« FLOWERS フラワーズ | トップページ | 奥只見紀行 »

2010年6月21日 (月)

きみがぼくを見つけた日

★★★

 この映画を観て、原題が『ザ・タイムトラべラーズ・ワイフ』だということを知って驚いてしまった。この原作本は、かなり前から私の蔵書に加わっているのだが、長い間未読のまま、本棚の奥深く眠っていた。だから『きみがぼくを見つけた日、というタイトルの本が出たとき、同じ小説とは知らずにダブって購入してしまい、これまた未読のまま私の書斎で眠っていたのだ。

きみがぼくを見つけた日 [DVD] DVD きみがぼくを見つけた日 [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 タイムトラべルファンとしては、この映画が上映されたときも、非常に気になっていたのだが、いろいろ事情があって劇場で観ることが出来なかった。それでDVDが出るまでじっと待ち続けたのだが、かなりレンタル中が続き、やっと今頃になって手にすることが叶った訳である。
 そこで初めて原題を知ったと同時に、タイトルは異なるが、内容が全く同じである蔵書が二冊あることにも気付いたのである。上・下巻あるので、正確には四冊ということになるけどね。

 そしてDVDで映画は観たものの、いまだにこの原作は、書斎で眠り続けているありさまだ。ストーリーの大きな流れとしては、自分の意思とは関係なく、過去や未来にタイムスリップしてしまう、時間障害という不思議な体質を持った男と、その妻の半生を描いた奇妙なお話といったところか『ベンジャミン・バトン』同様、特異体質を持つ男の切ないラブストーリーなのである。
 ただ映画には「おおむね2時間」という時間制限が伴うため、半生や一生を描く作品をその時間内に収めるのは至難の技であろう。だからといって、よほどの大作でもない限り、三部作などという贅沢は不可能である。従って、ある程度無理を承知で映画化したに違いない。そのせいか、ストーリーの一部に理解し難い部分があった。

タイムトラベラーズ・ワイフ 下 Book タイムトラベラーズ・ワイフ 下

著者:オードリー ニッフェネガー
販売元:武田ランダムハウスジャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

きみがぼくを見つけた日(上) きみがぼくを見つけた日(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

 それで急遽、原作を読んでみることにしたわけである。原作のほうは、前半は何度もヘンリーがクレアのもとを訪れる。ヘンリーが時空を跳んでくるたびに、クレアは成長してゆくのだが、ヘンリーのほうは中年だったり、若かったりと転々バラバラで、一定の法則もないようだ。とにかく嫌になるほど頻繁にタイムスリップを繰り返すのだ。

 だがどんなに若くとも、現実のへンリーが始めてクレアとめぐり合った27才より若いということはないのだ。この現象はたぶん、タイムスリップする原因とも関わってくるのであろう。
 つまりへンリーがタイムスリップする場所は、彼が大切に思っている人がいる場所ということになる。だからこそ最愛のクレアのもとに何度も現われるのだろうか。

 上巻はへンリーとクレアが無事結婚式を終えるまでを描くのだが、余りにも執拗なタイムスリップに辟易してしまう。まだなぜ自分の意志とは無関係に、全裸でタイムスリップしてしまうのかは明かされていない。タイムスリップのつど服を探すという奇妙な展開が執拗に続くことに辟易してしまう。
 下巻を読み終えるにはかなり時間がかかってしまった。上巻の愁眉はへンリーとクレアの結婚であったが、下巻では二人の子供を生むことが焦点となっている。
 つまり子供にもへンリーの遺伝子が承継されるため、胎児の時代からタイムスリップしてしまい、結局母体を損傷した挙句に流産となってしまうからである。だが胎児がどこにタイムスリップしてしまったのかまでは描かれていない。

 結局へンリーがタイムスリップしてしまう原因は不明のまま、多分特殊な遺伝子のために起こるのだという訳の判らない理屈の中に封じ込められてしまうのだ。こうして延々と出口の見つからないホームドラマが続くので、途中でだんだん嫌気がさしてくる。
 ただしラストの収束だけは実に見事で、ここでタイムスリップと永遠の愛が繋がってくる。ただゴメスとクレアの不倫だけは、全く意味が無いしこの永遠の愛に水をさす行為にしか写らないのが残念である。
 映画のほうはだいぶ原作アレンジしているが、実によくまとめている。皮肉めいているが、それがこの長ったらしい原作をやっと読み終わって、得た収穫かもしれない。ハァーッ、疲れた(笑)

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« FLOWERS フラワーズ | トップページ | 奥只見紀行 »

コメント

あの笑うに笑えない全裸で町を疾走するシーンは、執拗に描かれるのですね・・・。
それはそれは。
そういや、戻ったときも全裸でしたっけ??なんか忘却のかなたの映画になってしまったもんで。
いろいろと突っ込みたくなる映画でしたが、迷惑な特異体質ですね。
周りの人の人の良さが救いだったような気がします。

投稿: sakurai | 2010年6月23日 (水) 13時28分

ケントさん、こんばんは!

