« パーマネント野ばら | トップページ | 通勤地獄 朝の急行 »

2010年6月 1日 (火)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

★★★★

 中井貴一演ずるところの主人公・筒井肇は、大手家電メーカーでバリバリ働き、次期取締役を約束されていた。ところがある事件をきっかけに、会社を辞めてしまう。
 そして母の入院で故郷に戻り、少年時代にあこがれていた、地元ローカル線の運転士に志願するのである。50歳間近でエリートコースを捨て、これまた一からやり直しの電車の運転士とは、まっこと信じられないと思うだろう。ところがこれは実話なのだというから驚きである。
 果してどこまで実話に忠実なのかは判らないが、そんな詮索はどうでもよく、とにかく映画として、きちっと創られているところを評価したい。

Railways_3
 これは決して鉄道オタクのための映画ではないので、勘違いしないで欲しい。主人公が電車の運転士を選んだのは、単なる鉄道オタクということではないような気がする。描き方としても、前半は全くの会社人間であり、電車のデの字も出ていないからだ。
 きっと会社人間に染まりきった彼は、本当は自分が何をやりたいのかなど、考えたこともなかっただろう。それがエリートと呼ばれる会社人間の実態である。
 夢を叶えたいと言った友人が急死してしまったこと、故郷から出たがらない病床の母親のこと、仕事のために壊滅状態の家族のこと。この三つが彼の脳裏で重なり合って、今までの生き方を大きく変えようと決心したのだと思う。
 始めから電車あリきではないのだ。たまたま帰った故郷で、子供の頃の宝物だった電車の切符と、運転士募集の広告を見てひらめいたに違いない。ある意味偶然なのである。そしてそのとき、その偶然こそが、自分を変革するための手段であると確信したのだろう。
 この映画で一番感動したのは、ローカル線でも、島根県の神秘的な風景でもなく、主人公が鎧兜を脱ぎ捨て、一糸まとわぬ姿で、人生をやり直そうするひたむきな姿である。

 そして次に奈良岡朋子が演ずる、年老いた母親の言葉である。「どぎゃん親でも、子供が嬉しそうにしとーのが一番だわねえ」。そうどんなに子供が大きくなっても、親にとって、自分の子供はいつまでも子供なのだ。この言葉に、いつまでも涙が止まらなかった。
 それからこの作品では、登場人物の心が少しずつ変化してゆく。それが実に巧く描かれている。とくに箸にも棒にも掛からぬような一人娘が、祖母の病気と父親の決意により、だんだん変化してゆくさまが実によかったな。
 また終盤に近づいて、物語の締め方と夫婦の溝が気になり始めたが、これも実に見事な収束だった。そしてこれこそが、これからの夫婦のあり方のひとつなのかもしれないと感じた。
 ALWAYS三丁目のタ日のスタッフと、地元島根の人々が一緒に創った、全くCGの無い手づくりの優しい心に響く映画である。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« パーマネント野ばら | トップページ | 通勤地獄 朝の急行 »

コメント

全く持ってこんな役をやらせたら日本で中井貴一の右に出る人はいないんじゃないでしょうか。実に等身大で方に力の入ってない好演でした。
いい加減実家にも帰っていない自分がちと恥ずかしいです。coldsweats01

投稿: KLY | 2010年6月 1日 (火) 23時46分

KLYさんこんにちは
そうですね。中井貴一は貴重な俳優の一人になりましたね。しみじみと淡々とこの役を演じていましたからね。
KLYさんの故郷はどちらでしたか?


投稿: ケント | 2010年6月 2日 (水) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/35000024

この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語:

» RAILWAYS 宍道湖の夕日 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。錦織良成監督、中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、甲本雅裕、遠藤憲一、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助。公式タイトル「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」が長すぎるので勝手に改題。宍道湖と言えば、美しい夕日...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 22時22分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [だらだら無気力ブログ]
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『スウィ..... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 22時36分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [勝手に映画評]
将来を嘱望されていたエリートサラリーマンが、母親の病気や同期の事故などに直面し、これまでの自分の人生を見つめ直して、子供の頃からの夢の「一畑電車の運転手」になると言う話。 物語の舞台となっている一畑電車ですが、島根県出雲市を営業エリアとする鉄道会社です。劇中では、ひなびた地域を二両編成の電車でゆっくりと走る典型的なローカル線として描かれていますが、実際には特急も走っている路線です。まぁ、ローカル線であるのは間違いないですし、経営的に厳しいのも間違いないとは思いますが、画面から得られる雰囲気だけだと... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 22時37分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [花ごよみ]
ストーリーはというと、 50歳をすぐ目前にして、 仕事に追われる毎日を、 送っていた49歳の男が、 あるきっかけから、 今までの生き方を、 思いめぐらした結果、 子供の頃にあこがれていた、 電車の運転士の夢を、 実現することになる。   監督はこの映画の舞台となる 島根出身の錦織良成。 主人公、肇を演じるのは中井貴一、 その妻に高島礼子、 娘には本仮屋ユイカ。 ある日、故郷で一人暮らしを、 している母が倒れる。 それを契機に出雲に、 帰郷した肇(中井貴一)は、 今まで忘れていた夢を思い... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 23時02分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [LOVE Cinemas 調布]
東京の一流企業に勤めるエリートサラリーマンが50歳を目前に、幼い頃からの自分の夢だった「“一畑電車”の運転士になる」を実行に移す姿を中心に、家族の絆、人との触れあいを描いた人間ドラマだ。主演は『ザ・マジックアワー』の中井貴一、共演に『ドロップ』の本仮屋ユイカ、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』の高島礼子が出演。監督は作品の舞台となっている島根出身の錦織良成。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 23時33分

