« キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー  | トップページ | 新しいブログを立ちあげました »

2011年10月24日 (月)

一命

★★★☆

 1962年に製作された小林正樹監督の『切腹』のリメイク版である。その『切腹』はかなり古い映画になってしまったので、若い人達には馴染みがないかもしれない。どちらかと言えば、海老蔵の復帰作ということに、話題が集中しているようである。
 だが『切腹』は歴代時代劇べストスリーといっても良いほどの名作である。だからどうしても、この作品との比較をしてみたくなってしまうのだ。

Ichimei
 大きな話の流れはほとんど同じ。貧乏にあえぎ病を患う妻子を、医者に診てもらう金もない浪人千々岩求女が、やむなく井伊家に「狂言切腹」を申し出る。井伊家ではこれが「狂言切腹」と知りつつ、無理やり彼を切腹させてしまう。

 後日この事実を知った義父の津雲半四郎が、単身井伊屋敷に乗り込み、回想を交えながら、家老の斎藤勘解由とわたり合う。といった筋書きであり、形骸化した武士道に振り回される武士たちを風刺した時代劇である

 さてキャストのほうは本作が津雲半四郎に市川海老蔵、その娘美穂に満島ひかり、娘婿の千々岩求女に瑛太、家老の斎藤勘解由に役所広司といった面々。
 『切腹』のほうは津雲半四郎に仲代達矢、その娘美穂に岩下志麻、娘婿の千々岩求女に石浜朗、家老の斎藤勘解由に三國連太郎といったところ。

 まず主役の津雲半四郎役について、セリフ回わしでは、海老蔵もなかなか頑張っていた。だが、仲代の演じた半四郎の表情や、なにげない仕草の中には、心に秘めた怒り・憎悪・悲しみが、にじみ出ていたのである。
 さすがに海老蔵も、この奥深い演技力には及ばなかったようである。これはもう、苦労人と裕福なボンボンの違いとしか言いようがない。

 また家老の斎藤勘解由役については、決して役所広司が下手だということではなく、どうしても彼の人の良さのようたものが拭いきれないのだ。少なくともこの役は、あの怪人三國連太郎には全く歯がたたなかった。
 ただ千々岩求女役だけは、石浜朗よりも本作の瑛太のほうに軍配をあげたい。ことに、あの竹光での切腹シーンは凄まじかったよね。

 それからセットとか映像美については、さすがに技術の進化や製作費の関係で本作のほうが優れていると思う。だが『切腹』のモノクロ画面というのも、なかなか味があって捨て難いものである。

 最後にチャンバラシーンに関しては、『切腹』のほうに大軍配をあげたい。まず敵の三人をまとめて退治した本作は、なんだかいやにあっけない。『切腹』では三人と別々に対決し、ことに達人・彦九郎(丹波哲郎)との荒野での必死の対決がみものであった。このシーンでは、なんと本物の真剣を使ったという。まさに命がけの撮影である。

 さらにラストの殺陣も、本作ではあえて新発想として竹光で行っているが、やはり『切腹』のように真剣でなくては、迫力が出てこないのだ。
 なかなかうるさいことを書き連ねてしまったが、やはり総合的にみても、本作は『切腹』には遠く及ばなかった。だが決して出来が悪いわけではない。ただ余りにも『切腹』が偉大な作品だったのだと言えよう。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー  | トップページ | 新しいブログを立ちあげました »

