« 未来医師 | トップページ | キック・アス »

2010年12月28日 (火)

最後の忠臣蔵

★★★★☆

 年配の人なら誰でも知っている忠臣蔵だが、それは主君の仇討ちのため、吉良邸に討ち入りするまでのお話であった。ところが本作は、生き残った二人の赤穂浪士の討ち入り後の話なのである。
 一人は討ち入りを後世に伝え、残された遺族に支援金を与える役割を担った寺坂吉右衛門(佐藤浩市)。いま一人は、大石内蔵助の愛人可留と彼女が身ごもった可音を助ける密命を受けた瀬尾孫左衛門(役所広司)である。

Saigo
 二人は共に総帥・大石内蔵助の指令によって、他の46人とは別行動をとったわけであるが、吉右衛門が表舞台で活躍したとすれば、孫左衛門のほうは地味な裏方の任務だった。共に大変な任務ではあるが、実は二人に与えられた役割は、天と地ほどの差があったような気がする。
 吉右衛門は討ち入りにも参加し、その任務にも大義名文があり、出会う人々にも感謝されるばかりだ。ところが孫左衛門のほうは、内蔵助の私的な任務につき、隠密裏に事を運ぶ必要があった。それでやむなく討ち入り前日に逃亡した形をとることになる。また尋ねあてた愛人可留もすぐに病死し、残された赤子が成人になる迄、りっぱに育てあげなくてはならないのだ。
 それで本作では、その瀬尾孫左衛門が本懐(討ち入り)を遂げられず、逃亡した形をとってからの、16年後の生き様を追求してゆくのである。もちろん大石内蔵助も吉良邸討ち入りも、サラリとしか描かれていない。それでいて、悲しくて切ない武士道に生きる男の悲哀が見事に描かれているのだ。
 また配給がワーナーということもあってか、大覚寺の竹林、人形浄瑠璃などの描写は、純邦画の時代劇よりも、さらに日本的美意識に拘っているように感じた。そして武士道についての究極な世界観にも揺るぎがない。余りにも完璧過ぎるというか、全く無駄や遊びがない。そして主役・役所広司さんの迫真の演技や、可音役の新人女優・桜庭ななみちゃんの清楚な美しさもよかった。
 心情的には最後に、ゆう(安田成美)と幸せに収まって欲しかったのだが、それでは単なる「子育て忠臣蔵」で終わってしまう。後味は悪いのだが、ラストをああして武士道を強調することで『最後の忠臣蔵』となり得たのだろう。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 未来医師 | トップページ | キック・アス »

コメント

こんばんは!
遅ればせながら観ました。
役者の演技が素晴らしく予想以上に感動できましたが・・・
>ラストをああして武士道を強調することで『最後の忠臣蔵』となり得たのだろう。
女性の私としては主人公にロマンスも味わってほしかったけど
やっぱりそれじゃ「忠臣蔵」じゃなくなるのかなぁ・・・。

投稿: なな | 2011年1月20日 (木) 23時10分

ななさんこんばんは

感動できて良かったですね。
最後の切腹は僕もちょっと納得出来ませんでした。僕なら、ゆう(安田成美)と幸せになる道を間違いなく選びますね。
まあ、それじゃ軽い映画になっちゃうので仕方ないですな・・・

投稿: ケント | 2011年1月21日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38243753

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵:

» 最後の忠臣蔵 [LOVE Cinemas 調布]
有名な赤穂四十七士の生き残りと、討ち入り前夜に逐電して生き残った2人の侍がいた。討ち入りから十六年、二人の忠臣蔵はいまだ続いていたのだった…。『四十七人の刺客』の池宮彰一郎の同名小説を映画化。監督は『北の国から』の杉田成道。生き残った2人の武士を役所広司と佐藤浩市が演じる。共演に安田成美、山本耕史、伊武雅刀、桜庭ななみといった若手からベテランが揃った。 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 16時07分

» 「最後の忠臣蔵」みた。 [たいむのひとりごと]
年末といえば大型時代劇!って言いたいところだけれど、最近はTVでも力の入った骨太の時代劇が少なくなっている気がする。そういう意味ではまさに年の瀬を飾るにふさわしい良き時代劇だった。賛美として語られる「... [続きを読む]

受信: 2010年12月28日 (火) 19時43分

» 「最後の忠臣蔵」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「最後の忠臣蔵」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、田中邦衛、伊武雅刀、笈田ヨシ、安田成美、片岡仁左衛門、他 *監督:杉田成道 *原作:池宮彰一郎 感想・評価・批評 等、レビュ…... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 02時55分

» 最後の忠臣蔵 [心のままに映画の風景]
赤穂浪士の討ち入りから16年。 大石内蔵助(片岡仁左衛門)から、生き証人として討ち入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよとの使命を受けていた寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は、全国を渡り歩き...... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 16時24分

» 最後の忠臣蔵 [だらだら無気力ブログ]
『四十七人の刺客』の池宮彰一郎が忠臣蔵の後日譚を描いた同名時代小説を 映画化。 赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件の前後にそれぞれ姿を消した二人の男の 使命を全うするべく私心を捨て忠義に殉ずる姿を描く。 討ち入り前夜に逐電した瀬尾孫左衛門を役所広司が、討ち…... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 00時45分

