« タイム・オブ・ザ・ウルフ | トップページ | 未来医師 »

2010年12月20日 (月)

ベストセラー

★★★☆

 女流べストセラー作家が、盗作したと訴えられるオープニングシーンから始まる。だが彼女には盗作した覚えがない。マスコミはこぞって無意識の盗作と騒ぎ立てる。
 このことによって、彼女はかなりメランコリックになり、新作を書けなくなってしまう。それを心配した編集長の薦めで、一人娘を連れて田舎にある洋館に長期滞在することになるのだが・・・。

Best
 この洋館には幽霊が出現するという。そして娘がその幽霊に取り憑かれてしまうのだ。その時点で早くソウルに帰れば何事もなかったのだが、完成間近の原稿を前にして、この洋館から出るわけにはいかなかった。
 ソウルに帰ってから続きを書けばよいだろう。と考えたくなるのだが、娘がこの洋館の幽霊から聞いた話を書いているので、今ここを動けないのである。
 やっと小説は完成し、またまたこの作品がべストセラーになってしまう。めでたしめでたしで、娘と一緒に風呂に入って幸福感に浸る。
 ところがここまでは、この物語の序章に過ぎなかったのだ。またしてもこの小説が盗作だと騒ぎ立てられるのである。そしてそれから次々と、彼女に不幸が襲いかかってくるのだった。

 なかなかスタイリッシュな作品だが、コリアンホラーらしく、最後の最後まで、かなりしつこくねちっこいよな。またホラーというよりは、スリラーといったほうがピッタリかもしれない。そしてラストには、かなり皮肉ぽいドンデン返しも用意されている。ちょっと残念なのは、経盤の犯人達のオロオロ・ドタバタ劇と、最後まで胸につかえるような後味の悪さかな。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« タイム・オブ・ザ・ウルフ | トップページ | 未来医師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/38150850

この記事へのトラックバック一覧です: ベストセラー:

« タイム・オブ・ザ・ウルフ | トップページ | 未来医師 »