原作本の方は映画に合わせて改題されていたんですねー。
僕はハードカバー版を読んだのですが、文庫版も「タイムトラベラーズ・ワイフ」だったような・・・。
と思ったら版元が変わってますね。
前は講談社ランダムハウスだったんですけど、講談社が資本を抜いたのかな??
映画の方はちょっと長めだった原作のエッセンスをうまく掬ってまとめた気がしました。

投稿: はらやん | 2010年6月23日 (水) 22時48分

sakuraiさんこんばんは
それにしても、タイムスリップで何も持っていけない理屈は分かるものの、ファンタジーなのですから、余りそのあたりの考証に拘る必要がなかったのではないかと思いますね。テーマがボケて、まるで服探し小説になってしまっています。

投稿: ケント | 2010年6月25日 (金) 21時59分

はらやんさんこんばんは
原題の「タイムトラベラーズ・ワイフ」のほうが僕は好きです。ただ一般受けするには、邦題のほうが良かったのかもしれませんね。ただ手垢のついたタイトルであることは否めません。

投稿: ケント | 2010年6月25日 (金) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/35392325

この記事へのトラックバック一覧です: きみがぼくを見つけた日:

» 【きみがぼくを見つけた日】 [日々のつぶやき]
監督:ロベルト・シュベケ 出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 「子供の頃に母親と車に乗っていたヘンリーは事故の直前に時を超えた。戻ってきたヘンリーの前に現れたのは大人の自分。それ以来タイム... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時07分

» きみがぼくを見つけた日 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE。ロベルト・シュヴェンケ監督、レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ヘイリー・マッカン、テータム・マッカン、ミシェル・ノールデン、フィリッ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時10分

» 『きみがぼくを見つけた日』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「きみがぼくを見つけた日」□監督 ロベルト・シュベンケ□脚本 ブルース・ジョエル・ルービン □キャスト レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン、スティーブン・トボロウスキー、ジェーン・マクリーン、ブルックリン・プルー■鑑賞日 10月24日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 予告で「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家〜 ・・・思わず先日... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時25分

» 時間飛行〜『きみがぼくを見つけた日』 [真紅のthinkingdays]
 THE TIME TRAVELER'S WIFE  クレア(レイチェル・マクアダムス)が初めてヘンリー(エリック・バナ)に出逢 ったのは、6歳の頃。彼は自ら... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 17時40分

» どこか悲しい。『きみがぼくを見つけた日』 [水曜日のシネマ日記]
タイムトラベラーの男性と彼を理解し愛し続ける女性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 23時02分

» きみがぼくを見つけた日 [LOVE Cinemas 調布]
『ゴースト/ニューヨークの幻』の脚本家・ブルース・ジョエル・ルービンの最新作として注目の作品。主演は最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいレイチェル・マクアダムスと『スター・トレック』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナ。監督のロベルト・シュヴェンケよりむしろ、製作総指揮にブラッド・ピットが名を連ねることの方が意外か。タイムトラベラーに恋したヒロインの切ないラブロマンスだ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 23時41分

» きみがぼくを見つけた日 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
きみがぼくを見つけた日 [DVD]タイムトラベルものにつきものの矛盾を確信犯的に散りばめる、純愛ラブストーリー。ヘンリーとクレアは特別なカップルだ。なぜならヘンリーは遺伝子の異常から時空を旅するタイムトラベラーなのだ。ヘンリーと運命的に愛し合うことになるクレア....... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 23時44分

» きみがぼくを見つけた日(2009) [銅版画制作の日々]
原題:THE TIME TRAVELER'S WIFE 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。 11月10日、MOVX京都にて鑑賞。ラブストーリーはどうも苦手ですが。エリック・バナ が出演しているということもあって鑑賞しました。共演はレイチェル・マクアダムス 。何処かで観たと思ったら、消されたヘッドラインのデラ役だった女優さんでした。 エリック・バナ演じるヘンリーは、時空をさまよう男。タイムトラベラーなんていうと、凄く格好いいが、好きな場所に自由に行けるのではなく、自分の意思とは別にどこ... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 23時46分

