« のだめカンタービレ最終楽章前編 | トップページ | おとうと »

2010年3月 6日 (土)

扉をたたく人

★★★★

 妻を亡くして心を閉ざしている62歳の大学教授ウォルターは、ふとした出来事からジャンべを弾く移民青年タレクと親しくなる。だがある日、地下鉄乗り場で無賃乗車を疑られたタレクが、逮捕されたまま刑務所から出られなくなってしまう。
 実は彼は不法滞在のシリア人だったのである。その後ウォルターは弁護士を雇って、何も悪い事をしていないタレクを釈放しようするのだが、状況は全く好転しないのだった…。

Tobi
 かつては全世界の人たちが自由に闊歩し、夢を与えてくれたアメリ力だが、あの9.11テロ事件以後は、急に外国人に対して厳しくなってしまった。まるで心を閉ざしていた主人公ウォルター同様、態度を硬化して国の扉を固く閉ざしてしまったかのようである。そういう意味でも、原題は「THE VISITOR」であるが、この邦題のほうがぴったりしているね。

 無愛想で嫌味な爺さんが、移民青年と親しくなり、生き甲斐を見出し次弟に心を開くという展開は、イーストウッドの『グラン・トリノ』とそっくりである。ジャンべを通じたタレクとの世代と人種を超えた交流は、とても心温まる展開だった。そうタレクが逮捕されるまでは…。
 逮捕され拘束されたタレクは、不安と苛立ちが交錯し、ジャンべも叩けず、次第に白人であるウォルターとの距離を感じ始める。このあたりからストーリーは、徐々に暗雲が立ち始めるのだ。
 しかしながら、タレクの美しい母モーナの登場で、一気にラブロマンスの香りが漂い始める。このあたりの転換が難しいのだが、ごく自然にストーリーが流れてゆく様は見事だ。二人の中高年は、それぞれ惹かれ合ってゆくものの、激しい感情表現や露骨なラブシーンもない。これが良かったのだろう。そうしないと、この映画は全く違う作品になっていたからである。
 そしてアメリカ映画らしからぬラストも、なかなか渋くて心に残る締めくくり方であった。観た後に、アメリカの現状をいろいろ考えさせられ、また登場人物たちのその後の行動が気になる作品でもある。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« のだめカンタービレ最終楽章前編 | トップページ | おとうと »

コメント

タれクの笑顔、ホントにいい表情でした。実はタレクとウォルターはそんなに長い時間一緒にいた訳ではないのに、偏屈ジジイだったウォルターの心を開いたのはタレクのあの顔でしたよね。
あの顔を見てしまったら、不法滞在が犯罪だと理屈では解っていても、感情が納得出来ないです。

ヒアム・アッバスは『シリアの花嫁』同様、とても素敵でした。イスラエル出身でパレスチナ紛争を肌で感じて育った彼女だけに、芯の強い女性の役がぴったりでした。^^

投稿: KLY | 2010年3月 6日 (土) 18時07分

初めまして、東京在住のNARCYと申します。
現在、映画サイトを勉強中です。こちらはすごい情報量ですね。参考にさせて頂きます。

最近、オムニバス映画のサイトを開きました。もしよろしければご覧頂き、感想などをお聞かせ下さい。

オムニバス映画ワールド
http://web.me.com/omnibusworld

アクセスお待ちします。
宜しくお願いします。

投稿: NARCY | 2010年3月 6日 (土) 19時06分

映画とは関係ないのですが、SFの愛読書というのが右端に載っていまして、懐かしく拝見しました。

投稿: kikuy1113 | 2010年3月 7日 (日) 12時27分

NARCYさん、ご訪問ありがとうございました。
さっそくお伺いしますね。

投稿: ケント | 2010年3月 7日 (日) 21時26分

kikuy1113 さん
懐かしいのは「夏への扉 」、「 幼年期の終り」
「 マイナス・ゼロ」でしょうか?
もしブログをお持ちならご紹介ください。

投稿: ケント | 2010年3月 7日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/33656779

この記事へのトラックバック一覧です: 扉をたたく人:

» 『扉をたたく人』 [ラムの大通り]
(原題:The Visitor) ----これも2009年アカデミー賞絡みの映画。 リチャード・ジェンキンスが主演男優賞にノミネートなんでしょ。 この人、顔はよく見るけど、 あまり知らなかったニャあ。 「うん。でもだからこそ、 監督は彼を選んだらしいよ。 いかにもスター然としていないところがいいんだろうね。 日本で言ったら誰だろう? 有名になる前の笹野高史あたりかなあ。 しかし、これはほんとうに彼の演技で観る映画だね。 結論から言っちゃうけど、 静かに静かに感情を秘め、 それが爆発するクライマッ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 17時35分

» 扉をたたく人 [LOVE Cinemas 調布]
初老の大学教授と不法滞在の移民青年との心の交流を描いた作品。監督は俳優のトム・マッカーシーで長編はこれが2作目。主演は本作でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのリチャード・ジェンキンス。共演は名作『シリアの花嫁』のヒアム・アッバス。予告編の時から『シリアの花嫁』での演技が忘れられないヒアムを観たくて鑑賞を決めていた作品です。... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 17時57分

» 扉をたたく人◇◆the Visitor [銅版画制作の日々]
8月22日から、京都シネマにて公開されました! 最近こういうかたちでのヒットが多いですね。本国アメリカでの封切時の上映館はわずか4館だったそうです。鑑賞した人たちの感動が口コミで広がり、何と最終的に270館に拡大したという本作。観ないわけにはいきませんよね。ということで、早速観てきました。 主役を演じるのはこれまで脇役として多くの作品に出演してきたリチャード・ジェンキンス。そう言えば、最近観たコーエン兄弟監督作品「バーンアフターリーディング」ではリンダの上司テッド役で登場していた方。思いだしまし... [続きを読む]

受信: 2010年3月 6日 (土) 19時59分

» 扉をたたく人 [MOMOCINEMA]
扉をたたく人 [DVD] またお気に入りの映画が1つできました! ニューヨークで出会った不法滞在の移民青年と妻に先立たれた孤独な老教授の交流を描いています。出会いは主人公のウォルターが久しぶりにやってきた自分のニューヨークのアパートにて、勝手に住み込んでいた移民カップルと鉢合わせした事からです。当然出て行こうとするカップルでしたがウォルターは行くあての無さそうな二人を見かねて新しい住処を見つけるまで泊めることにするのです。その後一緒に生活をしていく間に移民青年のタレクが叩くジャンベに興味... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 17時00分

» 『扉をたたく人』'07・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ愛する妻に先立たれ、全てに心を閉ざし、無気力な毎日を送っている大学教授のウォルター(R・ジェンキンス)。ある日、ニューヨークで移民青年タレクと予期せぬ出会いを果たす... [続きを読む]

受信: 2010年5月28日 (金) 22時59分

« のだめカンタービレ最終楽章前編 | トップページ | おとうと »