« 失われた七日間 | トップページ | アンストッパブル »

2011年1月 7日 (金)

アブラクサスの祭

★★★☆

 躁うつ病に悩む若い僧侶・浄念が、周囲の人々に支えられながら、音楽によって自己を取り戻してゆく姿を描いている。おおらかな説法が出来ず、愛らしく悩ましい真面目な僧侶と音楽の取り合わせをテーマにした映画は珍しいよね。

Aburakusasu
 そもそも坊さんは、高所から偉そうに説教をたれるもの。だが坊さんも人間である。セックスもすれば歌も唄う。うつ病にとりつかれて何が悪い。だからと言って、この作品では、うつ病自体には言及していない。とにかく周囲の人々の優しさと寛容さが一番の薬ということなのである。
 主役の浄念役には、ミュージシャンのスネオヘアーが扮しているが、映画初主演とは思えないほどピッタリと役柄にはまり込んでいた。また妻役のともさかりえは『ちょんまげぷりん』同様、ちょっぴり気は強いが理解のあるお母さん役が良く似合う。
 また住職役の小林薫は、おおらかな中にピリリとした独待の風味を醸し出しているし、年齢はかなり違うが、その妻役の本上まなみがとても優しくて美しかったな。坊さんたちは皆美女にもてるのだろうか。
 それから、波打ち際でのエレキギター演奏は圧巻である。あれはかなり危険な気配があったね。まさに命がけの演技といえよう。
 ただラストのやかましいハードロックには辟易した。心臓の弱い私は、胸が苦しくなり吐き気を催してしまったもの。それに映画でなければ、あんな騒音にはご近所から必ず文句が出るはずである。せめてラストの曲は、エンディングクレジットで流れたようなおとなしい曲にして欲しかったな。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 失われた七日間 | トップページ | アンストッパブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38378684

この記事へのトラックバック一覧です: アブラクサスの祭:

» アブラクサスの祭 [LOVE Cinemas 調布]
現役の住職で芥川賞作家・玄侑宗久の同名小説を映画化。うつに苦しむ僧侶が、かつて熱中していたロックに自分を解放する道をみつけ、自らを再生させてゆく様子と、それを見守る周囲の暖かい視線を描いた人間ドラマだ。主演はミュージシャンで『のんちゃんのり弁』などの映画主題歌も手がけるスネオヘアー。共演にともさかりえ、小林薫。監督はデビュー作となる加藤直輝。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 8日 (土) 01時04分

« 失われた七日間 | トップページ | アンストッパブル »