« 17人の忍者 | トップページ | もしドラ »

2011年6月15日 (水)

プリンセス トヨトミ

★★★

 大阪夏の陣で滅亡したと伝えられている豊臣家の末裔が、今も大阪市内で生き永らえているらしい。そして明治維新の政府が、大阪国の存在を認め、その組織に対して国家予算の配分を約束したという。
 会計検査院とは、政府とは独立した組織であり、行政組織や公益法人の検査を行っている。従ってその存在と検査には、普段民間会社に高飛車な国税局でさえ恐れているらしい。
 その恐怖の検査官の中でも殊に有能な検査官である松平元が、二人の部下を伴って大阪にある役所や学校などを検査することになった。その検査過程の中で、松平はある公益法人に不信感を抱き、大阪全体の秘密を知ることになる。

Toyotomi
 まさに大阪人にとっては嬉しくて堪らない映画で、大阪市の絶大なる協力と、大勢のエキストラが集ったのも納得出来るというものである。ただキャストの選び方には多少疑問を感じた。主演の堤真ーと中井貴一は適役なのだが、検査官の部下を演じた綾瀬はるかの天然ぶりに違和感を拭えなかった。大好きな女優さんだけに、もう少し使い方を考えて欲しかったな。
 また現実にも女性検査官は、超優秀な人と変わり者が多いのであるが、歴史ミステリーと大上段に構えた作品としては、かなり迫力を削いだ感が否めない。さらに豊臣の末裔である王女さまについても、その生い立ちなどについて全く言及せず、あれだけ大勢の市民を動かす神秘的なイメージも沸いてこないのが残念だ。
 ただ一つだけ感動したのは、あの地下通路を、普段は余りしゃべらない父親と、語りながら一諸に歩くという、その一点だけであった。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« 17人の忍者 | トップページ | もしドラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/40402894

この記事へのトラックバック一覧です: プリンセス トヨトミ:

» プリンセス トヨトミ [LOVE Cinemas 調布]
「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務める。共演に中井貴一、和久井映見、笹野高史といったベテラン実力派が揃う。監督は『HERO』の鈴木雅之。... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 08時47分

» プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ [労組書記長社労士のブログ]
【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本...... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 11時43分

» プリンセストヨトミ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「鴨川ホルモー」の万城目学による同名小説を、「HERO」の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリー。東京から大阪にやって来た3人の会計検査院調査官が遭遇する大騒動を描く。出演 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 14時38分

» 大阪国国民、蜂起せよ〜『プリンセス・トヨトミ』 [真紅のthinkingdays]
 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...... [続きを読む]

受信: 2011年6月15日 (水) 19時26分

» プリンセス トヨトミ [象のロケット]
7月8日金曜日、午前4時、大阪が全停止した。 …遡ること4日前の月曜日。 府庁をはじめとする各団体の実地調査のため、3人の会計検査院調査官が大阪を訪れる。 彼らは不審な社団法人「OJO(大阪城跡整備機構)」を見つけるが、徹底的に調査するも変わった様子はない。 諦めようとしたその時、大阪国総理大臣と名乗る男が現れた…。 摩訶不思議ファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 20時33分

» プリンセス・トヨトミ [★ Shaberiba ]
大阪が全停止した。そこにある真実とは・・? [続きを読む]

受信: 2011年6月16日 (木) 22時27分

» 映画「プリンセストヨトミ」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「プリンセストヨトミ」観に行ってきました。作家・万城目学による同名の長篇小説を原作とする、大阪国と会計検査院の間で繰り広げられる駆け引き、および家族の絆を描いた作品... [続きを読む]

受信: 2011年6月18日 (土) 23時23分

» プリンセス トヨトミ(2011-035) [単館系]
万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 23時32分

» 映画:プリンセス トヨトミ [よしなしごと]
 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。 [続きを読む]

受信: 2011年7月26日 (火) 05時12分

» プリンセス トヨトミ [いやいやえん]
プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴史人物の名前をもじった名前が使われている所はニヤニヤするところですが、秘密が明らかになった時の驚きが全然感じられなかったのは残念です。中井貴一さん演じる真田幸一が説明する真実とは、豊臣の末裔の王女が生きている事、ここが大阪国であること。「可哀... [続きを読む]

受信: 2011年11月23日 (水) 10時37分

» プリンセス トヨトミ [食はすべての源なり。]
プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつぼみ? ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 14時36分

» 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。「プリンセス トヨトミ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2011年12月20日 (火) 23時29分

« 17人の忍者 | トップページ | もしドラ »