルワールドへの扉である。このパラレルワールドの存在こそが、ベッカの心の扉と重なって、生きてゆく活力を生み出すことになるのかもしれない。

 そして終盤に、同じ体験をしているベッカの母親が語る言葉が、かなり印象的で含蓄があった。
「大きな岩のような悲しみは、決して忘れはしないが、やがてポケットの中の小石に変わってゆく」

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アレックス | トップページ | 月に囚われた男 »

コメント

なんと言ってもお母さんの言葉ですよね。
決して説教がましくなく、自らの辛い経験から紡ぎだした自分自身の言葉。でもあの言葉は私たち全員に通じるとても大切な言葉になったと思います。

投稿: KLY | 2011年11月22日 (火) 00時33分

KLYさんこんにちは

本当に母親の言葉はよかったですよね。
私も若い頃に両親を亡くしましたが、まさに「大きな岩のような悲しみは、決して忘れはしないが、やがてポケットの中の小石に変わってゆく」の通りであります。

投稿: ケント | 2011年11月22日 (火) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/43091229

この記事へのトラックバック一覧です: ラビット・ホール:

» ラビット・ホール [LOVE Cinemas 調布]
ニコール・キッドマンが自ら主演と製作を務め、第83回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたヒューマンドラマだ。ピューリッツァー賞、トニー賞を受賞した戯曲をジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化した。事故で我が子を失った夫婦がその死を受け入れ新たな一歩を踏み出すまでを描いている。共演はアーロン・エッカート、ダイアン・ウォースト。... [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 16時09分

» ラビット・ホール [佐藤秀の徒然幻視録]
パラレルワールドとタラレバワールド 公式サイト。原題:RABBIT HOLE。ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、ニコール・キッドマン、アーロン・エッカート、マイルズ・テラー、ダイア ... [続きを読む]

受信: 2011年11月21日 (月) 16時12分

» ポケットの中の石 [笑う学生の生活]
23日のことですが、映画「ラビット・ホール」を鑑賞しました。 息子を交通事故で失った夫婦の物語 子どもを失う苦悩・・・ 設定としては ありがちだが 静に丁寧に描いている 出演者 皆 いい演技をしているが ニコール・キッドマンの微妙な不安定加減が非常に巧い ニコ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月28日 (月) 22時06分

» 映画『ラビット・ホール』を観て [kintyres Diary 新館]
11-69.ラビット・ホール■原題:Rabbit Hole■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:92分■字幕:太田直子■鑑賞日:11月6日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円□監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル□脚本:デヴィッド・リンゼイ=アベアー□撮...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 21時41分

» ラビット・ホール [映画とライトノベルの日常自販機]
“あたたかでやわらかな感動でした” 2011年12月28日 新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(1月13日まで上映) おすすめ度:★★★★★ 息子を亡くした悲しみというのは共通しているのに、ベッカは自分と対峙の仕方が違う人々に苛立ちヒステリックになっていきます。 子どもを亡くした夫婦の集まりで聴く話は彼女の神経を逆なでするばかりです。 また彼女の兄は麻薬中毒でなくなっていますが、彼女の母親(ダイアン・ウィースト)も息子を失ったことではなく、悲しみについて語ろうとすると、麻薬中毒で死んだ兄とダニー... [続きを読む]

受信: 2012年1月10日 (火) 08時57分

« アレックス | トップページ | 月に囚われた男 »