« 2010年ケントが観たシネマベストテン | トップページ | アブラクサスの祭 »

2011年1月 5日 (水)

失われた七日間

★★★★

 韓国のTVドラマで、主演は韓国のキムタクことユン・サンヒョンである。タイトルのイメージから、記憶喪失を題材にしたドラマのように感じるが、一週間が逆に過ぎてゆくというミステリアス・ファンタジーなのだ。

 ドラマ/失われた七日間 ドラマ/失われた七日間
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する
 毎日が繰り返すという設定の作品は幾つかあるが、毎日が逆に進んでゆくというのは初めてである。あらゆる種類のドラマで氾濫している韓国ならではの、苦肉のアイデア作品なのであろう。それにしても上手に明日から今日へ、今日から昨日に繋がるストーリー展開が、良く出来ているので感心してしまったな。こうした作品は、いつの間にか韓国のお家芸になってしまったようである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 2010年ケントが観たシネマベストテン | トップページ | アブラクサスの祭 »

コメント

明日から今日へ、今日から昨日へのシステムは巧く出来ていたが、何故毎日が逆に進むのか、『○○を助けろ』のメッセージは本人達の意思による物なのか否か等、謎が明かされずに終っていたのが残念。

投稿: 7643 | 2011年1月26日 (水) 23時09分

7643さんコメントありがとう
確かに謎が明かされなかったのは残念ですね。ただそれはそれでミステリアスでいいのかもしれません。そうしないと何となくチンケな作品になってしまいそうなので・・・

投稿: ケント | 2011年1月29日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38351892

この記事へのトラックバック一覧です: 失われた七日間:

» 『失われた七日間(韓流ロマンスドラマ名作選)』 [浮浪雲のように]
12月2日(土)、会社の飲み会で飲みすぎたソンミンは、二次会へ向かう皆を残し、同僚のソ・ユナに支えられて帰る途中、意識をなくしてしまう。同僚からの電話で目覚めたソンミンは、同僚の言葉から3日(日)のはずが出勤しなきゃならない9日(土)であることに気がつく。しかし、2日の夜以降の記憶はない。慌てて会社に行くと、なぜだか職場の空気は重く、いきなり部長から今週2度目の遅刻だと叱られてしまう。相談した友人に言われ病院に行くが、なぜか医者から初対面でなく以前も会ってるかのように接っせられる。さら..... [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 22時20分

« 2010年ケントが観たシネマベストテン | トップページ | アブラクサスの祭 »