« 通勤地獄 甘やかし送迎 | トップページ | ボーイズ・オン・ザ・ラン »

2010年1月31日 (日)

ラブリーボーン

★★★

 とにかく嫌になるほど長~いエンディングクレジットだ。時間を測っていた訳ではないので、正確な時間は不明であるが、体感的には15分以上に感じられた。
 最近の映画はやたらエンディングクレジットが長い。それでもクレジットと同時に、感動的な映像や心に染みわたるような音楽を流してくれるなどの配慮があれば許せる。ところがこの作品の場合は、ただ延々と英文字がスクロールするだけなので、だんだんストレスが溜まってくるのだ。

       Lovely

 それならさっさと席を立てばよいのだが、最近はクレジットと同時にストーリーの続きが流れたり、ラストに次回予告がなされるので油断がならない。また場内が真っ暗なので、足元がおぼつかない。せめてエンディングクレジットが流れ始めたら、薄明かりの照明に切り替えて欲しいものである。エンディングクレジットに対する不満ばかりが先行してしまったが、逆に言えばせっかく良い作品を作っても、締めの印象が悪いと全てブチ壊しになる可能性があるということを言いたいのだ。
 さてエンディングクレジットを除いたところで、この作品の評価はどうだろうか。ファンタジーとミステリーをブレンドさせたチャレンジ精神は大いに評価したいが、その光と闇の棲み分け方が余り巧くないね。
 過去には、コメディーとファンタジーを融合させた作品は多い。 それは多分コメディーとファンタジーの相性が良いからではないだろうか。この作品の背景にある『猟期的な連続少女殺人』は、ドロドロしたイメージがあり過ぎて、天国の美しいシーンとは全くなじまない。せめて死後の世界は、暗闇のままにしておいたほうが良かったのではないだろうか。
 さらには、あのたくましい不良おばあちゃんの存在も、この作品には不要であるし、トウモロコシ畑でのパパのドジな行動も納得出来ない。また二人でやっと転がすことが出来る重い金庫を、どうやって犯人一人で車に積んだのだろうか。
 決してあげ足とりや、突っ込みを入れたい訳ではない。ミステリアスな作品なのだから、もっと綿密な脚本作りを心掛けてもらいたいし、水を差すような展開は避けて欲しかったのだ。この作品の唯一の枚いは、殺された少女を演じたシアーシャ・ローナンの存在感であろう。つぐない』のときにも感じたが彼女の持つ雰囲気と容貌は、すでに大女優の趣きが感じられる。とにかく今後注目すべき女優が増えたことは、実に喜ばしい限りである。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 通勤地獄 甘やかし送迎 | トップページ | ボーイズ・オン・ザ・ラン »

コメント

そうですね。突っ込みを入れるというより、それぞれの登場人物の劇中での役割、即ちどうして登場してるのかが一部を除いて希薄だったと思うんです。
しかしシアーシャちゃんはいいですねぇ。同じ世代にダコタちゃんや、アビゲイルちゃんがいますけど、彼女たちとはまた違った雰囲気のある女優さんです。この3人は10年後には間違いなくハリウッドを背負ってたつ女優になっているでしょうね。^^

投稿: KLY | 2010年1月31日 (日) 22時24分

KLYさんコメントありがとう
そう劇中での役割が希薄というのは同感ですね。そう言えばあの霊感少女は、ラストキスのためにだけ存在した感じでした。最初に思わせぶりな登場をしたので、彼女が霊媒になって家族を救う役割なのかと思い込んでいました。
僕もダコタちゃんや、アビゲイルちゃんにも期待していますが、なんといってもシアーシャちゃんの器の大きさは計り知れない感があります。

投稿: ケント | 2010年2月 3日 (水) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/33191313

この記事へのトラックバック一覧です: ラブリーボーン:

» ラブリーボーン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
2010年最初の感動大作―観て来ました〜【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは―     監督 : ピーター・ジャクソン 『ロード・オブ・ザ・リング』     製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ     【comment】            ... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 17時40分

» ラブリーボーン [LOVE Cinemas 調布]
アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家族双方の再生を描いたファンタジードラマだ。出演は『つぐない』のシアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 20時51分

» ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・ザ・リング」の監督、ピーター・ジャクソン最新作! 先日行われた試写にて鑑賞☆公開は今月末。 14歳の少女、スージーには「つぐない」でキーラ・ナイトレイよりも主演じゃ?ってほどの演技でアカデミー賞、 助演女優賞ノミネートされインパクトを残したシアーシャ・ローナン。 全世界30か国以上で1,00... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 22時15分

» ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞) [映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:200...... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 23時44分

» ラブリーボーン 心残りがそこか〜=( ・_・;)⇒ アレ? [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 1000人以上の組合員、なかなか全員は覚えられないが、御遺影を拝見して「あ!」、ご冥福をお祈りします、ありがとうございました。  スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。ス... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 23時52分

