« あの頃ペニー・レインと | トップページ | 白夜行 »

2011年2月 1日 (火)

ヤコブへの手紙

★★★★

 登場人物は盲目の牧師ヤコブと、終身刑を恩赦され、ヤコブの家で働くことになったレイラと、たまに来る郵便配達の三人だけ。そしてほとんど会話もなく、舞台はヤコブの家と教会だけというかなり地味なフィンランド映画なのである。

Jaakob
 そのうえ上映時間は僅か70分という短さだ。フィンランドアカデミー受賞作とのこと。確かに心を打つ感動作品ではあるが、果して興行的に耐えられるかどうかは難しいところである。

 田舎での淡々とした不便で退屈な生活。善良なヤコブ牧師の生き甲斐は、毎日届けられる悩み事の手紙と、その返事を書くことだった。実はそれによって、彼は己の存在価値を確認していたのである。
 ところがある日突然、ヤコブ宛の手紙が来なくなり、彼は生き甲斐をなくし、病に伏せってしまうのだった。手紙が来ないということは、悩み事のある人がいなくなったということだ。ある意味良いことなのだが、ヤコブにとっては苦痛以外の何者でもない。そこに大きな矛盾が生じている事にヤコブは気付き、さらに深く心を痛めることになるのである。

 牧師という職業は、他人のためにあるのか、それとも偽善による自已満足のためにあるのか…。実に大きなテーマであるが、真実は藪の中だろう。それは他人がとやかく言うことではなく、自分自身が決める事なのだから…。
 感動的なのは、最後にレイラが読む二通の手紙である。一つは自分の身の上を語った架空の手紙であり、今ひとつはレイラが唯一愛していた人物からの手紙だ。このシーンでは、誰もが胸に熱いものがこみあげてくるはずである。
 そして醜悪で意地の悪い顔付をしていたレイラが、だんだん優しく明るい顔に変化してゆくのを決して見逃してはなるまい。ラストはあっけなく終るが、レイラの希望に満ちた顔が実に印象的であった。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« あの頃ペニー・レインと | トップページ | 白夜行 »

コメント

最後の手紙は感動しましたね~。
もちろん牧師だって嘘だって解ってて、それでもなお黙って聞いてあげる。
ヤコブは手紙への返事は自分のためだったのかもって嘆いたけれど、最後は紛れもなくレイラのためだったと思いました。

投稿: KLY | 2011年2月 1日 (火) 23時28分

KLYさんこんにちは
この映画の見所は、最後の手紙とレイラの心の変化でしょうね。というよりそれ以外には何もないのですが・・・

投稿: ケント | 2011年2月 3日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38697527

この記事へのトラックバック一覧です: ヤコブへの手紙:

» 映画 『ヤコブへの手紙』 [Death Live]
『ヤコブへの手紙』 すごくフィンランド映画らしいフィンランド映画だった。配役もとても良く、ちょっと暗いが、暗すぎない、そんな映画だった。フィンランド語は耳に心地よいなぁ。 [続きを読む]

受信: 2011年2月 1日 (火) 20時14分

» ヤコブへの手紙 (試写会) [風に吹かれて]
手紙に支えられて 公式サイト http://www.alcine-terran.com/tegami1月15日公開第82回米アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表作上映時間75分終身刑のレイラは、1 [続きを読む]

受信: 2011年2月 1日 (火) 22時15分

» ヤコブへの手紙 [LOVE Cinemas 調布]
フィンランドの片田舎にある教会に一人で住む盲目の老牧師と、恩赦で刑務所を出所した元囚人の女性の交流を描いたヒューマンドラマだ。主演はカーリナ・ハザードとヘイッキ・ノウシアイネン。監督はフィンランドの俊英クラウス・ハロ。ヤコブ牧師の行動が、固く閉ざされた女性の心を溶かしていく繊細なタッチに注目。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 1日 (火) 22時19分

» 『ヤコブへの手紙』 世の中から必要とされていないのは誰だ? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  場内は号泣であった。  たった1時間15分の映画の中に、人を、人生を深く考えさせるものが詰まっていた。  『ヤコブへの手紙』の内容は驚くほどシンプルだ。  主要な役者は三...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 00時04分

