« ゼロの焦点 | トップページ | 熱海への温泉と紅葉の旅 »

2009年11月26日 (木)

2012

★★★☆

 マヤ暦終末説によると、2012年12月21日に惑星直列と太陽フレアの影響で地球の温度が異常に上昇し、地震・津波などの大規模な地核変動が起こり、地球は終末を迎えるという。これは過去に何度も起きていて、水没したアトランティス大陸もその一例だというのだ。
 この作品では、その2012年に起こる地球終末の日を生き抜こうと、必死で自然に立ち向かう人類の姿を描く。ほとんどCGで創りあげたとはいえ、ともかくいまだかつてない程、もの凄い映像のオンパレードなのである。
 火山の爆発、地割れ、モスクの崩壊、ロサンゼルスの消滅、そしてチベットまでも水没し、北極と南極が入れ替わってしまう。こうなったら地上の人類は誰も生き残れるはずがない。

        2012

 ところがこの事態を数年前に予測したアメリカ政府は、世界の主要国と共同で『方舟』を創るのである。そう、『鋼鉄製ノアの方舟』で人や動物を守ろうと、極秘特別プロジェクトが発動するのだ。

 あらましだけをまとめると、神がかりで壮大な展開なのだが、ストーリーの狂言回しが、離婚した売れない作家という設定がいただけない。どちらかというとコミカルムードなこの男が、別れた女房と子供たちを助けようと、ドタバタアクションを繰り返す。このギリギリ・ドタバタアクションは、まるでインディ・ジョーンズ、ハムナプトラなどの冒険アドベンチャーそのもので、パニック映画としては場違いな異臭を感じた。
 そしてこの男は、あちらにピョンこちらにピョンと、なかなかしぶといというか運が良過ぎるのだ。そして散々仲間に助けられた挙句、助けた仲間は死んでしまい、自分は家族を取り戻すという、人をバカにしたスーパーラッキーマンぶりに腹が立ってくる。
 また黒人地質学者にいたっては、正義ぶるのはいいが、だからといって、自分の乗船権利を譲るわけではなく、しまいには大統領の娘をものにしちゃうのだからたちが悪いよね。いつもながらの事だが、どうしてアメリカ人は父と息子の絆とか、自分にだけ都合のよい正義を振りかざすのだろうか。

2012マヤ・カレンダーの秘密 [DVD] DVD 2012マヤ・カレンダーの秘密 [DVD]

販売元:ビデオメーカー
発売日:2009/11/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いろいろ突っ込み所の多い作品ではあるが、とにかく史上最大規模のVFX技術にだけは脱帽するしかない。もしこの映画を観るならば、決してDVDで観てはいけない。やはり劇場の大画面と7.1chの大迫力音響設備が必須でなのである。
 破格の製作費2億ドルにも驚くが、それ以上に、その製作費をわずか3日間の興行収入で回收したという、ハリウッドの圧倒的キャパには土下座するしかないね。
 それにしても2012年12月といえば、あと3年後に迫っているじゃないか。また書店には2012年関連の書籍が山積みだし、来年には『アルマゲドン』のマイケルべイ監督、2012 : The War for the Souls』の上映も予定されている。
 『ノストラダムスの大予言』にはだまされたが、2012年はもう少し科学的だし、もしかすると今度こそ本当に地球壊滅の日がやってくるかもしれない。…そんな気弱な人々をパニックから救うためか、NASAが2012年地球滅亡説を否定するという異例の声明を発表しているという。こんなことを聞くと、逆にアメリカ政府は既に2012年に地球が滅亡することを知っていて、あわてて否定しているのではないかと勘ぐってしまうよな。
 だが某宇宙物理学者によると、惑星直立や太陽フレアよリも、巨大隕石落下による地球壊滅のほうが現実的であるという。そして2036年4月13日に、アポシスという小惑星がカムチャッカ半島に落下する。そうすると少なくとも日本列島の太平洋側は完璧に壊滅するらしい。なんだかこちらの説のほうが恐ろしくなってきたが、もしその時も生きていたら諦めるしかないね。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ゼロの焦点 | トップページ | 熱海への温泉と紅葉の旅 »

