« 鳩の恩返し | トップページ | タイタンの戦い »

2010年9月 4日 (土)

民主党代表選挙の行方

 毎日マスコミは民主党代表選挙、というより小沢一郎氏の話題で盛り上がっている。またマスコミ嫌いで有名な当の小沢氏も、無理やり別人のようなニコニコ顔を創って、毎日のようにマスコミに登場しているから笑っちゃうよね。
 それにしても小沢氏に対する「政治とカネの問題」や感情的なしこりがかなり話題になり過ぎて、政策やら今後の国会運営などについての比較検討がなおざりにされている感があるのはいかがなものか。そこでこの小沢=悪人というイメージをとりあえず横に置いて、菅直人氏と小沢一郎氏がそれぞれ総理になった場合の「政策と国会運営」に絞った公平な比較をしてみたい。

Photo

 まず9月1日の共同記者会見では、菅氏が従来通りの当たり障りのない発言に終始したのに対し、いままで余り表に出ていなかった小沢氏の発言が新鮮に感じたことは確かである。だがその後、小沢氏がTVに出演して発言していることも、このときに発言したことと全く変わらないコピーのような発言であり、その発想力の貧困さにがっかりした(もちろん菅氏も同様だが)。また普天間問題についても、よい知恵があると言いながら具体策はなにもないという寂しい発言にも失望してしまった。
 世間一般の評価は、菅氏はクリーンだがいまひとつ迫力が無い、また小沢氏はダーティーだが、その豪腕と人脈で何かを変えてくれるだろうという印象が強い。ただ総理がコロコロ変わるのは国際的な信用を無くす。といったようなところである。

普天間問題では、菅氏も小沢氏も現行のまま進むことしか出来ないだろう。今の時点で米国に反旗を翻しても、何の得もないことは二人とも十分に承知しているからだ。

消費税問題については、小沢氏が子供手当てに拘る限り、その財源確保のためにいずれは増税せざるを得ないだろう。また小沢氏は地方分権にすれば、地方はやりたいことだけをやり、無駄な地方財源が余るので、それを財源にすれば良いと言っていた。だが確かに一部にはそうした地方もあると思うが、全てがそれで上手くいくほど単純ではないことは彼も承知しているはずである。場合によってはバラマキによる無駄遣いとなり、全国規模では逆に財源不足になる可能性もあるのではないか。

官僚参加の政策実施については、確かに小沢氏の言う通り、一律予算カットのような政策のない手法は情けないと思う。だが官僚主導は良くないとしても、官僚を参加させること自体は悪いことではないと思う。それでなくとも人手がないのだから、頭脳明晰で経験豊富な官僚達に無駄飯を食わせず、仕事を手伝わせるという感覚で参加させれば良いのである。

国会運営について、公明党に人脈のある小沢氏は、公明党と連立を組むと思われるが、これで政局がスムーズになるかどうかは疑問である。というのはもし民主党が分裂すれば、公明党だけでは足りないからだ。また小沢氏が総理になった場合は、最大野党である自民党との関係は更に険悪な状況となり、ますます政局は混迷を深めるのではないかという懸念がある。
 一方、人脈のない菅氏は、ひたすら野党に擦り寄って議論を尽くすしか方法がないが、本来はそれが本当の政治なのかもしれない。だが現実はそれほど甘くないので、ねじれた政局を解消出来るか否かは全く未知数である。というよりかなり難しいだろう。また菅氏が総理になった場合、小沢派が大量離脱する可能性もあり、どちらにせよ政局が混迷化することは避けられないだろう。
 
 結論としては、菅氏・小沢氏のいずれが代表となっても、結局は同じような政策しか出来ないし、政局も混迷を深めることは間違いないと予測する。ただ気になることが一つある。
 民主党の代表とはイコール総理大臣であり、この国の閣僚人事を握ることになるということである。個人的な実力としては、菅氏より小沢氏に軍配があがることは認めるが、小沢氏の周辺には、ゴマすり人間、ヤーさんっぽい人たち、それにもうリタイアしている老人たちに、右も左も分からない新人議員といった人種がひしめいている。それに宇宙人・鳩とその軍団プラスときては、一体組閣はどうなってしまうのだろうか。

 政治は総理大臣一人で出来る訳ではなく、小沢氏がどんな実力者でもこんな取り巻きばかりでは頼りにならない。(もちろん小沢氏の支持者にも有能な方はいるが、その数が少ないように思える)
 また現在の閣僚の大半は、鳩山首相時代から受け継いでいるので、少なくとも首相のようにコロコロ変わってはいない。それが自民党時代とは異なることであり、ある程度評価できる事と考えている。ところが今回の代表選挙では、彼等のほとんどが菅氏支持のため、小沢政権となれば皆バッサリ斬捨てられるだろう。

そして小沢ファミリーとその支持者だけが入閣することになり、当面の間はある意味、烏合の閣僚となり、また一からやり直しとなる。そして政策の進捗はますます鈍くなるのは目に見えている。余りマスコミでは報道されていないが、この状況に陥ることが非常に気になるのだ。出来ることなら、総理が小沢氏になろうが菅氏になろうが、現状の閣僚を大きく変えて欲しくない。
 
 ただ一方では、菅氏、小沢氏のどちらが当選してもよいから、選挙後に民主党が真二つに分裂し、野党を含めた政界大再編成ガラガラポンに突入し、全てを白紙に戻してやり直さねばこの国の政治は一向に進化しないと思う気持ちもない訳ではない。もういい加減に権力争いは沢山だよね。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 鳩の恩返し | トップページ | タイタンの戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/36539455

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選挙の行方:

« 鳩の恩返し | トップページ | タイタンの戦い »