« 宮島、萩、津和野、尾道の旅 | トップページ | タイム・オブ・ザ・ウルフ »

2010年12月18日 (土)

キス&キル

★★★☆

 普通のキャリアウーマンが、旅先でイケメン男と運命的な出会いをして恋に落ちる。そしてそのままスピード結婚。それから3年間は幸せな生活を送っていたのだが、夫の誕生パーティーの翌日にショッキングな事実が判明する。

Kisskill
 ビジネスマンと思っていた夫は、元CIAの暗殺者であり、現在は昔の仲間に命を狙われているのであった。といった展開であり『ナイト&デイ』と似たような流れである。それでわざわざ邦題を似たようなタイトルに変更したのだろうか。
 主演はアシュトン・カッチャーとキャサリン・ハイグルで、二人とも『ナイト&デイ』のトム・クルーズとキャメロン・ディアスより、フレッシュでボディーもはち切れんばかり。なかなかお洒落でスピード感溢れる展開には好感が持てる。
 ただ後半になって、次から次へとしつこく出現する敵には食傷気味だ。それも親友や同僚、果ては近所のおじさん・おばさんまでが刺客となると、ラブコメとしては少々やり過ぎの感がある。これじゃまるで『カンフーハッスル』じゃないの・・・。
 どちらかと言えば女性を中心に描いているし、イケメンと美女を堪能しながら、お気楽デート映画として軽いノリで楽しめるかもしれない。ただ僕的には、もう少しまっとうな敵を配備して、ピリリとしたアクション風味を味わいたかったな。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 宮島、萩、津和野、尾道の旅 | トップページ | タイム・オブ・ザ・ウルフ »

コメント

多分ハチャメチャなところが『ナイト&デイ』と違うのかもですね。
両俳優とも好きなので普通に楽しめたんですが、アシュトンがもっと圧倒的に強くてもいいのになぁって。アレだけ若くて凄いからだしてたらって思っちゃいました。

投稿: KLY | 2010年12月19日 (日) 00時16分

KLYさんこんにちは
確かに、おじさん刺客やお姉さん刺客にかなりてこずっていましたよね。ザコキャラなのだから、秒殺して欲しかったですよね、

投稿: ケント | 2010年12月19日 (日) 11時14分

ケントさん、こんばんは~お久ぶりです。

身近の誰が敵か分からない緊張感はあるけど、その分、プロっぽくなくて、アサシンにしては小粒揃いでしたね(苦笑)


投稿: オリーブリー | 2010年12月19日 (日) 18時49分

オリーブリーさん、オヒサです。
お元気そうで何よりです。
おじさんおばさんのアサシンではいまいち乗り切れないですよね。
ラブコメと言ってしまえばそれまでですけれど・・・

投稿: ケント | 2010年12月20日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38124501

この記事へのトラックバック一覧です: キス&キル:

» 【キス&キル】 [日々のつぶやき]
監督:ロバート・ルケティック 出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル   恋は撃たれるほど強くなる。 「失恋直後のジェンは両親とニースにバカンスにでかけた。そこで出会ったのはハンサムで優しい理想の男性スペンサー。二人は恋に落ち結婚するが... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 12時45分

» 映画:キス&キル Killers  似て非なる(vs ナイトデイ)、とはこういうことか! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
アシュトン・カッチャーとキャサリン・ハイグルが共演のスパイ・アクション・コメディ。 最近、トム・クルーズとキャメロン・ディアスの「ナイトデイ Knight and Day」が同様の展開でそうとうに笑わせてくれたので(2010-09-25 ナイトデイ Knight and Day 主演...... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 13時17分

» 【映画】キス&キル [★紅茶屋ロンド★]
<キス&キル を観て来ました> 原題:Kllers 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 日テレさんの試写会に当選して、一足早く鑑賞してきました。 予告やリーフレットを見て、ずっと観たかった映画♪「Mr.スミス&Mrs.スミス」再来か?!とまで言われている作品ですが、さてさて…? 主演は、アシュトン・カッチャーとキャサリン・ハイグル。 凄腕の殺し屋スペンサー(アシュトン)は、殺し屋という仕事に疑問を抱き始めていた。 ある日、南仏ニースで仕事中に、アメリカから家族旅行... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 17時37分

