« 乱暴と待機 | トップページ | インシテミル »

2010年10月23日 (土)

おまえうまそうだな

★★★★☆

 ポプラ社から発行されている子供向けの絵本をアニメ化した作品で、恐竜時代のお話である。草食系恐竜が肉食系恐竜の卵を拾って育て、やがて大人になった肉食系恐竜が、今度は草食系恐竜の赤ちゃんを育てるという一風変わった発想が面白い。

Umaso
 怪獣たちの姿は、絵本そのものであり単純な絵柄であるが、風景は実に精細に描き込まれている。声の出演のほうも、母親草食系恐竜の原田知世をはじめ、みなとても雰囲気がぴったし合っていたね。

おまえうまそうだな (絵本の時間) Book おまえうまそうだな (絵本の時間)

著者:宮西 達也
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 子供向けの作品とはいえ、母と子の愛、父と息子の関係、そして兄弟愛といろいろな形の愛が散りばめられており、実にハートフルで大人が観ても十分に感動出来る作品に仕上がっている。事実私も、幾度となく涙が落ちてきて止まらなかった。この映画を観ればきっと誰でも心が癒されるに違いない。都会で仕事に疲れているサラリーマン諸君も、一度このオアシスのような映画を観て心の中を洗い流して欲しいものである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 乱暴と待機 | トップページ | インシテミル »

コメント

お久しぶりです・・・
最近、忙しくて・・・ お疲れ気味のサラリーマンです。

そんな自分にこの記事。
今日は、約2週間ぶりのお休みなのですが、ちょっと見ても良いかなと思える内容ですね。
涙流してこようかな。

投稿: | 2010年10月24日 (日) 10時25分

亮さんこんにちは
お疲れ気味なら、是非この映画を観て心を癒してくださいな(笑)
それにしても二週間休みなしって、厳しいですね。

投稿: ケント | 2010年10月25日 (月) 13時30分

大変申し訳ありませんが個人的にはこの映画は絵柄、内容、スタッフで色々気になった所がありました。

絵柄については「あまり子供向け作品に詳しくない人が考えた」「子供向けならこんな感じで良いかな?」感が強くて残念たと思いました。子供向けに詳しい人なら、子供向けなりに魅せるデザインにしそうです。アンパンマンとかは上手く魅せてると思います。おまうま映画のキャラデザ・総作画の人は後にマジックツリーハウスもやってますが、そちらでは良い感じです。

内容については、誰向けなのか良くわかりませんでした。子供向けメインとして見るには過激ですし、中高生~大人向けメインとして見るには子供っぽいと思いました。捕食とか戦闘とかその他の描写は規制多い最近(ここ2,3年)の子供向けとしては頑張ったかと思います。自然界の厳しさもライトとハートが生まれる前から出てたと思います(卵がライトとハートの以外全滅)。世界観や設定や戦闘等は結構厳しい感じです。しかし、それ以外がよくある子供向けって感じがしたので何だか中途半端かな?と思いました。

スタッフについては、脚本家はわかりませんが監督は過去の履歴を見ると最近はあまり子供向けらしい仕事はしておらず、「おまえうまそうだな」が初監督?みたいですね。その辺も、「あまり子供向けに詳しくないのかな?」「誰向けか中途半端」と思わされる部分かもしれません。この人はたまにTVシリーズの忍たまに演出かコンテとして来るのですが最近はあまり子供向けらしくない回を担当してます。17期で演出として来た時は普段の10分アニメの単発話とは思えないバトルシーンも目立ちました。19期で絵コンテとして来た時は、普段の10分アニメの単発話とは異質の全体的に静かな雰囲気でした。(忍たまは確かに女性ファンが目立ちますが)

投稿: | 2012年5月25日 (金) 14時50分

名前がないので、どなたか分かりませんが、丁寧なコメントをありがとうございました。
絵柄は一見雑な感じがしますが、ほぼ絵本の通りですし、僕は味があって良かったと思いますが・・・。あとは各人の好みの問題ではないでしょうか。
私は余り深く考えて観ていませんでしたが、記事に書いた通り、単にハートフルで良いアニメだと感じましたよ。

投稿: ケント | 2012年5月26日 (土) 18時36分

自分としてはこの映画の本当に面白い所はバトルとか美術とか食物連鎖に基づいた硬派な描写だと思いました(ゴンザとの絡みもそうでしょう)。そして、スーパーアクションアニメに選ばれた事もあります。
このような硬派なシーンはアニメーションならではの持ち味でもあると思います。

ただし、これらはあくまでも味付けレベルで、本当の主軸は絵柄通りの単純なハートフル親子物語なんですよね。

この映画のネックは「主軸よりも味付け部分のが面白い」所と「その味付け部分が絵柄や主軸に全く合ってない」所だと思います。

硬派な要素も、ハートフル親子物語という主軸の物語と合ってないと思いました。

投稿: だだだ | 2012年7月28日 (土) 15時09分

今更ですがおまえうまそうだなという映画の事でコメントしたいと思います。

去年のアニメージュの8月号のこの人に話を聞きたいでおまうまの藤森監督のインタビューが載んでたのを見たのでが実は、「ほのぼの~」っていうのは監督に失礼なことなのかもしれません。
2011年アニメージュ8月号はAMAZONで中古販売しています。

