« 私たちの幸せな時間 | トップページ | 通勤地獄 傘は大嫌いだ »

2010年5月 9日 (日)

ゼブラーマン ゼブラシティーの逆襲

★★☆

 予告編で、仲里依紗演じるゼブラークイーンの歌とダンスを観て、マイケル・ジャクソンの『キャプテン・イオ』を思い出してしまった。それがお目当てでこの映画を観た訳だが、仲里依紗に関しては、歌もダンスも演技も、はたまた見事に熟れたボディーも十分堪能できたので、全く文句を言うところがない。

Zeb2_2 
 またVFXのほうも、前作に比べると格段の進化である。ところが、肝心の中味が全くないのだ。前作は確かにチンケなB級映画だったかもしれないが、ドキドキワクワクさせる展開の妙味があり、心の琴線に触れる熱いパワーで溢れ返っていたはずである。
 せめてラストくらい真面目に創って欲しかったのだが、とうとう最後までおバカなおふざけシーンで終始してしまった。この映画の持ち味は、真剣におバカな演技」をするところにあったはずである。単なるおバカだけでいけない。
 続編の宿命なのかもしれないが、すでに鮮度の落ちた感もある。そのうえ観客おいてけぼりで、製作側だけが楽しんでしまったのではないだろうか。何か非常に残念で辛い気分になり、当面落ち込んでしまいそうだ。 

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 私たちの幸せな時間 | トップページ | 通勤地獄 傘は大嫌いだ »

コメント

私は逆にそこまでストーリーに思い入れがなかったんで、仲里依紗で大満足してました。(笑)むしろ前作のチープさが好きじゃなかったんで、ある意味お金かけてこんなバカバカしいことやるのもありかなと。
もっとも最後はあっけに取られましたけどねぇ。そこは好き嫌いというより、「まーいいや。」って思えるかどうかでしょうね。私は許容はしましたが、もちろん良いラストだとは思ってないです。(苦笑)

投稿: KLY | 2010年5月 9日 (日) 18時45分

KLYさんこんにちは
私は、逆に前作のチープさの中に潜んでいた、意外性とラストの熱い戦いに心打たれたのですが、やはり二作目の宿命というか、「驚き」が消失してしまったので、結局なにも心に残らなかったのでしょうね。
但し仲里依紗は別です。またラストの合体は笑えたけれど、仲里依紗がそれで突然おしまいというのが、不満でしたね。

投稿: ケント | 2010年5月 9日 (日) 19時08分

今日見てきましたが、かなりがっかりでした^^;。
前作とはまったく別物ですね。
なんだこりゃ、で終わってしまいました・・・。

投稿: cherry | 2010年5月 9日 (日) 22時04分

cherryさんコメントありがとう
そうでしょ。全然別ものですよね。
前作は低予算でチープだったけれど、本物のゼブラーマンになるまでの過程が面白く、わくわくしたものです。
もう三作目は観ないつもりです。

投稿: ケント | 2010年5月10日 (月) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/34608619

この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラーマン ゼブラシティーの逆襲:

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。宮藤官九郎原作、三池崇史監督、哀川翔、仲里依紗、井上正大、阿部力、ガダルカナル・タカ。ゼブラはシマウマのことなのだけれど、この手のものはどうしても昆虫に似て来る。と言えば、同じ哀川翔主演の「昆虫探偵ヨシダヨシミ」。しかも、なぜかともに東京都庁....... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 18時27分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [LOVE Cinemas 調布]
冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・ゼブラクイーンに『時をかける少女』の仲里依紗、阿部力、ココリコの田中直樹、ガダルカナル・タカなど新しい面々にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 18時30分

» ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲- [そーれりぽーと]
『ヤッターマン』で日本中を湧かせた三池崇史監督が、哀川翔主演&クドカン脚本で撮ったカルトムービー『ゼブラーマン』の続編、『ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲-』を観てきました。 ★★★ よーここまで金かけてふざけた映画を作りよるw 『ヤッターマン』がヒットした勢いだけで作ったような、あれに輪をかけてムチャクチャというかマジでクダラない映画に仕上がっています。 基本は『ゼブラーマン』の続編でも、『ヤッターマン』や『妖怪大戦争』を含めたセルフパロディーみたいなノリでいっぱい。 ターゲットはハイティ... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 20時12分

» ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 [象のロケット]
2025年。 白と黒の世界に様変わりしたゼブラシティで意識を失った“ゼブラーマン”こと市川新市は、ゼブラシティの外にあるコミューン“白馬の家”へ運ばれる。 彼らのリーダー・浅野は新市の教え子だったが、新市は15年分の記憶を全て失っていた。 一方、15年前に姿を消したエイリアンを利用しようと企んでいる者がいた…。 目覚めよ、ゼブラーマン! 人気アクションコメディ第2弾。... [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 22時16分

» 「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 よくぞここまで膨らませた! [はらやんの映画徒然草]
前作「ゼブラーマン」から15年後の世界、東京はゼブラシティと名を変え、毎日朝晩5 [続きを読む]

受信: 2010年5月 9日 (日) 22時57分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [だらだら無気力ブログ]
哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同様、..... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 00時49分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ、他 *監督:三池崇史 *脚本:宮藤官九郎 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの..... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 07時38分

» 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え~い!遊びすぎやわ!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”。前作「ゼブラーマン」から6年、ムチャな大人が奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 翔 デビュー25周年記念作品”。まあ何かと、アニバーサリーづいてますな。  ちなみに前作は、こんなお話でした…↓  ~2010年、横浜市八千代区。家でも学校でもパッとしない小学校教師・市川新市の誰にも言えない愉しみ。それは、昭和... [続きを読む]

受信: 2010年5月10日 (月) 13時34分

» ゼブラーマン [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダヨシミ』をステップとしてきたわけですから、何としてでも哀川翔を見なければと思い、いそいそと出かけてみたところです。 (1)実際に見ても、まずまずの仕上がりではないかと思いました。  前回の『ゼブラーマン』では、ダメ教師市川新市―哀川翔が扮し... [続きを読む]

受信: 2010年5月19日 (水) 05時53分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:末吉 2010年35本目(33作品)です。 【あらすじ】 小学校教師の市川新市が(哀川翔)がふと目覚めると、東京はゼブラシティと呼ばれる街に様変わり。 午前午後の5分間だけ犯罪..... [続きを読む]

受信: 2010年5月20日 (木) 15時12分

» 【ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲】 [日々のつぶやき]
監督:三池崇史 出演:哀川翔、仲里依沙、井上正大、ガダルカナル・タカ、阿部力、田中直樹  女が最強。 「15年記憶を失っていた市川新市は、街がゼブラタイムには何でもありのゼブラシティと変貌していることを知る。撃たれたところを救出された新市はそこでかつ... [続きを読む]

受信: 2010年5月22日 (土) 18時12分

» 『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」□監督 三池崇史 □脚本 宮藤官九郎□キャスト 哀川 翔、仲 里依紗、阿部 力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ■鑑賞日 5月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 朝一、9:30の回で観る映画かいっ、これ でも三池監督、仲 里依紗チャンにここまでやらせてくれて「ありがとう〜」 作品自体にはあげられないけど、この件については このゼブラクィーンでボンデ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 1日 (火) 22時23分

» ★「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
二作目なのに、「〜2」と入れないのは、「1」があまり知られてないからか?? DVDでは観たけど、ぱっとしないヒーローものだった気が。 まあ、年々芸能界で存在感を増してきた哀川翔のコスプレヒーローものは、まあ見もの。 それより、最近評判のいい仲里依紗のゼブラクイーンの前評判が気になるところ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 03時33分

» 映画:ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- [よしなしごと]
 主演の哀川翔は好きな俳優じゃないむしろどちらかというとキライな俳優。三池崇史監督の作品は観ている間に寝てしまうこともあり、相性が良くない。宮藤官九郎は好きな作品もあるけど、どちらかというと嫌いな作品の方が多い。そして前作のゼブラーマンはどんな話だか知らない。ただ、仲里依紗のセクシーな衣装が見たいだけのためにゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-を観てきました。例によってすでに観てから2週間以上経過していますが。... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 00時58分

» ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(感想199作目) [別館ヒガシ日記]
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲は鑑賞で 結論は前作は観てないがクイーン目当て鑑賞だが 前作を見て無くても十 [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 11時53分

« 私たちの幸せな時間 | トップページ | 通勤地獄 傘は大嫌いだ »