» 「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。これで期待するなって方がムリでしょ?おまけに宣伝であれだけ『泣ける!』って煽られたらね~。  スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は14歳。父・ジャック(マーク・ウォールバーグ)、母・アビゲイル(レイチェル・ワイズ)、妹、弟の4人家族で仲良く幸せに暮らしていた。或る日... [続きを読む]

受信: 2010年1月31日 (日) 23時56分

» [映画『ラブリーボーン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸せになっていて欲しいと思い、このような物語を想った。  しかし、どう考えても、それは厳しい展開にならざるを得ないと、私は端っから諦めるのだった。  展開上、「事件」を経なければならなかったからだ。  そして、今回、P・ジャクソンは、リアルに... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 03時54分

» 「ラブリーボーン」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ラブリーボーン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン、他 *監督:ピーター・ジャクソン 感想・評..... [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 10時58分

» ラブリーボーン [風に吹かれて]
骨はどこ公式サイト http://www.lovelyb.jp同名小説(アリス・シーポルト著)の映画化監督: ピーター・ジャクソンスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)、14歳。両親(マーク・ウォ [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 15時40分

» 「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。 [MOVIE レビュー]
1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少女が天国へ行くのですが、残された家族の嘆き悲しむ姿を見て、何とか地上に留まって家族を救おうとする。単なる殺人事件の犯人探しだけの、今までのこの手の映画のストーリー展開とはちょっと趣が違う、ファンタジーを取り入れたクライムサスペンスになっているみたいです。ちょっとヘビーな内容かも知れません。 (この映画... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 16時28分

» ラブリーボーン [★ Shaberiba ]
こんなことあってはならない・・ [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 01時28分

» ラブリーボーン [ゴリラも寄り道]
<ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 13時17分

» ラブリーボーン [だらだら無気力ブログ]
nbsp; 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様を 見守りつづけていく姿をファンタジックに描く。夫婦仲が円満な両親と..... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 23時29分

» ★「ラブリーボーン」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 02時05分

» ラブリーボーン(試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男ジョージ・ハーヴェイ(スタンリー・トゥッチ)に呼び止められ、そのまま殺されてしまった..... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 14時50分

» ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES [銅版画制作の日々]
ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。いきなり14歳の主人公の少女が殺害されたところから始まる不思議な物語。同名小説「ラブリーボーン」の映画化。何と世界30カ国以上で1000万部以上売上げ、出版界に一大センセーションを巻き起こした驚異のベストセラー。 監督ピーター・ジャクソンが原作と出会ったの... [続きを読む]

受信: 2010年2月 4日 (木) 23時56分

» 家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』 [水曜日のシネマ日記]
14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 22時17分

» 「ラブリーボーン」胸に迫る想い [ノルウェー暮らし・イン・London]
今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・ [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 09時16分

» 【映画】ラブリーボーン [新!やさぐれ日記]
▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。 ▼コメント 多分、かなり辻褄の合ってない映画だと思う。 色々な見方ができる映... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 22時20分

» 『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド [NiceOne!!]
原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ、シアーシャ・ローナン試写会場 : よみうりホール公式サイトはこち...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 23時59分

» 「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー [soramove]
「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメリカ,パラマウント (原題:THE LOVELY BONES)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「スージーは14歳で近所に住む男に殺害された、 この世とあの世の中間の天上から まだ終... [続きを読む]

受信: 2010年2月12日 (金) 07時51分

» 「ラブリーボーン」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んでいた」というオチの作品は多々あるが、殺された側から...... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 18時55分

» ラブリーボーン [映画、言いたい放題!]
話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されてしまう。 父は犯人捜しに明け暮れ、 母は愛娘を失った苦みに耐えき... [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 15時48分

» 『ラブリーボーン』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソンが全世界に贈る、渾身の感動作 [続きを読む]

受信: 2010年2月23日 (火) 23時21分

» 映画:ラブリーボーン [よしなしごと]
 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 23時47分

» ラブリーボーン (The Lovely Bones) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが、個人的には死刑制度に反対していない私。もちろん、“犯罪抑止力…... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時21分

» 【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛) [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/}を観ました…で、夕方に食料品の買い出し{/silver/}…以上{/face_ase2/} …折角の休みなのにねぇ{/face_ase2/} 本当は散髪{/m_0056/}に行きたかったんだ... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 01時04分

» 『ラブリーボーン』 [『映画な日々』 cinema-days]
ラブリーボーン 隣家の男に殺された14歳の少女が 天国と現世の狭間に留まり、 家族の行く末を見守る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:アリス・シーボルド 『ラブリー・ボーン』... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 02時20分

« 通勤地獄 甘やかし送迎 | トップページ | ボーイズ・オン・ザ・ラン »