« エコノミー症候群 | トップページ | 四国~龍馬からこんぴらまでの旅 »

2010年6月11日 (金)

エスター

★★★★

 なかなかよく出来たホラー映画である。創り方が丁寧だし、子供を中心に描いているのもなかなかユニークだ。
 三人目の子供を死産で亡くし、心を痛めるケイトと夫のジョンは、養護院から里子を受け入れる決心をする。彼等夫婦が選んだ子供は、ちょっと大人びているが、札儀正しい少女エスターであった。

エスター [DVD] DVD エスター [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2010/03/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ところが暫くすると、だんだん我がままな性格が露呈し、時々悪魔のような形相を見せるのだ。ただジョンに対してだけは、いつも「よいこ」を装っている。そしてジョンを慕っているのだが、その愛情は父親に対するものではなく、女が男に求める恋愛感情なのであった。

 この少女一人に翻弄されるケイトと実の子供たち。少女はどんどん悪魔的になり、ついには、養護院のシスターを殺害してしまうのだ。危険を察知したケイトは、ジョンにエスターを養護院へ返そうと頼むが聞き入れてもらえない。それどころが、ケイトのほうが精神を病んでいるかの如く反論されてしまうのだ。
 そして終盤のドンデン返し、エスターの正体が判明すると、かなり気分が悪くなる人が出るに違いない。それほど気味の悪い正体なのである。とにかくジョンの鈍感さにイライラする。彼がやっと気が付いたときは、残念ながら遅すぎたのだ。
 なんとなく、危険な情事』『チャイルドプレイ』『ゆリかごを揺らす手』の三本をミックスさせたような、ハラハラドキドキの怖い映画だった。エスター役の子役イザべル・ファーマンの鬼気迫る演技が素晴らしい。とにかく彼女なしでは、この映画が成り立たないのだから。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« エコノミー症候群 | トップページ | 四国~龍馬からこんぴらまでの旅 »

コメント

こんばんは。
何でだか知らないですけど、未だに私のサイトではエスターのアクセス数が結構上位に来たりするんですよ。結構衝撃的でしたけど、正直おどろいてます。
あちらの方々って割りと簡単に養子貰いますけど、この作品のエスターの引き取り方も「そんなんで決めちゃっていいのかいな…」と、そもそもの制度的に疑問を感じちゃいましたよ。

投稿: KLY | 2010年6月11日 (金) 21時46分

『危険な情事』と『チャイルドプレイ』と『ゆリかごを揺らす手』の三本をミックス。
うまいこと言いますね。
さすがです!

なかなか面白く観ることができた映画でした。
それにしても、恐ろしい・・・

投稿: | 2010年6月13日 (日) 07時17分

こんにちはKLYさん
一年経ってもコメントやTBが途絶えませんね。
KLYさんの評価はいまいちだけど、それだけこの作品の注目度が高いということなのでしょうか。
それにしても子供が二人もいても、養子が欲しいのですかね。ここらあたりの感性が日本人にはピンと来ませんね。


投稿: ケント | 2010年6月14日 (月) 09時34分

亮さんこんにちは
いつもありがとう。
亮さんも『危険な情事』と『チャイルドプレイ』と『ゆリかごを揺らす手』の三本観たのですか?

投稿: ケント | 2010年6月14日 (月) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/35209251

この記事へのトラックバック一覧です: エスター:

» エスター [LOVE Cinemas 調布]
「この娘どこかへん…」ある夫妻がその少女を養子にした日から起こる恐怖の出来事…。彼女は一体何者なのか。主演は『縞模様のパジャマの少年』のヴェラ・ファーミガと『エレジー』のピーター・サースガード。そして邦題になっている少女エスターを演じるのはイザベル・ファーマン。プロデューサーにジョエル・シルヴァーやレオナルド・ディカプリオといったハリウッドの大物が名を連ねている。... [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 21時33分

» エスター [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:Orphan(孤児)。ジャウム・コレット=セラ監督、 製作にはレオナルド・ディカプリオも参画。ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー、ジミー・ベネット、アリアーナ・エンジニア。映画自体はそれなりに面白いの...... [続きを読む]

受信: 2010年6月11日 (金) 21時50分

» エスター [だらだら無気力ブログ]
子供を流産で亡くした夫婦が、孤児院から少女を養子として迎え入れたこと から、その夫婦と実子達に迫る恐怖を描いたサスペンスホラー。三人目の子供を身籠ったものの流産してしまったケイトはアルコールに 溺れ、夫婦関係にもひびが入ったが、このままではいけないとアル..... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 00時13分

» エスター / ORPHAN [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click エスターは、9歳。 ロシアで生まれ、孤児になった、可哀そうな女の子。 頭が良くて、絵と歌が上手で、天使のように可愛、、、 いくない{/ee_3/} そうきたか!まったく考えてもみなかったオチにびっくり したと同時に笑っちゃった こんなオチ、今までなかったんじゃ? これ、あのダークキャッスルの映画だったのね、 知... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 10時03分

» エスター [心のままに映画の風景]
3人目の子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)は、悪夢とトラウマに苦しみ、 ジョン(ピーター・サースガード)との夫婦関係も... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 18時47分

» エスター [象のロケット]
コールマン夫妻には息子ダニエルと娘マックスがいるが、妻ケイトが3人目の子を死産した悲しみを乗り越えるため、9歳の個性的な少女エスターを養子に迎え入れた。 その日を境に次々と残忍で奇怪な事件が起こり始める。 事件のそばにいつもエスターがいることに気づくケイト。 しかし夫のジョンは耳を貸そうとしない…。 サスペンス・ホラー。 ≪この娘、どこかが変だ。≫ R-15... [続きを読む]

受信: 2010年6月12日 (土) 21時26分

» エスター (Orphan) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ハウメ・コジェ=セラ 主演 ヴェラ・ファーミガ 2009年 アメリカ映画 123分 ホラー 採点★★★ それが一方的な思い込みであっても、一見無害に思える物が害を成すと、そのギャップもあって結構怖いもんですよねぇ。中に人が入ってるんじゃないかとすら思える…... [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 14時18分

» エスター [映画、言いたい放題!]
「ケース39 」のレビューを書いた時に いろいろな方のレビューを読んだのですが、 この作品と比較しているものが多かったので 気になって観てみました。 ホラーは嫌いなのですが、 「ゾンビランド 」で慣れたので大丈夫(笑) 息子と娘の2人の子供を持つケイトとジョンの夫... [続きを読む]

受信: 2011年1月14日 (金) 14時23分

» エスター [ハクナマタタ]
これはつまり、 「赤ン坊少女タマミちゃん」である しかし、最大限に違うのはエスターが美少女だということだ とすれば これは「洗礼」に近いのかもしれない 怖さは洗礼の域ではない 「14歳」にもこのようなキャラが出てくる アメリカ大統領... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 13時16分

» エスター : 子役のレベルもメジャー級 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 NPB事務局、やらかしちゃいましたねぇ。やけにホームランが増えてきたとは思ってましたが、ボールの仕様変更を選手に黙っていたなんて。ボールの変更は、選手の人生を大きく左右 [続きを読む]

受信: 2013年6月12日 (水) 12時23分

« エコノミー症候群 | トップページ | 四国~龍馬からこんぴらまでの旅 »