« インセプション | トップページ | キングス&クイーン »

2010年8月 7日 (土)

恋する彼女、西へ

★★★

 キャリアウーマンの杉本響子は、広島へ出張するのだが、そこで原爆投下直前の広島から、現代の広島へタイムスリップしてきた青年将校・谷田貝亨とめぐり合う。そしてとまどう谷田貝を助けているうちに、二人はいつの間にか愛し合ってしまうのだった。

恋する彼女、西へ。 [DVD] DVD 恋する彼女、西へ。 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2010/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 タイムトラべルを利用したラブ・ファンタジーでは、よくあるパターンである。映画化されたものでは、古くは時任三郎、原田知世の『満月、また現在上映中の『ちょんまげプリン』などがある。
 本作は上映館も少なかったし、なかなかDVD化もされなかった。はじめはその理由が判らなかったのだが、本作を観てからいろいろ調べたら、広島のご当地映画で自主製作に近い環境だったことが判った。きっとそれがDVD化を遅らせた原因なのだろう。

 映像の荒さ、登場人物の少なさ、過去の映像の少なさなど、確かに映画を観れば、すぐに低予算であることが判る。だからといって、決して内容が貧弱な映画ではない。また原爆という暗い記憶に、少しでも公明を与えようとする気持ちが伝ってくる。
 ところで、鶴田真由が演じる杉本響子は33才、これは文句ないのだが、21才の谷田貝亨を30代の池内博之が、演じていたのにはかなり抵抗がある。いくら昔の人が老成しているといっても、ちょっとなあ。従って、青年将校の初々しさが全く感じられなかった。これが致命的だね。
 もし小林桂樹の存在がなかったら、どうにもならない作品で終わっていただろう。小林桂樹は、あと数年で90才に届く。ただ黙って立っているだけで人を感動させる凄い存在感に、思わず身震いしてしまった。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« インセプション | トップページ | キングス&クイーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/36060981

この記事へのトラックバック一覧です: 恋する彼女、西へ:

» 『恋する彼女、西へ。』 [浮浪雲のように]
[[attached(1,left)]] {{{: 東京の建築会社で働くキャリアウーマンの杉本響子は、出張で広島を訪れる。原爆記念日3日前の8月3日、仕事帰りに市内を歩いていた響子に、白い海軍服の男が話しかけてくる。聞くと、彼は昭和20年8月3日から突然ここに来たと言うのだ。気味が悪くなり、響子はその場を立ち去ろうとするが、その男が路上でバイクに轢かれかかり倒れるところを目撃。仕方なく男を病院へ連れていく。成り行きで彼の世話をすることになった響子は、初めは信じていなかったものの、ある出来事を..... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 01時07分

« インセプション | トップページ | キングス&クイーン »