« キャタピラー | トップページ | べスト・キッド »

2010年8月26日 (木)

悪い奴ほどよく眠る

★★★★

 まずオープ二ングの結婚式で度肝を抜かれる。足に障害を持つ花嫁の登揚。司会者である課長補佐の逮捕。飛び降り自殺があったビルの形をしたウェディングケーキ。そして公団副総裁、部長、課長たちの動揺のうちに式は終わるのである。

悪い奴ほどよく眠る<普及版> [DVD] DVD 悪い奴ほどよく眠る<普及版> [DVD]

販売元:東宝
発売日:2007/12/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 副総裁の娘婿になった西幸一(三船敏郎)は、一躍重役秘書となり、将来の出世が見えるポジションを手に入れる。この障害者の花嫁・佳子(香川京子)は、清楚で純真な心を持っている。だが結婚以来、いまだに夫と床を共にしたことがない。彼女は夫と結ばれることを心待ちにしているのだが、夫は毎日忙し過ぎてとりつくしまがないのである。
 やがて佳子のうぶで純な心は、西の心を打つようになるのだが、どうもタイミングが良くない。観ているほうもだんだんイライラし、彼女が可愛そうになってくる。香川京子のたたずまいがそう感じさせるのか、ここらの描き方が実に巧いのだ。
 一方主役の三船のほうは、いまいち悪人に徹しきれず、なにか中途半端な存在に終ってしまったが、義父の副総裁を演じた森雅之の演技力はまさに本物であった。彼こそが本作品では真の主役だったに違いない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« キャタピラー | トップページ | べスト・キッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/36368378

この記事へのトラックバック一覧です: 悪い奴ほどよく眠る:

« キャタピラー | トップページ | べスト・キッド »