コメント

こんばんは。コメントありがとうございます。
あの黒人地質学者!私も他のブロガーさんが書いているのを読んでハタと気付いたんですが、何となく雰囲気的に彼のおかげで死んでしまう大勢の人を救えたという流れになってるじゃないですか。でも冷静に考えると、あそこにいた人たちって一人10億ユーロはらった人たちなんですよね。つまり、名もなき一般庶民を救った訳でもなんでもなく、元々乗れるはずが、1台故障で乗れなくなった分を乗せただけなんですな。なんだかなーって感じです…。

投稿: KLY | 2009年11月26日 (木) 23時01分

こんばんは★
ケントさんコメTBありがとう♪

これ、、、いくらエメリッヒが真面目な作品つくらないっていったって
メジャーな有名監督なんだからきっちりした脚本書いて欲しいですよね
観る人馬鹿にしてますよね(笑)

昔のパニック映画ならともかく2009年ですからね、もっとましな脚本書いてほしかったです
(超辛口happy01

投稿: mig | 2009年11月27日 (金) 00時12分

隕石のほうが現実味がありますね。
恐竜が絶滅のときは、隕石の衝突と言われているので。
そのときは人間もほとんど絶滅でしょう。
なんでも衝突のとき、地球上の大気に粉塵が舞い、
太陽光が遮断され。食物がなくなるらしいと。
そんな映画も作って欲しいです。( ̄▽ ̄)

投稿: v740gle | 2009年11月29日 (日) 12時00分

KLYさんこんにちは
>名もなき一般庶民を救った訳でもなんでもなく
おっしゃる通りです。そもそも貧乏人はあそこに入れないどころか、所在さえ知りませんからね。
残念ですが、僕にはあの黒人博士は、どうしても偽善者にしか見えませんでしたよ。

投稿: ケント | 2009年12月 2日 (水) 16時52分

migさんこんにちは
それにしても、あれだけ金をかけてコミカルな映画を創ってしまうエメリッヒは、ある意味では凄いのかも・・・。それに結果としては、莫大な興行収益をあげている訳ですからね。
いまどきは面白おかしい要素があるほうがウケル時代なのでしょうか。そう言う意味では、彼は監督と言うより実業家なのかもしれませんな。

投稿: ケント | 2009年12月 2日 (水) 16時57分

v740gleさんこんにちは
実は隕石論もNASAに反論されているのですが、衝突するかしないかは微妙なところで、衝突するほど間近に近づくことだけは誰も否定していませんね。あとは誰にも予想できませんね。
>太陽光が遮断され。食物がなくなるらしい
映画ではなく、手塚治虫か藤子不二雄のマンガで読んだことがあるような気がしますね。

投稿: ケント | 2009年12月 2日 (水) 17時02分

こんにちは。
お久しぶりです。
最近忙しくて、こちらに伺うことができなかったので、今日は、じっくりいろいろ最近の記事を読んでいます。

この作品、VFXは素晴らしかったですよね。
ただ、それだけの作品でした。
正直言うと、ギリギリで助かるが続きすぎて、飽きてしまったわけですが・・・
まぁ、そんな映画ですよね。

投稿: | 2009年12月 6日 (日) 07時30分

亮さんこんにちは
だんだん寒くなりますね。
この類のハリウッド作品は、大体が「地球滅亡」と「家族愛」というマクロとミクロの組み合わせが多いのですが、まさにこの映画も同じでしたね。
ただ主人公が余りにもコミカルでラッキーマン過ぎるので、せっかくあれほど金をかけて物凄いVFXを創っても、恐怖感も湧かなければ感情移入も出来ませんでした。
もったいないのがハリウッドの特徴でしょうか。この無駄遣いの1%でも邦画の予算に恵んで欲しいですね。(苦笑)

投稿: ケント | 2009年12月 6日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/32370921

この記事へのトラックバック一覧です: 2012:

» 2012 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きですだから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜【story】イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男から“地球の滅亡”が間近に迫っていること、更に、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手していると知らされる。ほどなくしてロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し、それは世界中へと... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 17時33分

» 「2012」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; 迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…という感じかもしれません。とはいえ、やはり画面の迫力はすごかった…!!細に入って作り込まれたCGはどこを見ても驚くばかり。関わったスタッフの方々の仕事の細かさに感動を覚えました。また、主演がジョン・キューザックというのも私にとっては注... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 17時47分

