« インクレディブル・ハルク | トップページ | RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 »

2010年5月29日 (土)

パーマネント野ばら

★★★☆

 管野美穂が映画で主演を張ったのは、『Dollsドールズ』以来約8年ぶりである。今年33歳になるというが、まだまだ若くて清楚な美しさも健在だね。
 男運の悪い女ばかりが住んでいる、とある海辺の田舎町。子連れ出戻り女の「なおこ」を演じる管野美穂は、まだ母親というイメージが感じられない。そして怒るでも笑うでもなく、だからといって不機嫌でも鬱でもなく、なんとなくいつもボーっとしているのだ。

Nobara

 実家は、この町唯一の美容院、というより、パーマ屋さんといった雰囲気で、パンチパーマの達人である母親が、一人できりもりしている。この母親役には、夏木マリが扮して、ド迫力のこわもて演技で迫る。
 常連客のおばあちゃん達のエゲツないY談、小池栄子と池脇干鶴が演じるところの、男運の悪い友人たち。このあたりのとぼけたバカバカしい展開は、『純喫茶磯辺』『インスタント沼』などを髣髴させられる。
 だが後半の温泉旅館シーンあたりから、急にシリアスで謎めいた展開に変化してしまうのだ。そして予告編で流れていた公衆電話のシーン。ここでピンときた。そして結未も、やはり思った通りであった。
 この心臓を裏返したようなどんでん返しは、ある意味「夢落ち」のような気もするが、それを差し引いてもなかなか良い味がする。故郷の町を嫌っていたなおこだったが、結局故郷には、彼女を優しく見守る人々で溢れ返っていたということなのだ。
 故郷とは実にありがたいものである。いくら嫌いでも、淋しくてどうしようもなくとも、結局救っとくれるのは故郷しかないのだ。あとになって、じわりじわりと心を包んでくれる。そんな印象的な映画に仕上がっていると思う。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« インクレディブル・ハルク | トップページ | RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 »

コメント

そうなんですよね。なおこが嫌っていた故郷とその人々、でもその人たちこそが一番なおこを理解して、彼女を優しく受け止めていた、その優しさにたまらなく胸打たれました。

投稿: KLY | 2010年5月29日 (土) 22時15分

KLYさんこんにちは
KLYさんもそう感じましたか。とにかくみんな優しい人だらけだったのですね。
管野美穂もなかなか良い女優さんになりましたよね。これから活躍しそうな気配を感じました。

投稿: ケント | 2010年5月31日 (月) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/34937469

この記事へのトラックバック一覧です: パーマネント野ばら:

» パーマネント野ばら [LOVE Cinemas 調布]
『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』の西原理恵子の同名コミックを映画化。ある海辺の寂れた街にある一軒の美容室、そこに集うちょっと変わった女性たちの恋模様をコミカルに描いたドラマだ。主演は8年ぶりとなる菅野美穂。共演に『わた出すわ』の小池栄子、『スイートリトルライズ』の池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介が出演している。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 21時41分

» 「パーマネント野ばら」みた。 [たいむのひとりごと]
西原理恵子原作と言うよりは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など細田守アニメで脚本を担当した奥寺佐渡子さんの脚本だというところに期待して鑑賞。(というか、西原理恵子原作だと知らずに鑑賞していた)... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 23時31分

» パーマネント野ばら [だらだら無気力ブログ]
『いけちゃんとぼく』『女の子ものがたり』と著作が次々と映画化されている 人気漫画家の西原理恵子の同名作品を『クヒオ大佐』の吉田大八監督が、 『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演となる菅野美穂を迎えて映画化。 共演には、江口洋介、夏木マリ、宇崎竜童、池脇千鶴..... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 00時44分

» 「パーマネント野ばら」:木場三丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここから先は、高速道路だ。 {/hiyo_en2/}世の中、高速をスイスイ走るような人生もあれば、凸凹道をノラクラ歩くような人生もあるのよねえ。 {/kaeru_en4/}なに、気取ったこと言ってるんだ? {/hiyo_en2/}いや、凸凹道をノラクラ歩くような女たちが出てくる「パーマネント野ばら」なんていう映画を観ちゃったもんだからさ。 {/kaeru_en4/}ああ、あの映画に出てきた女たちはみんな、お世辞にも高速をスイスイ走るような人生は送ってないもんな。 {/hi... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11時16分