コメント

お早うございます。
はじめてコメントさせていただきます。
そのDVDを簡単にレンタルできるにもかかわらず、「ケント」さんのように、本作と『切腹』とを比較しているブログの数は余り多くはありません。
あるいは、本作について三池監督が、『切腹』のリメイク版ではなく原作の再映画化だと強調しているせいなのかもしれません。
ただ、ケントさんがおっしゃるように、「大きな話の流れはほとんど同じ」ですから、リメイク版ではないということが何処まで実現されているかは、見る者によって判断が様々となるでしょう。
そして、山場となる「ラストの殺陣」は、ケントさんがおっしゃるように、「やはり『切腹』のように真剣でなくては、迫力が出てこない」のは明らかで、そうしてみると『切腹』の方がズット面白いのは間違いないでしょう。
ただ、この映画を、『切腹』のようには復讐譚としないというところから、例えば斎藤勘解由の性格付けをかなり替えたり(役所広司の雰囲気に適合していると思われます。剰え、足が酷く不自由な姿に描かれています)、「ラストの殺陣」でも津雲が竹光を使うようにしていると思われます。
また、『切腹』では、仲代達矢と「達人・彦九郎(丹波哲郎)との荒野での必死の対決がみもの」でしたが、本作では極く簡単に描かれるだけとなっています〔何しろ、本作の彦九郎は、上手く介錯が出来ない程度の武士に描かれているのですから!〕。
こうやって、三池監督らの制作陣が『切腹』をなんとか乗り越えようと様々な工夫を凝らして、しているわけで、それが上々の首尾をもたらしたかどうかはともかく、そうした気構えくらいは評価してあげても良いのでは、と思ったところです。

投稿: クマネズミ | 2011年11月 1日 (火) 06時34分

クマネズミさん コメントありがとうございます。
クマネズミさんの丁寧なブログ記事を読めば、この映画の隅々まで良く分かりますね。
三池監督は本作を『切腹』のリメイクではないと言っています。彼が自分の主張を通したい気持ちは分かりますが、その主張にも余り共鳴出来ませんでした。映画は大衆文化であり、監督の私物ではないと言うことを言いたいです。
まあ、出来上がりはそこそこ良い映画でした。本ブログ記事にも書きましたが、なにせ『切腹』が凄すぎただけであります。

投稿: ケント | 2011年11月 2日 (水) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/42664876

この記事へのトラックバック一覧です: 一命:

» 「一命」 武士の面目と武士の情け [はらやんの映画徒然草]
戦国時代が終わり泰平の世が訪れた徳川時代初期、浪人たちの間で"狂言切腹”なるもの [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 21時51分

» 一命・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
猫様は見ていた。 「一命」は、滝口康彦の短編小説「異聞浪人記」を原作に、1962年に発表された小林正樹監督の「切腹」のリメイクである。 舞台は豊臣氏の滅亡により、天下太平の世が訪れた寛永年間の江戸...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22時01分

» 『一命』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「一命」□監督 三池崇史 □脚本 山岸きくみ □原作 滝口康彦(異聞浪人記)□キャスト 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司、竹中直人、       新井浩文、笹野高史、中村梅雀■鑑賞日 10月16日(日)■劇場 TOHOシネマ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22時19分

» 一命 [だらだら無気力ブログ!]
井伊家こそイイ迷惑。 [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 22時50分

» 『一命』 [ラムの大通り]
----これって、昔の映画のリメイクだよね。 「そうなんだけど、 あまりそのことを、前面に出してはいない。 やはり、小林正樹監督の『切腹』が あまりにも名作だからかもしれないね。 で、その元となった原作『異聞浪人記』の映画化の方が 強調されているみたい。 ぼくは...... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23時38分

» 一命 [LOVE Cinemas 調布]
『十三人の刺客』、『クローズZERO』の三池崇史監督最新作。滝口康彦の「異聞浪人記」をベースに作られた武士の世界を批判的に描いたヒューマンドラマだ。1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作でもある。主演は歌舞伎俳優・市川海老蔵。共演に『まほろ駅前多田便利軒』の瑛太、『悪人』の満島ひかり、『十三人の刺客』の役所広司といった実力派が揃った。... [続きを読む]

受信: 2011年10月24日 (月) 23時50分

» 一命 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1952年に発表され、1968年には「切腹」として映画化された滝口康彦の『異聞浪人記』を原作に「十三人の刺客」の三池崇史監督が武士の誇りと家族愛を描く時代劇。音楽を「シルク」の ... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 13時22分

» 一命 [象のロケット]
江戸時代初頭。 大名家の取り潰しが相次ぎ、生活に困窮した浪人たちの間では“狂言切腹”が横行していた。 それは裕福な大名屋敷の庭先で「切腹させて欲しい。」と願い出て、面倒を避けたい屋敷側から金銭や職をもらうという一種のゆすり。 ある日、切腹を願い出た津雲半四郎という中年の侍に、名門・井伊家の家老・斎藤勘解由は、数ヶ月前にやって来た若浪人・千々岩求女の狂言切腹の顛末を語り始めるのだが…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2011年10月26日 (水) 00時22分