» 「2012」みた。 [たいむのひとりごと]
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 18時16分

» 2012 [小部屋日記]
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は変わるー。 「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が手がけるディザスター・ムービー。 古代マヤ文明の暦が終わる日、2012年12月23日に人類は滅亡してしまうのか? スペクタ... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 20時56分

» 2012 地球ボコボコ [労組書記長社労士のブログ]
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コラーゲン濃縮なチャーシュウ、澄んだスープに香り濃厚ながらさっぱり豚骨味、それらが控えめながら絶妙なバランスを保ち一つのラーメンにちゃんとなっている。 美味しくて気に入ったが、さらに気に入ったのが、トッピング自由だよって各テーブルに置いてあ... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 21時56分

» 『2012』 [ラムの大通り]
※かなり辛口です。ごめんなさい。{/dogeza/} (原題:2012) -----昨日の夜は、 『2012』の大試写会が新宿ミラノで開催されたんだよね。 「超」がつく大作ということで、勇んで行ったはずなのに、 なぜか口が重たそうだニャあ…。 確かこれは、マヤ文明が予言したとかいう、 「2012年に世界は終わりを迎える」に基づいたお話でしょ。 予告ひとつとっても、 これまでのディザスター映画の比じゃない映像がいっぱい。 でも、なんで、ここまで地球がめちゃくちゃになっちゃうの? 「それはね、こうい... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 22時22分

» 2012 [LOVE Cinemas 調布]
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演している。2012年12月21日に人類が滅亡するというマヤ暦の終末説を元に、地球滅亡の様子を描いた一大スペクタクルだ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 22時25分

» ★「2012」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。... [続きを読む]

受信: 2009年11月26日 (木) 23時59分

» 2012/ 2012 [我想一個人映画美的女人blog]
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナイけど似たようなサディスターものとしては ミミ・レダーの「ディープ・インパクト」ダメだったから期待もしてなかったけど 今回もちょっとヤな予感したのよね、、、 随分前から宣伝してる、エメリッヒの新作の割に 渋谷ではわ... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 00時03分

» 2012 [そーれりぽーと]
派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同じく人類の終末を描いた映画でムカつく内容だったけど、今回は好印象。 VFX映像を使ったディザスタームービーの先駆者だけあって、観客にウケる演出は心得てはる。 未曾有を超えた大災害、つか災害レベルじゃない映像はどれも怖すぎて必見! ローランド・エメリッヒと言えば派手なだけで中身がイマイチな映画も多いけど... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 00時31分

» 「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。古代マヤ文明の予言~“2012年世界終末説”~を題材に、お約束の“超トンでも映像”が、スクリーン越しに我々を襲ってきます。しっかし、このカントク一体何回地球(人類)を滅亡の危機に直面させれば気が済むのでしょうか? ... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 00時44分

» 「2012」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「2012」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン・..... [続きを読む]

受信: 2009年11月27日 (金) 13時55分

» 映画2012 もう一度観たい映画に1票! [ぱるぷんて海の家]
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃にはポ....... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 00時03分

» 2012☆独り言 [黒猫のうたた寝]
2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』を試写会同行させていただいて鑑賞してきました。ちなみにジョン・キュ... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 00時12分

» 『2012』 [だらだら無気力ブログ]
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもなく襲..... [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 01時35分

» 2012 [りらの感想日記♪]
【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ [続きを読む]

受信: 2009年11月28日 (土) 18時39分

» 2 0 1 2 [★ Shaberiba ]
ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力! [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 17時05分

» 映画:2012 [よしなしごと]
 前回が超単館系のマイナー映画だったので今回は超有名どころで。ローランド・エメリッヒ監督のパニックムービー2012を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 05時08分

» [映画『2012』を観た(幼女万歳!)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、「悪いエメリッヒ」であった。  ・・・では、「いいエメリッヒ」とはいかなるものか?  彼は、大規模破壊作品専属の監督である。  ・・・これは、松竹専属女優や宇宙企画専属女優、ソフト・オン・デマンド専属女優と同義である^^;    ◇ ... [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 22時40分