» 最後の忠臣蔵 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
日本人の心に今も残る赤穂浪士の討ち入り事件の後日談という着眼点がすばらしい。討ち入り前夜に大石内蔵助から密命を帯びて逐電した瀬尾孫左衛門(役所広司)と、討ち入りとしても切腹を免れた寺坂吉右衛門(佐藤浩市)の物語がいい。脚本がすばらしいので、是非映画館で見... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 07時57分

» 最後の忠臣蔵 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
『四十七人の刺客』などで知られる池宮彰一郎の同名小説を、テレビドラマ「北の国から」シリーズの演出を手掛けた杉田成道が映画化。物語:赤穂四十七士の最後の生き残り・寺坂吉 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 16時28分

» 最後の忠臣蔵 [to Heart]
           [続きを読む]

受信: 2010年12月30日 (木) 22時30分

» 最後の忠臣蔵 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
最後の忠臣蔵'10:日本◆監督:杉田成道「北の国から」(TVシリーズ)「ラストソング」「優駿 ORACION」◆主演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、安田成美 ... [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 11時40分

» 最後の忠臣蔵 [象のロケット]
江戸時代。 世間を騒がせた赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件(1703年12月14日)から16年。 四十七士の唯一の生き残りである寺坂吉右衛門は、諸国に散った遺族を訪ね歩く旅をようやく終えて京へ向かう途中、討ち入り前日に逃亡した親友・瀬尾孫左衛門を見かけて驚く。 孫左衛門は竹林の奥の隠れ家で、可音(かね)という美しい少女に仕え、ひっそりと暮らしていた…。 時代劇。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 17時16分

» 映画「最後の忠臣蔵」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「最後の忠臣蔵」観に行ってきました。 「忠臣蔵」として有名な元禄赤穂事件で生き残った赤穂浪士達の後日譚を描いた、佐藤浩市および役所広司主演の時代劇作品。 物語は、元禄赤穂事件で赤穂浪士四十七士が悲願を達成し泉岳寺に到着した後、大石内蔵助が寺坂吉右衛門(てらさかきちえもん)を呼び出し、事件の真実を... [続きを読む]

受信: 2011年1月 8日 (土) 12時44分

» 「最後の忠臣蔵」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本/配給:ワーナー・ブラザース監督:杉田成道原作:池宮彰一郎脚本:田中陽造 池宮彰一郎の連作小説集「四十七人目の浪士」に所収の「最後の忠臣蔵」を、TVシリーズ「北の国から」で知られる杉田... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 14時24分

» 最後の忠臣蔵 [映画的・絵画的・音楽的]
 『最後の忠臣蔵』を有楽町の丸の内ピカデリーで見てきました(ネタバレあり)。 (1)この映画はどうしても『十三人の刺客』と比べたくなってし... [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 18時13分

» 最後の忠臣蔵 (上) [WEBLOG:e97h0017]
近年、主に藤沢周平の小説を原作とした正統派時代劇が積極的に映画化されていますが、それらにほぼ共通するのは封建制が成熟しきった江戸時代における「武士の生き様」を描いている点で、本作のテーマは、たとえば『必死剣 鳥刺し』のそれとほとんど差異はないでしょう。ただ、ストーリー的にも演出的に... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 18時21分

» 最後の忠臣蔵 (下) [WEBLOG:e97h0017]
本作のテーマ表現のもうひとつの核となる武士の生き様についての描写もまた「美しさ」を伴って表現されていたということになると思います。『必死剣 鳥刺し』における「武士の生き様」は、そのレビューでも書いたとおり、ラストシーンの壮絶な殺陣に代表される剣によって表現されており、さらに主人公の死を... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 18時22分

» 最後の忠臣蔵 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
今年初めての劇場鑑賞作品がこれ。硬派の作品かと思っていたら,途中には切ないロマンチックな味わいもあり,しかし最後はやはり重厚にまとめていて,なかなかに見ごたえのある作品だった。これを昨年度のランキングに入れてらっしゃる男性ブロガーさんが多かったのも頷ける。 [E:danger]ネタばれ記事ですので ... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 23時11分

» 『最後の忠臣蔵』の販売戦略 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  12月14日は元禄赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)の討ち入りの日として知られるが、1985年の12月14日は映画『サンタクロース』が封切られた日だ。  サンタクロースが登場する映画は少なくな...... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 08時22分

» 最後の忠臣蔵 [いやいやえん]
いつだったかNHKでやっていたドラマ版のほうが、わかりやすく出来がいいとは思う。でも、この作品も対極をなす作品としての出来栄えは、なかなか。 役所広司さん、佐藤浩市さんがそれぞれ、赤穂浪士の中で生き残った瀬尾孫左衛門と寺坂吉右衛門を演じています。どちらも討ち入り後の使命を与えられたが、互いに知ることはなく生き残った。それから16年がたち、再会する。通常の「忠臣蔵」とは別視点で紐解く赤穂浪士、一体あの日なにがあったのか…。 使命、忠義、慈愛、愛。苛烈なまでの武士の忠義として、はっきりと明確... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 10時12分

« 未来医師 | トップページ | キック・アス »