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運... [masalaの辛口映画館]
 客入りは1階席は満席、2階席は7~8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 23時36分

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」 [FREE TIME]
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 00時42分

» 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪功、佐野史郎、宮崎美子、遠藤憲一、中本賢、甲本雅裕、渡辺哲、緒形幹太、石井..... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 01時57分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆    (★×10=満点)      試写 松竹試写室 にて鑑賞      10年05月29日公開   監  督:錦織良成 キャスト:中井貴一       高島礼子       本仮屋ユイカ       三浦貴大、他 ■内容... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 13時04分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ドラマ  監督:錦織良成  出演:中井貴一      高島礼子      本仮屋ユイカ      三浦貴大 【物語】  大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に 追われる日々を送る肇。 一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷....... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 17時37分

» 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」自らリストラし夢だった運転士になった先に待っていた地元の人たちの愛 [オールマイティにコメンテート]
5月29日公開の映画 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を観賞した。 この映画はエリート街道を歩いてきた 49歳の男がリストラ処理を任され、 工場を閉鎖と人員削減を任され、 母親の病気、友人の死などを契機に自らをリストラして 長年の夢だった電...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 21時31分

» RAILWAYS (中井貴一さん) [yanajun]
中井貴一さんは、現在公開中の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』に筒井肇 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 01時28分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [欧風]
月曜は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた~。 今回観たのは「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」。長いぞ(^_^;)。てっきり、 [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 09時23分

» 『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭松之助■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネグランデ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 誰しも幼い頃は「夢」持っていた。 それに向かって現実に夢を叶えられる人もいれば、 受験戦争... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 12時20分

» 映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」大人のおとぎ話を見に行こう [soramove]
「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」★★★☆ 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子 出演 錦織良成監督、130分 、2010年5月29日公開、2010,日本,松竹 (原題:RAILWAYS)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「仕事一筋の男、筒井(中井貴一)は、 母親の見舞いに郷里に戻り、 子供の頃の夢を思い出した。 これは叶えられない大人の童... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 10時13分

» 「RAILWAYS49歳で電車の運転手に... [狂人ブログ ~旅立ち~]
 「ALWAYS三丁目の夕日」のROBOT企画・制作。一流企業に勤めていた49歳のエリート会社員が、ある事をきっかけに幼い頃からの夢だったバタ電の運転手になろうと決意す... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 22時46分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [単館系]
大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る肇(中井貴一)。一人暮らしの母が倒れたのをきっか... [続きを読む]

受信: 2010年7月 7日 (水) 22時36分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[RAILWAYS] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年40本目(38作品)です。 【あらすじ】 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、順風満帆なサラリーマン生活を送る筒井肇(中井貴一)は、一人暮らしの母が倒れたのを..... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 23時43分

» 『RAILWAYS [レイルウェイズ]』 [『映画な日々』 cinema-days]
大手家電メーカーで仕事一筋にやってきた 主人公が役員入り目前に同期の事故死、 母親の病床が重なり人生を見直す...。 【個人評価:★★★... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 01時37分

» mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...... [続きを読む]

受信: 2010年11月25日 (木) 05時29分

» RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 [空想俳人日記]
初夢や 忘れ亡き心と 相語らふ  ひょんなことで、確か去年ですか、劇場で公開された「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(それにしても長いタイトルですなあ)をDVDで観る機会を得ました。久しぶりです、DVD鑑賞。  正直言って、導入から暫くの間、話の中... [続きを読む]

受信: 2011年1月 7日 (金) 06時50分

« パーマネント野ばら | トップページ | 通勤地獄 朝の急行 »