» 『2012』 [purebreath★マリーの映画館]
     2012年 マヤの予言通り、世界は終わる。『2012』監督・脚本・製作総指揮・・・ローランド・エメリッヒ製作・脚本・音楽・・・ハラルド・クローサー出演・・・ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月 1日 (火) 22時32分

» 2012 [Movies 1-800]
2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族の脱出行を描くディザスター・ムービー。 基本的なストーリーは「ディープ・インパクト」と同じだが、本作の見所は、世界が崩壊していく様子の描写に尽きるので、ロサンゼルスが崩落し、イエローストーン国立公園を火山岩塊が降り注ぐシーンなどは凄いの一言。 そこに制作費を費やしてしまったのか、その他の都市が崩壊するシ... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 01時45分

» 映画『2012』観賞★超大盛りディザスターに満腹!! [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 ローランド・エメリッヒ監督の作品『2012』を観賞しました。  上映時間170分に及ぶド迫力の映像に、もうヘトヘト・・・。  この映画で、ストレスを発散できたような、ストレスが溜まったような・・・。  とにかく、これぞ”エメリッヒ”でありまして、真面目に物語を見る類の映画と言うよりは、ひたすらVFXを駆使した大法螺を楽しむべき映画。  そもそも、ハリウッド版『GODZILLA』のエメリッヒ監督に細かいことを求めても仕方ないので、「科学的にありえない」なんて野暮な突っ込みを入れずに、スクリー... [続きを読む]

受信: 2009年12月 8日 (火) 18時20分

» 2012 (2009) [銅版画制作の日々]
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う〜ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ〜〜〜〜! またまたフリ―パスポートにて鑑賞。これで第5弾目になります。ここ最近、東宝シネマズ二条に通い続けている私です。多分フリ―パスポートが無ければ、この作品はスル―していたかもしれませんが。上映時間は3時間ちょい切れるという長さ。お客... [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 12時24分

» 2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦 [ネット社会、その光と影を追うー ]
古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言通り、地上 [続きを読む]

受信: 2009年12月 9日 (水) 15時24分

» 2012 [~映画盛り沢山~]
TOHOシネマズ 六本木ヒルズで観てきました ローランド・エメリッヒ監督のディザスターっぷりがハンパないことになってましたw 陸地が次々と崩壊していく映像を見ているだけで軽くご飯三杯はいけますww それぐらい映像がすごい これぞまさにスペクタクル 正直この地球崩壊という災害に付随する人間ドラマとかどうでもいいですw煩わしい まあそれなりに感動的なシーンもありました でもやっぱりアメリカ映画お得意の主人公がヒーローになる展開もあったりしてげんなり彼らアメリ... [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 12時39分

» 2012 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
2012’09:米 ◆原題:2012◆監督・脚 本: ローランド・エメリッヒ「紀元前1万年」「デイ・アフター・トゥモロー」◆出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピート 、 タンディ・ニュートン 、 ダニー・グローヴァー 、 ウディ・ハレルソン ◆STORY◆2009年...... [続きを読む]

受信: 2009年12月16日 (水) 15時14分

» 2012 [ころちゃんねる]
【ストーリー】古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者テンジン博士が地球上の内核が溶解している事を発見する。科学者たちは数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る作家のジャクソンは元妻や子供たちとの旅行中に、大規模な地殻変動に見...... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 12時30分

» 2012 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:一発で気分転換できるもの 参加中 時々何も考えないでいい映画を観たくなりますが、 そういう映画って気分転換になるからなんですよね。 この映画はどうでしょう? 話題になりましたねこの映画。 映像が凄いとか。 2009年。 太陽の活動が活発化し... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 12時56分

» 【2012】 DVD映画 [じゅずじの旦那]
これは映画か  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】2009年。太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられた結果、3年後に世界は終わりを迎える―。この驚愕の事実をいち早く察知した地質学者エイドリアンは、すぐに米大統領 主席補佐官に報告。やがて世界各国の首脳と一握りの富裕層にのみ事実が知らされ、人類を存続させる一大プロジェクトが極秘に開始される。そして2012年。売れない作家のジャクソンは、子供たちとキャンプにやってきたイエローストーン国立公園で、政府の奇妙な動きを目撃。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 12時55分

» 【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...... [続きを読む]

受信: 2010年11月29日 (月) 14時08分

« ゼロの焦点 | トップページ | 熱海への温泉と紅葉の旅 »