« アンノウン | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

2011年5月27日 (金)

エクレール お菓子放浪記

★★★★

 お菓子の好きなパリ娘、ふたり揃えばいそいそと、角の菓子屋へポンジュール  よる間もおそしエクレール 腰も掛けずにむしゃむしゃと 食べて口拭くパリ娘」という懐かしい歌が流れると、なぜかとどめなく涙が落ちてきた。

Ekurea
 これは戦争中から終戦直後に亘って、施設などを転々としたある孤児のお話であり、原作者西村滋氏の自伝でもあるという。

 弧児院で辛い思いをした少年が、里親(いしだあゆみ)にひきとられるところから始まる。ところがこの里親は、いつも孤児を引き取っては労働者としてこき使う、悪名高い守銭奴ばあさんだった。
 それで少年も映画館のフィルム運び人として働かされることになる。だが弧児院で辛い日々を送っていた少年にとっては、充実して楽しい日々であった。ところが、少年のふとした不注意で、ケガを負ったことから、里親とケンカ別れしてしまう。

 その後少年は、旅芸人一座で働きながら全国を行脚するのだが、戦争のためにこの一座が解散することになってしまう。行きどころをなくした少年が頼りにしていた人々は、みんな戦争の犠牲になってしまったようである。そして少年は・・・。
 映画館や旅芸人一座でのストーリー展開は、『ニュー・シネマ・パラダイス』や『笑いの大学』などへのオマージュなのだろうか。実に良く似ていて微笑ましい。

 さて孤独な少年の心の中には、いつも心に抱いていた忘れられない人々がいた。弧児院でたった一人だけ優しかった陽子先生である。そして彼女がよく歌っていた「お菓子と娘」という冒頭の歌が心の支えだった。
 それから、万引をしたときに美味しい菓子パンをくれた遠山刑事。この人のくれた菓子パンの美味しさが、少年の未来を創ったといってもよいだろう。さらに映画館で一緒に働いていたおばさんや、旅芸人一座の親方や俳優たちも忘れられない。

 なにせテアトルの配給だし、製作費がかなり少ないのは確かである。だがそんな貧困な製作状況の中で、なかなか無駄のないツボを掴んだ創り方をしていた感があった。また撮影場所には、震災前の石巻の美しい風景が選ばれている。
 こういう話は暗くなりがちなのだが、戦争の理不尽さを訴えてはいるものの、敗戦にも負けずに、たくましく前向きに生きている人々の姿に心温まるものを感じた。なにか震災にも負けずに、たくましく生きてゆこうとする東北人たちの姿と重ってしまう。是非若い人たちにも、観てもらいたい一本でもある。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« アンノウン | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »

コメント

ちょっと展開が早すぎるかなぁとは思ったんですが、確かにギリギリ無駄のない作りとも言えると思います。
何よりあの歌声に魅せられちゃいました。いい声してます。
いしだあゆみさん、怪演でした。

投稿: KLY | 2011年5月27日 (金) 20時18分

KLYさんこんにちは
久し振りにみたいしだあゆみ。昔は大ファンだったのですが・・・。もうおばあちゃんですね、彼女は痩せ過ぎかも。同年代の女優に比べて老けているような気がしました。でも仰る通りなかなかの怪演でしたね。
それと坊やの清らかで澄んだ歌声は良かったですね。「お菓子の好きなパリ娘」が西條 八十の作詞だと始めて知りましたよ。

投稿: ケント | 2011年5月28日 (土) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/40156839

この記事へのトラックバック一覧です: エクレール お菓子放浪記:

» エクレール・お菓子放浪記 [LOVE Cinemas 調布]
西村滋の自伝的作品『お菓子放浪記』を映画化。孤児の少年が戦争末期から戦後の混乱期を様々な人々と出会いながら生き抜く姿を描いたヒューマンドラマだ。主演は本作が映画初出演となる子役・吉井一肇。共演にいしだあゆみ、遠藤憲一、林隆三らベテランが揃う。監督は『ふみ子の海』の近藤明男。吉井が美しいボーイソプラノで歌う「お菓子と娘」は思わず聞き惚れてしまう。... [続きを読む]

受信: 2011年5月27日 (金) 20時17分

» エクレール お菓子放浪記 [象のロケット]
昭和18年(1943年)、孤児院を飛び出した少年アキオは、空腹に耐えかねて菓子袋を盗む。 しかし、刑事・遠山はアキオを捕まえず、逆に笑顔で菓子パンを食べさせてくれる。 その後、感化院に入れられたアキオは、スパルタ式指導を受け夢も希望も失いかけるが、院長秘書の陽子先生が歌う『お菓子と娘』の歌が心の安らぎとなるのだった…。 戦争ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2011年5月29日 (日) 01時16分

» エクレールお菓子放浪記☆独り言 [黒猫のうたた寝]
お菓子放浪記・・・お菓子の職人になる為にがんばるの?なんて観る前は思ってましたけど、戦時中孤児になった少年が、お菓子によって得た甘く温かな幸福感を心に秘め一生懸命生きていく物語でした。辛い目にあっても、あのお菓子を食べた時の幸福な気持ちがあったから・・・... [続きを読む]

受信: 2011年5月29日 (日) 08時44分

» ■映画『エクレール・お菓子放浪記』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
『エクレール・お菓子放浪記』という題名から、なんだかスイーツな映画なのかと勝手に思っていた本作。 しかし、本作の中身はそんな甘っちょろいものではなく、戦中・戦後の混乱期をたくましく生き抜く、孤児の物語でした。 主人公の孤児・アキオを演じる吉井一肇くんのボー... [続きを読む]

受信: 2011年6月17日 (金) 18時44分

» 映画「エクレール・お菓子放浪記」戦中戦後の甘くない現実 [soramove]
「エクレール・お菓子放浪記」★★★ 吉井一肇、林隆三、高橋恵子、 遠藤憲一、早織、いしだあゆみ出演 近藤明男監督 105分、2011年5月21日より全国順次, 日本,マジックアワー、『エクレール・お菓子放浪記』全国配給委員会 (原作:原題:エクレール・お菓子放浪記                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 甘くて美味しいお菓子を そこら中で簡単に手に入れることが出来る幸せ。 「最... [続きを読む]

受信: 2011年7月28日 (木) 08時48分

» 映画・エクレール お菓子放浪記 [お花と読書と散歩、映画も好き]
2011年 日本原作 西村滋 1943年主人公のアキオ少年(吉井一肇)は両親と死別、孤児となり孤児院から感化院へ感化院では陽子先生(早織)に教えられた「お菓子と娘」に安らぎを覚え、後々もこの歌と陽子先生が心の支えとなります里親、野田フサノ(いしだあゆみ)に引き...... [続きを読む]

受信: 2011年8月 3日 (水) 22時47分

« アンノウン | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉 »