« ATOM | トップページ | 東京島 »

2010年9月21日 (火)

悪人

★★★★

 吉田修一の原作は未読だが、なんとなく松本清張を思わせるストーリー展開であった。ヒロイン馬込光代を演じた深津絵里は、本作でモントリオール世界映画祭の最優秀女優賞を受賞したという。確かになにか寂しげで頼りなさそうだが、実はかなり芯の強いハイミスを見事に演じ切っていた。

Akunin
 1億中流階級の現代日本では、こうした憂いのある薄幸な女性を演じられる女優は少ない。そういう意味では、木村多江と並んで、実に貴重な存在である。
 深津絵里の評判ばかりが先行しているが、主役の妻夫木聡もかつてない役柄を見事に演じ切っていたと思う。これから更なる成長を期待したいね。
 さてタイトルの『悪人』とは、主役の殺人者・清水祐一のことを言うのだろうか。むろんどんな理由があるにせよ、人殺しは良くないし、悪人と呼ばれても言い訳はできない。

 だがこの作品の中では、法的には裁かれない悪人が大勢出てくるのだ。まず心情的には、殺された石橋佳乃と一緒にドライブした増尾圭吾が一番嫌な野郎だ。だが男の良し悪しも理解出来ず、自己中心的で尻軽な佳乃自身もある意味悪人ではないか。

 そして年寄りを集めて、弱みに付け込んで騙す悪徳業者。さらにはハイエナのように群がるマスコミ達。

 またうがった見方をすれば、大勢の人に迷惑がかかると知りながら、自分の寂しさを紛らわせたい欲求だけで、自首しようとした祐一を逃避行に誘った光代も悪人であろう。

 これら大量の悪人たちの中では、犯人の祐一が一番善人に映ったのは決して私だけではないはずである。また悪人と善人は紙一重で、ちょっとしたはずみで善人も悪人に変身してしまう。柄本明が演ずるところの石橋佳男が、もし復讐心だけでスパナを振り下ろしていたら、彼もまた悪人に成り下がっていたのだ。彼が思い止まったのは、大切な人がいるからだったのである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ATOM | トップページ | 東京島 »

コメント

全くその通りだと思います。
悪人の、悪の定義ってなんだろうと。もちろん人それぞれの中に善も悪も内包しているなんて事は解るんだけど、完全な定義なんて存在しないのじゃないかと思ったりもしました。
深津さんは演技もさることながら、光代とのマッチングが素晴らしいですよね。ある意味キャスティングの勝利かもしれません。
つくづく思ったんですけど、やっぱりきちんとした俳優を使って丁寧に作らなきゃダメですね。

投稿: KLY | 2010年9月22日 (水) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/36849527

この記事へのトラックバック一覧です: 悪人:

» 悪人 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林、余貴美子、宮崎美子、塩見三省。 光代役の深津絵里が自転車に乗っていると、どうしても「博士の愛した数式」で自転車でせっせと博士宅に通う「無学で一人ぼっち」な家政...... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 13時43分

» 【悪人】 [日々のつぶやき]
監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明、岡田将生   なぜ、殺したのか。      なぜ、愛したのか。 「長崎に住む祐一は車で博多までやってきて待ち合わせをしていた佳乃に合うが、目の前で他の男の車に乗られてしまう。頭に... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 14時53分

» 悪人 [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 受賞の深津絵里だけじゃなく、キャスト全員が素晴らしい{/hikari_blue/} 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを妻夫木聡&深津絵里主演で映画化。 bloggerさんのお勧めもあったし、話題の作品ということで劇場鑑賞。 長崎の外れの小さな漁村に住む祐一は出会い系サイトを通じて佐賀在住の光代と出会う。 逢... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 16時11分

» 「悪人」みた。 [たいむのひとりごと]
例によって原作は未読なため、予告編から判っているのは”逃亡劇”だということのみ。しかし、主演から脇の脇まで実力派俳優陣がそろっているこの映画。単なる逃亡劇でなさそうなのは予告編からでもジワジワと感じら... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 16時54分

» 映画レビュー「悪人」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
悪人(サントラ)◆プチレビュー◆ひとつの殺人事件が重層的にあぶりだす人間の心の闇。愛を渇望する男女の逃避行が胸を打つ。 【75点】 長崎在住の土木作業員の祐一と、佐賀に住む紳士服量販店店員の光代は、携帯の出会い系サイトで知り合い、強く惹かれ合う。だが祐一は、...... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 23時23分

