« 総合格闘技もそろそろですね | トップページ | ブラック会社に勤めてるんだが »

2009年12月 9日 (水)

運命じゃない人

★★★★☆

 2005年カンヌ国際映画祭評論家週間で4賞を受賞した話題作。だが自主製作映画という趣きの低予算作品で、無名の俳優と僅かな映画館での上映に限定されていたため、DVD化されるまでは、ほとんどその存在さえ知らなかった。話の内容は、どこにでもいる平凡なサラリーマンの一晩の体験という、シンプルな異色コメディーだ。

運命じゃない人 [DVD] DVD 運命じゃない人 [DVD]

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 ところが、ところがである。これがとてつもなく面白かったのだ!。男に捨てられた女、女に逃げられた男、探偵をしている親友、逃げた女の愛人であるヤクザの組長、そして逃げた女。この5人それぞれの視点でストーリーは時間を遡ったり、パラレルに進んだりしながら、がっちりと一つの輪のように繋がってゆく。
 この異なった視点とフラッシュバックによって、それまで謎めいていた事象が少しずつ解明されゆくのだ。玉手箱を開けたようなその道筋が楽しいし、それまでの恐怖感が苦笑に変わって、一人ほっとしたりする。
 なんと素晴しいアイデアと脚本力ではないか!。低予算でもこれだけの作品が創れるのだから、やはり映画は金だけじゃないということを再認識させられた。
 それからラストは、エンディングクレジットが終わるまでしっかり観よう。いかにも終了したかのような仮エンドがあり、そのあとに気になっていたシーンが入るからだ。 この本当のラストシーンは、たぶん賛否両論で、評価が真二つに別れるだろう。僕的には良かったのではと思う。
 というのも、あのラストシーンの彼女の行動は、二つの理由が考えられるからである。具体的に言うとネタバレになるので、はっきり書けないのが辛いのだが、是非DVDを観て確認して欲しい。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 総合格闘技もそろそろですね | トップページ | ブラック会社に勤めてるんだが »

コメント

こんにちはーTB&コメントありがとうございます!

面白かったですよね!!
本当に脚本が見事としかいえませんね。最初はあまり起伏のない普通の話だったのが、次はミステリっぽく次はコミカルに・・と視点が変わるとこんなにも違うというのが浮彫りになって、これは大満足でした。

エンドロール後のラストは・・・
私はハッピーなおまけだと思っています♪

投稿: hito | 2009年12月 9日 (水) 12時33分

こんばんは
hitoさんも大満足の作品でしたね。
ラストシーンはハッピーですか、僕もそうありたいと思っていました。つまりお札の中身を見ていないということですよね。

投稿: ケント | 2009年12月 9日 (水) 21時24分

この作品、私も大のお気に入りで、すぐ人に勧めちゃいますよ。
映像や役者も大事ですが、やはり、根底のストーリーがしっかりしてないと面白くないですからね。
しっかりした脚本があれば、低予算でも十分観れるものが作れるといういい見本だと思います。

投稿: しょーすけ | 2009年12月11日 (金) 20時25分

しょーすけさんコメントありがとう
しょーすけさんもこの映画、お気に入りですか。
低予算でも脚本とアイデア次第で素晴らしい映画を創れますよね。そういう意味では「サマータイムマシンブルース」も同じような名作ですよね。

投稿: ケント | 2009年12月12日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/32543626

この記事へのトラックバック一覧です: 運命じゃない人:

» ≪運命じゃない人≫ [日々のつぶやき]
監督:内田けんじ 出演:中村靖日、霧島れいか、山下規介、山中聡、坂谷由夏 「マンションを購入した矢先、恋人に振られ出て行かれたばかりの宮田は、親友の神田から話があると呼び出されレストランに向かった。そこで神田が元彼女のあゆみのことを忘れろとナンパ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 12時31分

» 運命じゃない人 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年9月19日(土) レンタルDVD 運命じゃない人 [DVD]出版社/メーカー: エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズメディア: DVD 『運命じゃない人』公式サイト 最近増えてきた時間軸弄り映画。 本作、公開当時も評判は良かったが、ユーロスペースの上映で、当時会員でもなかったので、スルーしてしまった。タイトル辺だし。スタッフ、キャスト地味(無名)だし。 同じ内田けんじの「アフタースクール」より面白いとの評判で、ようやく拝見。 最初の宮田のグダグダなパートは、どうな... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 16時01分

» 映画「運命じゃない人」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ユーロスペースのように狭くて小さい映画館は席によって、アタック25のパネル状態だ。今年のカンヌで脚本賞を受賞し、評判も悪くはなかったこの映画。ある夜の出来事に関わる5人の人々、その同じ夜の同じ舞台なのだが、時間を戻して、また別の人の視点で、まるで別... [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 00時15分

» ■運命じゃない人〜DVD鑑賞 [AKATUKI DESIGN ]
DVDで見た映画のことはあまりblogには書かないんですけど・・・ ちょっと興味深い作品だったので自分のメモ的に紹介しておきます。 「運命じゃない人」は内田けんじ監督のデビュー作で、2005年のカンヌに出展。 ブルーリボン賞や横浜映画祭で新人賞などいろいろ受賞暦がああリます。 じつは、僕も余り注目していなかったんですけど、隣人?の姉が借りたDVDを返却前にお借りして見る事になったんですね。 --- 映画のストーリーはなかなか文章で伝えづらいのですが、解りやすく言うと複数の主人公の時間軸が交錯... [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 17時07分

» 【DVD】運命じゃない人 [新!やさぐれ日記]
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 「アフタースクール」が面白かったので ▼感想 面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 典型的ないい人・宮田(中村靖日)をはがゆく思っていた私立探偵の神田(山中聡)は、いつまでも前の彼女のことを引きずっている宮田のために、レストランで1人で寂しそうに食事をしている女性(霧島れいか)をナンパする。 ▼コメント 映画「アフタースクール」の内田けんじ監督作品。 というだけの予備知識でTSUTAYA DISCASに1位登録... [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 22時15分

« 総合格闘技もそろそろですね | トップページ | ブラック会社に勤めてるんだが »