» パーマネント野ばら [そーれりぽーと]
西原理恵子原作+吉田大八監督+菅野美穂主演て! 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を超えるパンチを予感して『パーマネント野ばら』を観てきました。 ★★★★ パンチパーマの下品なおばはん共の巣窟となっている美容院「野ばら」さんがあるのは、とある漁師町。 この町はいい年こいて男のケツを追っかけまわしたり、しょーもない男共に振り回されて負けが込んだ女達の吹き溜まりみたいなところ。 パンチパーマのおばはん達は口も性癖もまんまパンチ強すぎるわ、一見フツーに見える若い娘達も波乱に満ちた人生をおくっている。 ... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 13時21分

» 『パーマネント野ばら』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督:吉田大八原作:西原理恵子脚本:奥寺佐渡子主題歌:さかいゆう出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬鑑賞劇場 : ヒューマントラスト... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 22時03分

» 「パーマネント野ばら」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2010年・日本:ショウゲート配給監督:吉田 大八原作:西原 理恵子脚本:奥寺 佐渡子 西原理恵子の人気コミックを、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、「クヒオ大佐」の吉田大八監督が映画化。主演は北野... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 02時25分

» 『パーマネント野ばら』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ハードパンチャーのオバチャンたち、○んこ、○んこ言うな(笑) 西原理恵子原作のものを観るのは『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』に続きこれが3度目(の正直) これはもちろん菅... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 22時38分

» どんな恋でもないよりはまし?~「パーマネント野ばら」~ [ペパーミントの魔術師]
このタイトルからしてごっつい役で出てくるのかと思いきや 完全に裏方に回ってた夏木マリさん。 個人的には「ピンポン」や「シュガー&スパイス」の あの雰囲気を当てにしていったんですが 見た目のインパクトとはえらい違いで 口悪かろうが、目つききつかろうが 哀しさと優..... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 01時48分

» 「パーマネント野ばら」恋をし続けた先にみた忘れられない恋の残像 [オールマイティにコメンテート]
5月22日公開の映画「パーマネント野ばら」を観賞した。 この映画は高知の田舎町で美容室を営んでいる母親の元に 離婚して戻った娘が男運の悪い者3人同士で繰り広げる 30代の恋のストーリーである。 女同士だから言える事、そして30代になっても恋を忘れられない....... [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 23時30分

» [映画]パーマネント野ばら [余白日記]
一度でも西原作品に触れたことがあれば、恋=ちんこという 明快さもすんなりと受け入れられる。 映画だけを見に来る客に共感を呼べるか、多少不安ながら 女優陣の頑張りが思いのほか好印象。 中でも小池栄子の立ち姿の美しさに惚れ惚れしてしまう。 入れ食いやき!と、ハマ... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 19時07分

» パーマネント野ばら [映画的・絵画的・音楽的]
 同じ原作者の映画『女の子ものがたり』が大変良かったこともあり、また菅野美穂の8年ぶりの主演映画ということもあって、『パーマネント野ばら』をヒューマントラストシネマ・有楽町で見てきました。 (1)余り先入観を持たないように映画を見ようとしたために、映画が始まるまでは、“パーマネント”の意味するところがよく分からないでいたところ、開始早々、これは「パーマ 野ばら」あるいは「美容室 野ばら」なのだとわかった次第です!  それはさておき、主人公のなおこ(菅野美穂)は、離婚して一人娘を連れて高知の田舎町... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 05時48分

» 『パーマネント野ばら』 [シネマな時間に考察を。]
忘れられない記憶の海で、 永遠に続くものをさがしていた。 『パーマネント野ばら』 2010年/日本/100min 監督:吉田大八 出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ 構成の行き届いた作品だった。 ストーリーが予め用意されている原作の映画化というのは... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 17時55分

» 【パーマネント野ばら】をDVD鑑賞! [じゅずじの旦那]
「男の人生は、真夜中のスナックや〜」激しく同意してしまったものです  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ子が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオとは別居中。カズオは別の女性と同居しており、なおこに取り成しを頼んできた。そんななおこは、高校教師のカシマと、誰にも秘密でひ... [続きを読む]

受信: 2011年3月 1日 (火) 18時01分

» 観ました、「パーマネント野ばら」 [オヨヨ千感ヤマト]
吉田大八監督作品なので、なんか人間の滑稽さとか皮肉たっぷりのユーモアとか、「毒な [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 22時48分

» パーマネント野ばら(DVD) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
漫画家・西原理恵子による叙情派作品の最高傑作と評される同名コミックを映画化。美しい自然に囲まれた高知の田舎町を舞台に、大人の女性の恋心を描く。監督は、「腑抜けども、悲 ... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 19時23分

« インクレディブル・ハルク | トップページ | RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 »