» 『ヤコブへの手紙』 [・*・ etoile ・*・]
'11.1.19 『ヤコブへの手紙』@テアトルシネマ これ見たかった! 仕事中、今日は水曜だからレディースデーじゃないかと思いつき、急遽行くことに決定! *ネタバレありです 「終身刑となり12年服役していたレイラは、恩赦により釈放となった。早速、ヤコブ牧師の家に住みで働くという仕事を紹介される。毎日届く手紙を盲目の彼の変わりに読んで欲しいというもので、行くあてのないレイラは渋々引き受けるが…」という話。これは良かった。1時間15分と短いけれど、生きること、生かされることがしっかりと描かれてい... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 02時16分

» *ヤコブへの手紙* [Cartouche]
Postia pappi Jaakobille trailer 1970年代のフィンランドの片田舎で、レイラ(カリーナ・ハザード)は模範囚として恩赦を受け、12年間暮らした刑務所から釈放される。身寄りのない彼女は、不本意ながら、ある牧師の家に住み込みで働くことに。盲目の牧師ヤコブ(ヘイッキ・ノウシアイネン)はレイラに、毎日届く手紙を読み、返事を書くことを頼む。自転車に乗った郵便配達人(ユッカ・ケイノネン)が届ける手紙には、些細なことから誰にも打ち明けられないことま..... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 09時46分

» ヤコブへの手紙 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヤコブへの手紙』を銀座テアトルシネマで見てきました。 (1)この映画は、さあこれからさらにどんな展開がというところで幕となります。ただ、そういう思いにさせられるのは、映画のそこまでの展開からのことではなく、単にその短さのためです。終わってみれば、確か...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 05時57分

» 映画『ヤコブへの手紙』 [健康への長い道]
 先日、観たい邦画が今ほとんどないと書きましたが(興味があるのは『冷たい熱帯魚』ぐらい)、今日もまたミニシアター系洋画を、テアトル梅田で。『ヤコブへの手紙』、75分のフィランド映画です。  鑑賞の前後には、劇場近くの「チャスカ茶屋町」(マンション&ホテル…... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 19時58分

» 『ヤコブへの手紙』:打ち棄てられたふたり、そして希望 @ロードショウ・ミニシアター [りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど]
フィンランドの田舎を舞台にした75分の秀作です。 タイトルのヤコブは盲目の老神父の名前。 そのヤコブの許へ、終身刑で収監されていた女性レイラが恩赦により釈放され、ヤコブに送られてくる何通もの手紙を代読し、返事を書くという役目でやって来ます。 しかし、ある日、ヤコブへの手紙へ送られてくる手紙は一通もなくなり、レイラは自らの過去を語ることになります・・・... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 00時41分

» 映画「ヤコブへの手紙」 [Andre's Review]
postia pappi Jaakobille フィンランド 2009 2011年1月公開 劇場鑑賞   昨年フィンランド映画祭で上映されているときに面白そうだなぁと思っていた作品が無事公開になりました。本国フィンランドでは大ヒットとなり数多くの賞を受賞したとのことです。 舞台は1970年代のフィンランドの田舎町。 恩赦を得て刑務所から出てきたレイラは、行くあてもなく、すすめられるままに盲目の牧師ヤコブのもとで嫌々ながら住み込みで働き始める。彼女の仕事は毎日ヤコブのもとに相談の届く手紙を読んで聞... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 00時42分

» mini review 12550「ヤコブへの手紙」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
1970年代のフィンランドの片田舎を舞台に、人を寄せ付けない元囚人と悩める人々を癒やす盲目の牧師との繊細な交流を描き、各国の映画祭で称賛された感動的な人間ドラマ。刑務所を出所したヒロインが牧師のために手紙を音読する日々と、二人の心に宿る絶望と希望とを淡々と...... [続きを読む]

受信: 2012年1月 7日 (土) 19時42分

« あの頃ペニー・レインと | トップページ | 白夜行 »