» きみがぼくを見つけた日 [そーれりぽーと]
時空を超えたラブストーリーと言えば、『ある日どこかで』然り、『バタフライ・エフェクト』然り、『イルマーレ』然り、俺が一番好きなタイプの映画。 しかも時間移動の複雑な設定を生かして、取り返しが付きそうで付かない不条理劇であるほど泣けて面白い。 『ゴースト ニューヨークの幻』の脚本家が脚本を書いたこの映画はどんな風に結末を迎えるのでしょうか。『きみがぼくを見つけた日』を観てきました。 ★★★★★ まさに俺好みド真ん中。 原題通りタイムトラベラーとその妻を描いているのですが、タイムトラベラー自身は自分... [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 00時17分

» 『きみがぼくを見つけた日』(2009)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THETIMETRAVELER'SWIFE監督:ロベルト・シュベンケ脚本:ブルース・ジョエル・ルービン出演:レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ、アーリス・ハワード、ロン・リビングストン... [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 00時26分

» きみがぼくを見つけた日 [迷宮映画館]
いくらなんでも無理がありすぎると感じたのは・・・・だめかな。 [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 13時28分

» 「きみがぼくを見つけた日」 [てんびんthe LIFE]
「きみがぼくを見つけた日」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 摩訶不思議なラブストーリー。 結局真髄はつかめませんでした。 このあたりがタイムスリップものの難しいところ。 全く知らなかったんだけど、エンドロールの途中、BRAD PITTというクレジット発見。 プロデューサーだったらしい。 だから自分でなくてエリック・バナなんだ…(たしか仲良しだよね) 単純なラブストーリーとしてみれば、普通に切なく美しい物語です。 しかし、タイムスリップがこの作品の中心。 このタイムスリップの法則がつ... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 16時30分

» きみがぼくを見つけた日 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
恋に落ちた相手はタイムトラベラ−(時間旅行者)だった。男は何の前ぶれもなく姿を消し、次にいつ現れるかわからない。 二人の愛はこの運命に打ち勝てるのか?・・・世界中でベストセラーとなった純愛小説を「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家ブルース・ジョエル・ル....... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 18時57分

» 「きみがぼくを見つけた日」 原作を巧妙にまとめている [はらやんの映画徒然草]
最近、小説を読んで映画になったらいいのにと思っていたら、その通りになることが多い [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 21時15分

» 『きみがぼくを見つけた日』 [浮浪雲のように]
[[attached(1,left)]] {{{: 時間遺伝子を持つヘンリーは、突然違う時間・場所へ移動する一種の病気を持っていた。しかも、移動先には裸で現れるため、身に纏う物を見つける必要があり、ドアの鍵を開ける技術を身につけていた。彼は、ある日クレアという女性に出会うが、彼女は彼のことを昔から知っているというのだった…。 2009年アメリカ映画 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス 他 }}} === タイムトラベル・ロマンス ==..... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 23時11分

» 『きみがぼくを見つけた日』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
時空を旅する運命を背負うヘンリーは、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレアといつしか愛し合うようになる... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 12時23分

» きみがぼくを見つけた日 [まさとの素人映画レビュー]
きみがぼくを見つけた日という映画を観ました。 原題はTime Traveler''s Wife そのまま、時間を旅する男と結婚した女を描いています。 この映画のタイムトラベラーですが、自分の意思では時を越えられません。 ある時、突然に時間を飛び越えてしまう体質の持ち主という設定です。 その辺りが今迄のタイムトラベル物には無い新しい点でしょうか。...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 3日 (日) 21時26分

» 私の彼はいま、6歳の私に会いに行っています。「きみがぼくを見つけた日」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
【関連記事】 きみがぼくを見つけた日 壁紙1 きみがぼくを見つけた日 壁紙2 きみがぼくを見つけた日 壁紙3 [続きを読む]

受信: 2011年10月20日 (木) 00時14分

» きみがぼくを見つけた日 [いやいやえん]
レイチェル・マクアダムス、エリック・バナ主演。 いつ、どの時代のどこへ飛ぶのか自分で選べないタイムトラベラー体質のヘンリーが、ある過去で少女クレアと出会う。未来から来たヘンリーに恋をしたクレアは、同じ時空で会えるという彼の言葉を胸に、そのときを待ち続けた。そして再会。二人の不思議な愛がそこからはじまるのだが…。 ラブストーリーにして結末は死というストーリーではありますが、愛する人を待ち続ける切なさにぐっと引き付けられる作品だった。 笑えるのは、時空を旅できるのは生身だけというところで、... [続きを読む]

受信: 2012年11月 2日 (金) 09時48分

« FLOWERS フラワーズ | トップページ | 奥只見紀行 »