» 悪人 [LOVE Cinemas 調布]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い出口の無い逃避行を繰り広げる。主演は『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡と『女の子ものがたり』の深津絵里。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林といったベテランと若手の演技派が揃う。監督は『フラガール』の李相日。... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 23時40分

» 悪人 [象のロケット]
恋人も友人もなく、長崎の漁村で祖父母の面倒をみながら暮らしていた土木作業員の祐一と、妹と2人で暮らすアパートと、勤務先である佐賀の紳士服量販店を往復するだけの毎日を送っていた光代。 偶然出会った二人の恋は始まったばかりだが、祐一は数日前に起こったOL殺人事件の犯人だった…。 ヒューマンドラマ。 ≪いったい誰が本当の“悪人”なのか?≫... [続きを読む]

受信: 2010年9月22日 (水) 05時26分

» 悪人 [映画的・絵画的・音楽的]
 この映画に出演した深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を獲得したということもあって、『悪人』を渋谷のシネクイントで見てきました。 (1)この映画は、出会い系サイトで知り合った佳乃(満島ひかり)を殺してしまった清水祐一(妻夫木聡)が、これも同じようにして知り合った光代(深津絵里)と逃避行を続けるも、最後は逮捕されてしまうという物語です。  こう書いてしまうと、殺人犯の祐一が「悪人」であって、随分と単純なタイトルでありその内容ではないかと思われてしまうかもしれません。  ですが、この映... [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 18時45分

» 悪人 やっぱ役者ってすごいわ〜! [労組書記長社労士のブログ]
【{/m_0167/}=41 -12-】 モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。 予告編の流し方も良かったからか、前評判はさておき、自分も是非観たいなと思っていた。  長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、... [続きを読む]

受信: 2010年9月28日 (火) 14時54分

» 悪人 [だらだら無気力ブログ]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中で…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 1日 (金) 01時48分

» 悪人 [to Heart]
なぜ、殺したのか。 なぜ、愛したのか。 ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか? 製作年度 2010年 映倫 PG12 原作 吉田修一 脚本 吉田修一/李相... [続きを読む]

受信: 2010年10月 5日 (火) 07時12分

» 映画「悪人」誰かと出合いたかった、それだけなのに [soramove]
「悪人」★★★★☆オススメ 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林出演 李相日監督、139分 、2010年9月11日公開、2010,日本,東宝 (原題:悪人」)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← モントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を受賞した。 「原作はここ数年読んだ本の中で 最も好きな作品だったので、 映画を見るのが怖いような気がしていた、 ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 9日 (土) 23時00分

» 悪人 [にき☆ろぐ]
さて、深津さんが賞をもらったことで注目された作品です。私自身みてみたいな~と思っていたんですがやっとみることが出来ました。監督はフラガールの李相日さんですね。あらすじ若... [続きを読む]

受信: 2010年10月18日 (月) 23時55分

» 悪人 [映画、言いたい放題!]
『フラガール 』の李相日氏の監督作品。 この作品が優等生的過ぎて、 あまり好きではなかったので、 観る予定はなかったのですが、 主演の深津絵里さんが モントリオール世界映画祭で主演女優賞を取ったというので 観てみることにしました。 行こうと思った日は連休。... [続きを読む]

受信: 2010年10月22日 (金) 22時23分

» 映画「悪人」 [itchy1976の日記]
映画「悪人」(映画.com) 「悪人」オフィシャルサイト ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 5日 (金) 19時49分

» 「悪人」善人ではない人 [ノルウェー暮らし・イン・London]
昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。 深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。 でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。 確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔~~どれも巧いとは思うのだけど・・・・・... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 18時14分

» 『悪人』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同...... [続きを読む]

受信: 2011年2月26日 (土) 14時49分

» 【DVD】悪人 [映画鑑賞&洋ドラマ スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記]
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ この映画は深津絵里さんが賞をとった作品ですね 見に行った日は空いていて妙なストレスを感じることなく見れました 簡単にストーリーを説明してしまうと犯罪者の逃亡劇と愛ってとこかな。 確かに鬼気迫る演技なのだけど消化不良に終わるのよね この映画の不思議なところは殺人を犯してしまった青年が一番の「悪人」に見えないとこにある。 明らかに殺された女性、殺された女性を山中で蹴り飛ばしてクルマで置き去りにした大学生の両方が彼よりも「悪人」に見える。 この2人は自分勝手で、イライ... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 23時29分

« ATOM | トップページ | 東京島 »