» 「キス&キル」 渡る世間は敵ばかり [はらやんの映画徒然草]
この手のロマンチック・アクション映画は好きなジャンルだったりします。 最近だと「 [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 18時09分

» 『キス&キル』(2010)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:KILLERS/KISS&KILL監督:ロバート・ルケティック出演:アシュトン・カッチャー、キャサリン・ハイグル、トム・セレック、キャサリン・オハラ、キャサリン・ウィニック、ケヴィン・... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 18時10分

» キス&キル [だらだら無気力ブログ]
旅行先で運命的な出会いをした男性と幸せな結婚生活を送っていると、 ある日突然、夫が殺し屋から命を狙われてしまい、そこから正体がバレた 夫とその騒動に巻きこまれた妻の逃避行の様をユーモラスに描いたアクション ラブコメディ。 主演は『ベガスの恋に勝つルール』…... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 18時34分

» キス&キル [LOVE Cinemas 調布]
平凡な女と、凄腕スパイの男が運命的な出会いして結婚。しかし突然夫に2000万ドルの賞金がかけられて命を狙われるはめに。妻や家族を巻き込んだ大騒動をコミカルに描き出したアクション・ラブコメディーだ。主演は『ベガスの恋に勝つルール』のアシュトン・カッチャーと、『男と女の不都合な真実』のキャサリン・ハイグル。監督は『ラスベガスをぶっつぶせ』のロバート・ルケティック。... [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 23時24分

» キス&キル /Killers [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 01時05分

» キス&キル(2010)★☆KILLERS [銅版画制作の日々]
恋は撃たれるほど強くなる。  東宝シネマズ二条にて鑑賞。実はこの2人、今年32歳の同い年だそうで... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 10時53分

» キス&キル [そーれりぽーと]
超ブレイクしそうでなかなかしない、でも着実にそれなりの映画に出続けているコメディー俳優アシュトン・カッチャーとキャサリン・ハイグルが共演したアクションコメディー『キス&キル』を観てきました。 ★★★... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 16時22分

» 映画『キス&キル』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-76.キス&キル■原題:Killers■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:101分■字幕:伊原奈津子■鑑賞日:12月4日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,800円スタ... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 09時50分

» 映画:キス&キル [よしなしごと]
 2011年最初に見た映画はもう終わりかけのキス&キルでした。  2011年になって早2週間経っていますが、まだこの1作しか見てないんです。ストレス~! [続きを読む]

受信: 2011年1月23日 (日) 12時42分

» 【映画】キス&キル…不本意ながらアシュトン・カッチャー祭り開催(1) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
海の日がらみの三連休も終わっちゃいました。今週は夜勤週です。 三連休中の出来事と言えば、家の大掃除していて足に怪我しちゃったぐらいかなぁ…っていっても擦り傷ですけど あとは、エアコンのひとつが壊れて本日2011年7月20日(水曜日)、修理の方に来てもらったので...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 14時07分

» 『キス&キル』'10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ失恋の傷を癒すバカンス中に、優しくてハンサムなスペンサーに出会ったジェン。恋に落ちた二人は、すぐに結婚するが・・・。感想デミ・ムーアとの離婚おめでとうそれを記念... [続きを読む]

受信: 2011年12月 4日 (日) 09時00分

» キス&キル [いやいやえん]
ジャンル分けの難しい作品ですね〜ラブ×アクションエンタテインメントってなんぞや。 アシュトン・カッチャー&キャサリン・ハイグルさんとあまり好きではない2人が主人公というところでレンタルしてなかったのですが、旧作50円に落ちたので借りてみました。 スパイだった彼と、お嬢様で天然気味の彼女。彼の都合で彼女も巻き込まれてドンパチへと展開。そこそこ楽しめました、やっぱり好き嫌いは良くないよね。 ただしお互い一目惚れに見えないのは難点かな。出会いのあとはラブラブしてますけどもね。しかし結婚から3... [続きを読む]

受信: 2012年2月18日 (土) 11時05分

« 宮島、萩、津和野、尾道の旅 | トップページ | タイム・オブ・ザ・ウルフ »