« エロス もう一つの過去 | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド3D »

2010年4月17日 (土)

苦い蜜~消えたレコード~

★★★☆

 14枚のビートルズのレコード。その中でも、幻のレコードといわれ、マニアの間では3百万円の値段が付いているという1枚が盗まれた。それと同時に3百万円の現金も盗まれたというのだ。
 この犯人に仕立てられ、1年後に死亡してしまった男がいた。その男の友人を名乗る探偵が、真犯人を探しに事件現場となったバーにやってくる。

Nigai
 その日はマスターの書いた推理小説が新人賞をとれるかもしれないと、事件の関係者を含む14人が偶然顔を合わせることになってしまった。探偵の推理が進むうち、犯人は別に存在するということになり、実はこの14人の中にいるかもしれないという話になる。
 舞台はほとんどが、このバーの中という、ワン・シチュエーションミステリーであるが、観ていて全く飽きがこない。だが出演者が地味な中堅からべテランということと、題材に使われたビートルズや、回想シーンが昭和30年代ということが、現代の若者たちには受け入れ難いのではあるまいか。
 当然観客のほとんどが中高年のおじさんばかり、良い映画ではあるが興行的にはかなり厳しいだろう。しかしこうした映画が世に出るようになったのも、団塊の世代が現役を引退して、映画を観る余裕が出来た証拠である。そういう意味では喜ばしいことだと思う。
 ただせっかくビートルズを題材にしたのだから、もっとビートルズの歌を聞きたかったな。スクリーンに流れた曲は、わずかに「イマジン」だけであったのが残念である。それにしても、良質で気品の漂うミステリー映画だった。映画館で観るより、自宅のソファーでブランデーでも飲みながら、ゆったりと観たい映画かもしれない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« エロス もう一つの過去 | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド3D »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/34270827

この記事へのトラックバック一覧です: 苦い蜜~消えたレコード~:

» 苦い蜜~消えたレコード~ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
劇団御成門の舞台「13通目の手紙」のベースとなっている亀田幸則の著書「苦い蜜」を著者本人が映画化した作品。 ビートルズバーリボルバーのマスター、久保は、処女作が推理小説新人賞候補になり、受賞者の発表の日を迎えています。その日、彼の店には... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日) 00時37分

» 『苦い蜜~消えたレコード~』(2010)/日本 [NiceOne!!]
監督・脚本:亀田幸則出演:金子昇、池上季実子、田中健、中西良太、高橋ひとみ、渋谷琴乃、原幹恵、鎌苅健太、森本タロー、葉月パル、アーサー・ホーランド、住吉晃典、島田順司、... [続きを読む]

受信: 2010年4月18日 (日) 16時22分

» 苦い蜜 [映画的・絵画的・音楽的]
 『苦い蜜〜消えたレコード〜』を、ヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。  ビートルズのレコードを巡る作品だと聞き、最近『ゴールデンスランバー』も見たことだしと思いながら、映画館に出かけてきました。 (1)ですが、ほとんど何の予備知識もなしに映画を見たものですから、そのあまりの演劇仕立ての映画の作り方には、酷く違和感を覚えるばかりでした。  以前『今度は愛妻家』に関して、戯曲の映画化であっても、「セリフの言い回しに新劇独特の臭みさえなければ、問題ないのではと思ってい」ると書いたものの、今回の... [続きを読む]

受信: 2010年5月 4日 (火) 06時37分

« エロス もう一つの過去 | トップページ | アリス・イン・ワンダーランド3D »