« シティー・オブ・ゴッド | トップページ | 英国王のスピーチ »

2011年3月29日 (火)

ミスティック・リバー

★★★★

 クリント・イーストウッド監督のサスペンス映画ですが、単なる謎解きミステリーではありませんでした。
 いたずらをして遊んでいた3人の少年達・・・うち1人が拉致され心に大きな傷を受けてしまいます。そして彼は大人になり、その不幸な出来事がトラウマになって、ある晩に『事件』を引き起こしてしまうのです。

ミスティック・リバー [DVD] DVD ミスティック・リバー [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 同時間に起きた19才の少女殺害事件を追う刑事は、少年時代の友人の1人であり、殺された少女の父親が、なんと偶然にもあと1人の友人なのでありました。スタンド・バイ・ミーを思わせる作風ですが、この作品ではほとんどの時間が、大人になってからの3人の葛藤を描いています。
 キャストは殺された少女の父親ジミー役に、ショーン・ペン。少年時代に拉致され、陵辱された過去を持つデイブ役にティム・ロビンス。妻に家出されて、なげやりな人生を送っている刑事ショーン役に、ケビン・べーコンと、まさにそれぞれがはまり役であり、絶妙の演技力を発揮していました。
 キャストの演技力といい、重厚なテーマといい、さすがに2003年のアカデミー賞にノミネートされ、最有力候補と騒がれただけの力を持った作品であると思いました。
 しかし映画を観終わったあとの、この後味の悪さは一体どうにかならなかったのでしょうか。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

|

« シティー・オブ・ゴッド | トップページ | 英国王のスピーチ »

コメント

ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコン、マーシャ・ゲイハーデン、錚々たる名優が揃ってますよね、オスカー獲った2人以外も。
後味は流石に…。
やっぱりこういっちゃなんですが、作品賞ノミネートも5作品の方が内容が濃い気がします。

投稿: KLY | 2011年3月29日 (火) 22時19分

KLYさんコメントありがとう
やはり後味悪かったですか。
それにしても、そうそうたるメンバーでしたよね。

投稿: ケント | 2011年4月 2日 (土) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/39410598

この記事へのトラックバック一覧です: ミスティック・リバー:

» ミスティック・リバー [LOVE Cinemas 調布]
2004年に公開作品。監督は翌年『ミリオンダラー・ベイビー』で2度目のオスカー監督賞を獲得することになるクリント・イーストウッドだ。本作でも主演のショーン・ペンが主演男優賞を、共演のディム・ロビンスが助演男優賞を獲得。ほかにもマーシャ・ゲイ・ハーデンが助演女優賞にノミネートするなど、6部門にノミネートされた。ケヴィン・ベーコンやローレンス・フィッシュバーンといった演技派にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2011年3月29日 (火) 21時41分

« シティー・オブ・ゴッド | トップページ | 英国王のスピーチ »