« シリアスマン | トップページ | 映画館で大地震を体験した »

2011年3月10日 (木)

パンドラの火花

 タイムトラべル小説なのだが、今だかつて読んだことのない展開であった。ある意味、罪と罰の根源を問うクライム・サスペンスともいえるだろう。従ってタイムトラべルファンではなくても、十分に読み応えのある重厚な作品に仕上がっている。

パンドラの火花 (新潮文庫) Book パンドラの火花 (新潮文庫)

著者:黒武 洋
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 背景は2040年。死刑制度が廃止になるのだが、すでに死刑執行が決定していた死刑因たちの処遇が宙に浮いていた。そこで政府は、すでに完成しているタイムマシンに模範死刑因を乗せて過去へ跳び、死刑因自身に過去の自分を説得するよう命じる。そして過去の凶行を未然に防げれば、死刑囚の罪は消えると言うのだった。
 かくして3台のタイムマシンが、それぞれ死刑因と監視員の2人ずつを乗せ、35年前の世界へと時空を跳び立ってゆくのである。ストーリーはこの三人の死刑因達の行動を、それぞれ角度を変えて描くオムニバス形式になっているが、ラストの帰還編とエピローグで見事に一つの話として繋がってゆく。実に興味深い話ではないか。
 また、この小説を原作にしたデジタルコミックもネットで発売されている。こちらのほうはまだ未読であるが、近藤崇氏の現実的な中におどろおどろしさを併せ持つ、魔化不思議なタッチの画が気になってしょうがない。こちらも是非一読してみたいものである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« シリアスマン | トップページ | 映画館で大地震を体験した »

コメント

非常に大きな地震が東北地方を襲いました。
被害の状況が明らかになるたびに、心が痛みます。
自分が何ができるのか。考えているところです。

ケントさん、ご親族に被害はなかったでしょうか。
心配しております。

投稿: | 2011年3月13日 (日) 08時46分

亮さんへ

 コメントありがとう。ご心配ありがとうございました。私の方はブログに書いた通りでしたが、亮さんはどうでしたか。
 被災地の方々は本当に気の毒です。心ばかりの義援金を送ろうと考えています。

投稿: ケント | 2011年3月13日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/39177193

この記事へのトラックバック一覧です: パンドラの火花:

« シリアスマン | トップページ | 映画館で大地震を体験した »