« すべて彼女のために | トップページ | 母なる証明 »

2010年3月13日 (土)

ジョゼフィンと魔法のペンダント

★★★

 まさにお子様ランチとしか言いようのないほど、安上がりなデンマークのファンタジー作品であった。オープニングでは、少女ジョゼフィンがタイムマシンで、少年時代のキリストに会い、友達になったとナレーターが告げるのだが…。

ジョゼフィンと魔法のペンダント [DVD] DVD ジョゼフィンと魔法のペンダント [DVD]

販売元:ファインフィルムズ
発売日:2006/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 そしてまた悪魔のタイムマシンを使って、BFのオスカーと一緒に過去の世界へ旅立つ。このタイムマシンは、ただのペンダントで、これを身につけて過去の時代の品物に手を触れると、その品物が存在していた時代に跳んでゆけるという魔法のような代物である。また現代に戻るには、単にペンダントに触れればよいという、非常にシンプルで便利なタイムマシンなのだが三回しか使えないのだ。

 さて果して前作があったのか不明だが、少なくとも本作では、キリストと友人になったという前置きは、全く意味を持たない。それにしても、TVドラマ並の低予算で雑な脚本なのだが、タイムトラべルファンなら、一応タイムパラドクスも設定されているので、そこそこ楽しめるだろう。

 タイムスリップした場所は、オスカーの祖先が住んでいた場所であり、そこで病死したはずの少女を救ってしまうのだ。歴史を改編してしまったために、現代に戻るとオスカーの祖父が生まれていない事になってしまった。当然オスカーも生まれるはずがないので、彼の姿がだんだん消え始めるのだ。ここいらは、完全にバック・トウ・ザ・フィーチャーのパクリだろうね。
 それでもう一度過去に戻るのだが、今度は現代の薬を持ちこんだジョゼフィンが魔女裁判にかけられ、火あぶりの刑に処せられることになってしまうのだ。さてジョゼフィンの運命やいかに…。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« すべて彼女のために | トップページ | 母なる証明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/33754767

この記事へのトラックバック一覧です: ジョゼフィンと魔法のペンダント:

» 『ジョゼフィンと魔法のペンダント』 [浮浪雲のように]
[[attached(1,left)]] {{{: デンマークの夏休み、ボーイフレンドであるオスカーの祖父母の家に遊びに行ったジョゼフィンは、悪魔からタイムトラベルできる力をペンダントに込められる。タイムトラベルするには古いものに願いをかけさえすればいいとのこと。そして、古い箱に入っていた半ズボンに念をこめると、一瞬のうちに、400年以上前の中世の時代に時間移動したのだった。 そこで、半ズボンの持ち主である、オスカーの祖先のピーターという少年と出会い、妹が結核にかかっていることを知る。ジョ..... [続きを読む]

受信: 2010年3月14日 (日) 11時42分

« すべて彼女のために | トップページ | 母なる証明 »