» 映画「一命」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「一命」観に行ってきました。滝口康彦の小説「異聞浪人記」を原作とし、江戸時代初期に蔓延したと言われる「狂言切腹」を題材に「武士の生き様」に対し疑問を投げかける作品。... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 20時16分

» 一命 [映画的・絵画的・音楽的]
 『一命』を吉祥寺のバウスシアターで見ました。 (1)原作の滝口康彦著「異聞浪人記」(注1)を映画化したものとしては、小林正樹監督の『切腹』(1962年)があり、それに甚だ感銘を受けたことがあり、また『十三人の刺客』の三池崇史監督の作品ということもあって、映画...... [続きを読む]

受信: 2011年10月30日 (日) 18時45分

» 一命(2011-086) [単館系]
1962年に仲代達矢主演で公開された『切腹』と同一原作 リメイクではないらしい。 狂言切腹というのが有るらしい。 切腹を申し出て面倒事を避けたい大名はお金や職を与えて 思いとどませるらしい。 と...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 02時38分

» [映画『一命』を観た(すまん、短信)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆『十三人の刺客』を見たとき、ノリ気じゃない姪っ子だったが、観終えて、「悔しいけど、面白かった^^;」と言った。  で、今回、半ば無理矢理に彼女を、 「名作『忍たま乱太郎』と同じ監督だからさ^^」  と言って、連れて行ったら、観終えて、「『忍たま乱太郎...... [続きを読む]

受信: 2011年10月31日 (月) 19時41分

» 映画「一命」映像がちょっともったいつけすぎ [soramove]
「一命」★★★ 市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、役所広司主演 三池崇史 監督 127分、2011年10月15日公開 2011,日本,松竹 (原作:原題:滝口康彦の小説『異聞浪人記』) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「江戸時代初頭、戦国の世は終わり 幕府の難癖から多くの大名の御家取りつぶしが起こり 生活に困窮した浪人の間で流行った... [続きを読む]

受信: 2011年11月 2日 (水) 09時17分

» ■映画『一命』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
それは、こんなに気合いの入った映画の撮影が終わったら、ちょっとハメを外したくもなるよね…。 と、ちょっと市川海老蔵の心境に思いを馳せてしまうこの映画『一命』。 この映画にはやっぱり海老蔵の才能が必要だったし、海老蔵がいなくてはなりたたない作品だと思うのです。... [続きを読む]

受信: 2011年11月 3日 (木) 07時13分

» 『一命』| 武士道はあれど、その道を歩く者なし。 [23:30の雑記帳]
「『一命』を一名ください」と チケット売り場で言えなかった小心者です。 まだまだ修行が足りません(泣) まずは簡単なあらすじ紹介から。。。 (ネタバレあります!) ... [続きを読む]

受信: 2011年11月 5日 (土) 01時11分

» 一命 [銀幕大帝α]
HARA-KIRI: Death of a Samurai/11年/日本/126分/時代劇ドラマ/劇場公開(2011/10/15) −監督− 三池崇史 過去監督作:『十三人の刺客』 −原作− 滝口康彦『異聞浪人記』 −音楽− 坂本龍一 −出演− ◆市川海老蔵…津雲半四郎 ◆瑛太…千々岩求女 過去出演作:『なくも...... [続きを読む]

受信: 2012年4月15日 (日) 02時04分

» 一命 [映画、言いたい放題!]
もう随分前に ある演出家から勧められて、 この映画の元になった「切腹」と言う映画を観ました。 当時、古い作品であるその映画はなかなか見つからず、 やっと見つけて観たのですが、 見ごたえがあり、内容にもショックを受けました。 そのリメイクであると聞いて これは是非... [続きを読む]

受信: 2012年5月 1日 (火) 03時46分

« キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー  | トップページ | 新しいブログを立ちあげました »