« 彼岸島 | トップページ | マジカル・ドロップス »

2010年1月20日 (水)

子ども手当は考え直せないのか

 民主党の「子ども手当」の評判がすこぶる悪い。子ども手当をもらえる状況にある人でさえ、良識を持った大人ならば、この制度にかなり否定的である。マニフェストに忠実な姿勢は悪くはないが、もっと世相を反映した柔軟な対応をしてもらいたい。

    Img_2661

 「子ども手当」とはご存知の通り、子供一人につき年間約31万円が中学校を卒業するまで支給される制度である。そしてこのこども手当が完全支給されると、年間支給総額は、実になんと5兆3千億円になるという。この5兆円超という金額は、余りにも巨額でピンとこない人がいるかもしれない。
 東京~大阪間のリニアモーターカーの総工費が約9兆円だから、子ども手当2年分でリニアの総工費を払っても、十分おつりがくる計算になる。また大騒ぎしたあの「八ッ場ダム」の総工費など、たかだか4600億円で、子ども手当の1カ月分という僅かな金額に成り下がってしまうのだ。なんと恐ろしいことか。きっとどこかで、国民全員に巨大なツケが回ってくるに違いない。

 またこの子ども手当には、所得制限もなく、ただお金をバラまくだけなので、約6割の親が当面貯金をしておこうと考えているらしい。これでは批判が続出した麻生太郎の定額給付金同様、さっぱりありがたみも沸かず、雇用促進にも繋がらず経済効果も薄いまま終わることだろう。

 バラまくだけなら誰でも出来る。それにしても本来優秀なはずの政治家センセイ達が、揃いも揃って無策無能なこの国の状況には、改めて呆れ果ててしまうよね。
 バラまきからは何も生まれない。生まれるのは甘えとエゴだけである。こんな安易な政策は早く撤回し、保育園や介護施設の増設、りっぱな教師や人徳医師などの増員、現代教育の抜本的改革など、本来的にやらねばならぬ政策は山積みのはずだ。

 私も民主党に一票投じた一人であるが、こんな無駄な政策を無理やり実行させるために投票したわけではない。これでは何もしなかった自民党のほうがマシだった、ということにもなりかねない。
 いずれにせよ、民主党でも自民党でもなく、人気とりでも私利私欲でもない。この国の未来を真剣に考え、かつ多くの国民の考えを真摯に受けとめ、またタイミングよく国際情勢に対処出来る傑物たちが集まって、この国の新しい政治を司ってくれる日が来ることを祈ってやまない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 彼岸島 | トップページ | マジカル・ドロップス »

コメント

ケントさんこんにちは。
ホントそうですね。
"ばらまき"以外の何物でもありません!
...が、そのかわり年間38万円の扶養控除がなくなるんじゃなかったかな?ぁれ?違ったかな?
かくいう僕も中学生の子供がいるので県立高校無償化が魅力で民主党に投票したひとりですが...。
教育に金がかかるから少子化なんだと思います。
そして未来に希望がないから出生率低下なんだと思います。
またまた悪政スパイラル。
小沢がどうのとか政局がもたついてる場合ではないのに苛々きますね。

投稿: motti | 2010年1月21日 (木) 12時45分

mottiさんコメントありがとう
扶養控除はなくなりますね。
高速道路や高校無料化はバラマキではないので、許容出来ますが、お金のバラマキは、貰うほうが何に使うか判らないからダメなんですね。
ホントにこの国に夢のある未来を創ろうとする政治家はなんにんいるのでしょうか。そして夢とは、金や名誉ではない別の夢にしてもらいたいですね。

投稿: ケント | 2010年1月21日 (木) 20時37分

ケントさんご無沙汰です。LondonにおりますKuroです。

日本非居住者になり下がっているおかげで、こども手当には縁がありません。私も民主党に1票投じましたが、本件は国の財政を熟慮したうえの行動なのか、疑問です。

チャウチェスクの孤児(だったと曖昧に記憶しています)のように、無差別に子供に多額の税金を投入すると、20~30年のスパンで考えた場合、政権が変わると、かえって子供のいる家庭がリスクを背負うのではないか?と私は危惧します。だから前述の孤児が生まれたと理解しております。

もっとも貯蓄に回るのであれば、家庭のリスクは大きくないでしょうが。

また連絡しますね。

投稿: Kuro | 2010年1月22日 (金) 04時35分

Kuroさんこんにちは、ご無沙汰です。ロンドンは寒いでしょうね。
そういえばKuroさんところも日本にいれば「こども手当」がもらえるわけですね。
「チャウチェスクの孤児」の話はよく知りませんが興味深いですね。

投稿: ケント | 2010年1月22日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/33059640

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当は考え直せないのか:

« 彼岸島 | トップページ | マジカル・ドロップス »