上層部の意向は知りませんが、監督としては「捕食する側とされる側のテーマの話だったから、やっぱりそこから逃げて作る事は出来ない」「自然描写も含めて、ちょっとリアルに世界観を作らなくてはいけない」「人の生き死についてはあまり嘘をついちゃいけないと思う」 と寧ろ客観的とも言える発言もしていました。生き死に関しては、忍たまの映画についても「そこのギリギリのところをどこかなどこかなと探りながら作ったという部分はありますよね」と言っていました。

プロデューサーからは「とにかく女の人が泣ける話を」と言われたようですが、それについても「人が死ぬか別れるかと言う小手先のテクニックで泣かせたくない」って言ってるんであって”可哀想な話”が嫌だと言ったわけではありません。実際、キャラが死ぬシーンで泣かせるより虚しさとか冷徹さを表してる漫画アニメドラマはあります。ゴンザが倒れる所も泣ける演出というより、無常さを感じられる演出だったと思います。(悪い意味ではなく)

投稿: 絶太 | 2012年10月 6日 (土) 01時59分

2011年アニメージュ8月号でのコメントの1部です。

http://iup.2ch-library.com/i/i0756968-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756969-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756970-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756971-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756972-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756973-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756974-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756975-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756976-1349457242.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i0756977-1349457242.jpg

http://iup.2ch-library.com/でアップロードしましたが、すぐ消えやすいです。消えたらメールで教えてください。またアップロードします

投稿: | 2012年10月 6日 (土) 02時22分

絶太さんへ

丁寧なコメントをありがとうございました。
2年前に観た映画なので、残念ながらほとんど覚えていません。ただハートフルで良いアニメだったということだけが頭の隅に残っています。

投稿: ケント | 2012年10月 6日 (土) 19時31分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/37354573

この記事へのトラックバック一覧です: おまえうまそうだな:

» 映画「おまえうまそうだな」 深い、親子の絆の物語。 [□□ 産後の読書案内 □□]
映画「おまえうまそうだな」を三男とふたりで観てきました。 ティラノサウルスシリーズの絵本が大好きな二男は、映画館ですかさずチラシをみつけておしえてくれたのに、映画は「行かない」。 小学3年生ともなると、自己主張しだすと揺らぎがなくなってきて…むむむ、残念... [続きを読む]

受信: 2010年10月23日 (土) 15時51分

» 『おまえうまそうだな』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「おまえうまそうだな」□監督 藤森雅也 □原作 宮西達也□キャスト(声の出演) 原田知世、加藤清史郎、山口勝平、別所哲也■鑑賞日 10月21日(木)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  生みの親でも育ての親でも、母親の愛は強し。  出来ればこの映画、児童虐待をしている父親や母親に強制的に観せるとのいいかも。 原作は累計150万部を突破した宮西達也による絵本「ティラノサウルスシリーズ」の映画化。 書... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 12時18分

» おまえうまそうだな(アニメ) [りらの感想日記♪]
【おまえうまそうだな】 ★★★☆ 映画(56)ストーリー ある日、草食恐竜のお母さん(原田 知世)は川から流れてきた卵を見つけて、自分の産ん [続きを読む]

受信: 2010年10月30日 (土) 19時50分

» 『おまえうまそうだな』(映画) | ハンカチとティッシュをお忘れなく [23:30の雑記帳]
はじめてタイトルを見たとき「『学校の階段』の ようなホラー映画かな」と思いました。 「おまえうまそうだな。たーべちゃーうぞー」 みたいなお化けが出てくるのかと。 案の定、全然違いました。 恐竜が主人公のアニメ映画です。 原作は宮西達也さんとい....... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 12時33分

» 『おまえうまそうだな』 さぁ残さずに食べなさい [映画のブログ]
 かつて辻真先氏が、みずから脚本を手がけたテレビアニメ『ジャングル大帝』はおかしな話だったと述懐していた。  制作に当たって米国への... [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 20時31分

» 「おまえうまそうだな」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 絵本作家・宮西達也の「ティラノサウルスシリーズ」をアニメ映画化。草食恐竜マイアサウラに育てられた肉食恐竜・ティラノサウルスのハートと、彼を父親と信じるアンキロサウルス... [続きを読む]

受信: 2010年11月19日 (金) 21時20分

» ■映画『おまえうまそうだな』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
子ども店長こと加藤清史郎くんが、とってもうまそうなアニメ映画『おまえうまそうだな』。 清史郎くんは草食恐竜アンキロサウルスのチビっこ・ウマソウを演じています。 このウマソウ、卵から孵って初めて見た肉食恐竜を父親と勘違いして(すりこみって奴ですかね)、「おまえ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 2日 (木) 23時50分

» おまえうまそうだな [ハクナマタタ]
これがうまそうな子 ↓ うろうろしていつ食われるかわからない「うまそう」を叱るハート よその子になっちゃいなさーーい! よその子にならない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 こんなこと昔ネロちゃんに言われたっけね→「よその家のこにならない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・... [続きを読む]

受信: 2011年2月27日 (日) 07時30分

» おまえうまそうだな(テレビ録画) [単館系]
2011年12月29日20時45分00秒TOKYO MX1冬休みキッズスペシャル「おまえうまそうだな」 時刻は終了時間↑ はるか昔。 恐竜たちが住む世界。 肉食系と草食系。 草と言うより果物みたいでしたが。 劇場公...... [続きを読む]

受信: 2012年2月10日 (金) 21時52分

« 乱暴と待機 | トップページ | インシテミル »