« 帰還 | トップページ | あの頃ペニー・レインと »

2011年1月26日 (水)

僕と妻の1778の物語

★★★★

 ガンで余命1年の宣告を受けた妻と愛妻家の夫とのラブストーリーである。この類の物話は、捨てるほど手垢のついたお話なので、簡単に先読み出来てしまう。ただ僕の好きなSF作家の眉村卓氏の実話だということで映画館に足を運んだわけである。

Bokuto
 彼は妻の悦子さんを元気づけようと、毎日楽しいショートショートを1日1話書き続けた。そのせいもあってか、悦子さんは余命1年と宣告されてから、5年間も生き続けたという。

 眉村卓氏が妻の悦子さんを亡くしたのは、67才のときだが、映画では30代として描かれている。また主人公の名前は、眉村ではなく牧村になり、奥さんの名も節子に変わり、それぞれ草薙剛、竹内結子が、まさにハマリ役の好演をしていた。
 それにしても、いくらプロの作家といえども、5年間にわたって毎日一話を書くのはしんどかったろう。もしかすると、ガンで苦しんでいる妻の痛みを、少しでも分かち合おうとしたのであろうか。実に心温まる夫婦愛だ。
 普通なら、妻が死ぬシーンで泣けてくるのであるが、本作では生きているときの夫婦愛のほうに涙してしまった。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 帰還 | トップページ | あの頃ペニー・レインと »

コメント

いくらプロの作家でもきついでしょうねぇ。しかし書き続けることしか彼には出来なかったし、そうすることで逆に自分自身を保っていた部分もあったんだと思いました。
単なる難病ものなら奥さんが死んでそれで終わりですが、そうではないところが、この2人の夫婦愛を良くあらわしていたンだと思います^^

投稿: KLY | 2011年1月26日 (水) 22時36分

KLYさんこんにちは
そうでしょ、1778話を毎日書くのは辛いですよね。それにその頃の眉村さんは、かなりお年だしね。
仰る通り単なる難病ものなら私も観なかったとおもいます。

投稿: ケント | 2011年1月29日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38620583

この記事へのトラックバック一覧です: 僕と妻の1778の物語:

» 僕と妻の1778の物語 [LOVE Cinemas 調布]
フジテレビ系ドラマの「僕の生きる道」シリーズを手がけたスタッフが、SF作家の眉村卓の原作をベースに映画化。がんに侵された妻と、その妻のために毎日一編の小説を書き続けるSF作家の夫婦愛を描いた感動のヒューマンドラマだ。主演は『黄泉がえり』で共演した草彅剛と竹内結子。監督は『笑の大学』の星護。小説が映像になるファンタジックな演出にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 22時20分

» 僕と妻の1778の物語 [to Heart]
製作年度 2010年 上映時間 139分 原作 眉村卓 脚本 半澤律子 音楽 本間勇輔 監督 星護 出演 草なぎ剛/竹内結子/谷原章介/ 吉瀬美智子/陰山泰/小日向文世/浅野和之/大杉漣 TVドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を手掛けたスタッフ...... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 02時24分

» 「僕と妻の1778の物語」みた。 [たいむのひとりごと]
なんかかんか言いわけしようが涙腺はすこぶる弱いので、ひとしきり泣かされてきた。病気・子供・動物ものの映画(邦画は特に)は意図的に外しているのだけど、この映画は「1778の物語」にあたる“ショートショー... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 18時49分

» 『僕と妻の1778の物語』(2011)/日本 [NiceOne!!]
監督:星護出演:草なぎ剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、大杉漣ワーナーマイカル全国一斉試写会にて鑑賞公式サイトはこちら。SF作家である、眉村卓氏の実話をもとにし... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 20時37分

» 【映画】僕と妻の1778の物語 [新!やさぐれ日記]
▼動機 僕シリーズ最新作 ▼感想 竹内結子が物足りない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ このへん ▼あらすじ SF作家の朔太郎(草彅剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に入院し、彼女の体が大腸ガンに冒されていることが判明。医師(大杉漣)に余命1年と宣告された朔太郎は最愛の妻にだけ向けて、毎日原稿用紙3枚以上の短編小説を書くことにする。 ▼コメント 「生きる道シリーズ」の新作という事で鑑賞。 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 22時07分

» 僕と妻の1778の物語 [象のロケット]
SF作家の朔太郎は、結婚16年になる銀行員の妻・節子が大腸癌で余命あと1年であることを知らされる。 退院後の妻を手伝おうと家事に挑戦するが、料理も洗濯もまるでダメで何の役にも立たない。 僕に何ができるだろう? 「笑うことで免疫力が上がることがある」と医師から聞いた朔太郎は、毎日1篇、短編を書き、節子を笑わせようとするのだが…。 夫婦の愛の物語。... [続きを読む]

受信: 2011年1月27日 (木) 23時57分

» 僕と妻の1778の物語 [だらだら無気力ブログ]
草なぎ剛主演のフジテレビ系TVドラマ『僕の生きる道』シリーズのスタッフ がSF作家眉村卓とガンで亡くなった夫人との間の実話を基に草なぎ剛を 主演に迎えて映画化したヒューマンストーリー。 ガンに冒されて余命1年と宣告された妻のために毎日1篇の小説を書き続け …... [続きを読む]

受信: 2011年1月28日 (金) 00時01分

» 「僕と妻の1778の物語」の最終回が感動的 [再出発日記]
癌で死ぬ人の映画は多いと思う。毎年、少なくともそれを中心としたお話だけで三つ以上はできているはずだ。国民の三分の一が癌で死ぬのだから、しかもそれぞれドラマがあるのだから... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 01時15分

» 映画:僕と妻の1778の物語 [よしなしごと]
 最近泣いてない。悲しい映画を観たりして泣くとすっきりしません?泣く場合に限らず、感動したり、お年寄りに席を譲るなど温かい場面を目撃したりして心がすっきりすることを「カタルシス効果」と呼ぶそうで、心理療法としても使われているそうです。また、感動した時に流れる涙にはストレスにさらされた時に放出されるホルモンが含まれていることから、ストレス解消にもなると言われているそうです。  そんなわけで泣けることを期待して僕と妻の1778の物語を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 2日 (水) 07時55分

» 『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 僕と妻の1778の物語 』 (2010) 監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家である眉村卓と、余...... [続きを読む]

受信: 2011年2月15日 (火) 02時08分

» 『僕と妻の1778の物語』 [cinema-days 映画な日々]
僕と妻の1778の物語 余命1年と宣告された妻の為に 毎日1編ずつ小説を書く夫の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 実話を元にした作品 [続きを読む]

受信: 2011年12月17日 (土) 18時53分

« 帰還 | トップページ | あの頃ペニー・レインと »