« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | トップページ | ゼロの焦点 »

2009年11月13日 (金)

大洗にも星はふるなり

★★★

 登場人物は約10人、観客も同じく約10人。平日とはいえ、お一人様一列独占は、余りにも寂し過ぎる。
 それ程つまらない映画という訳ではないのだが、映画というより舞台劇。回想シーンを除けば、すべてが海の家の中での会話劇なのだ。
 ストーリー設定も大雑把。大洗海岸にある海の家でバイトをしていた男達とマスターの計6人が、同じくバイト仲間のマドンナ江理子に夢中になるというラブコメ。というより、恋愛テーマのお笑いと言ったほうがぴったりかもしれない。

       Ooarai

 まるで吉本の掛けあい漫才とか、お笑い舞台劇を観ているような展開なのだ。まあそれはそれで良いとして、無理矢理笑わそうとしているところが苦しいというか、お寒い限りである。
 またこうした小人数の会話劇をやるなら、もっと演技力のある役者を起用しなくてはならない。まっとうだったのは、山田孝之、安田顕、佐藤二朗の三人だけで、残りの役者たちは、大根というよりド素人という感じが否めない。こうしてみると、普通の役を違和感なく普通にこなしている役者たちの凄さを、改めて思い知らされたわけだ。
 なぜ大洗なのか?下妻物語のようなダサイ風景が登場するわけでもなく、「まずそうなタイトル」をアピールしているだけで得るところがない。また映画館で観る必然性もなく、旧作DVDをレンタルし、乾きものをつまみにビールでも飲みながら、ソファーに横たわって観る程度かな…。
 アイデアとしては面白かったし、7人全てが芸達者で、もうひと捻りあったらかなり素晴しい作品になっていたと思う。そう考えると非常に残念であり、もったいない気がするよね。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | トップページ | ゼロの焦点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/32203847

この記事へのトラックバック一覧です: 大洗にも星はふるなり:

» 大洗にも星はふるなり [LOVE Cinemas 調布]
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の脚本や『33分探偵』の監督・脚本を務め、劇団ブラボーカンパニーの座長でもある福田雄一の映画監督デビュー作。真冬の大洗海岸にある海の家を舞台に、6人の男たちが繰り広げるナンセンスコメディーだ。出演は『MW-ムウ-』の山田孝之と山本裕典、『呪怨 白い老女』のムロツヨシ、『幼獣マメシバ』の佐藤二朗、ドラマ『ライアーゲーム』の戸田恵梨香ほか。... [続きを読む]

受信: 2009年11月13日 (金) 23時20分

» 大洗にも星はふるなり 叫ばれる海も迷惑だ(爆) [労組書記長社労士のブログ]
【 58 -13- 1ヶ月フリーパスポート=6 】   今日も仕事やったから海には行ってないよ…干からびる…(*´д`*) んで、今日は行政書士の試験日やったんやね、仕事に行く阪急千里線の車内でテキストを真剣に見入っている人たちが関大前駅で降りていった。 自分は社労士試験に合格した翌年に独学で勉強して受験したけど「あんたは一般常識が欠如している」と診断されたので、そのショックから二度と受験していない。 今年(も←笑)、友人たちが受験しているはず、朗報を待つ。  まったくノーマークの映画で、公開直... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 00時14分

» 大洗にも星はふるなり [映画君の毎日]
<<ストーリー>>茨城、大洗にある海の家でのクリスマス・イブ。ナルシスト男の杉本(山田孝之)、サメオタクの松山(山本裕典)らひと夏を海の家で働いた男たちが、マドンナ・江里子(戸田恵梨香)の手紙のもとに召集された。皆が皆「江里子の本命は自分」と言い張るが、偶然... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 00時20分

» 大洗にも星はふるなり [だらだら無気力ブログ]
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』などの脚本を手がけた福田雄一の映画 初監督作品。 茨城県大洗の海の家に集まった男たちが一人の女性を巡って争う様を コミカルに描く。クリスマスイブの夜、茨城県大洗に未だ撤去されずに残っている海の家に かんちがいナルシストの杉本..... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 02時00分

» 「キサラギ」っぽいラブコメ。『大洗にも星はふるなり』 [水曜日のシネマ日記]
茨城県大洗の浜辺にある海の家を舞台に描かれた一人の女の子を思う男子たちの恋愛コメディです。 [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 07時34分

» 大洗にも星はふるなり [象のロケット]
茨城県・大洗。 真冬の荒れ果てた“海の家”に、ひと夏のバイト生活を共にした男たちが次々と帰って来る。 憧れのマドンナ・江里子からの「クリスマス・イヴの夜、海の家で会いたい。」という手紙を手にして。 「きっと、俺たちの中に江里子の本命がいるに違いない!」 男たちは我こそが本命だと主張し、江里子との夏の思い出を自慢し合うのだが…? 男子妄想暴走コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年11月14日 (土) 15時53分

» 大洗にも星はふるなり [やっぱり邦画好き…]
ひとクセもふたクセもあるオトコたちを演じるのは、山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、小柳友、白石隼也、安田顕、佐藤二朗といった演技力バツグンのそうそうたるクセモノ役者たち。... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 14時32分

» 『大洗にも星はふるなり』@シネセゾン渋谷 [映画な日々。読書な日々。]
茨城、大洗にある海の家でのクリスマス・イブ。ナルシスト男の杉本、サメオタクの松山らひと夏を海の家で働いた男たちが、マドンナ・江里子の手紙のもとに召集された。皆が皆「江里子の本命は自分」と言い張るが、偶然現れた弁護士の関が彼らの本命説をことごとく論破してい... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 23時15分

» 大洗にも星はふるなり [~映画盛り沢山~]
シネセゾン渋谷で観てきました 正直う~んって感じです マスターがおもしろかったりとところどころクスリとさせられました けどなぁ・・・やっぱりどうしてもこれは『キサラギ』と比べたくなるんですよね~ 脚本の時点で差があります 特に終盤の展開なんかはもりだくさんが一番嫌いな展開 結局「あ、そゆことね」って感じでしたがw そして何よりも決定的な差は俳優の演技力だと感じました なんかお遊戯に見えてしまった 純粋に『大洗~』だけを評価したいんですが、... [続きを読む]

受信: 2009年12月19日 (土) 14時59分

» 【映画】大洗にも星は降るなり [★紅茶屋ロンド★]
<大洗にも星は降るなり を観ました> 製作:2009年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 出演している山田孝之君が大好きなので、劇場で観たかった…。 近くの映画館でやってなくて、タイミングも悪く結局DVDにて鑑賞。これは映画館で観たかったな。こういうテンポの作品大好き。 大洗の海の家で夏の間、一緒にバイトをした5人の男性と、そのマスターは、共に働いたマドンナの江里子に呼び出され、クリスマスイブの夜、再び海の家に集まった。 それぞれ、自分だけが江里子に呼び出されたのだと勘違いしていた... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 20時50分

» 『大洗にも星はふるなり』 [『映画な日々』 cinema-days]
大洗にも星はふるなり クリスマスイヴにマドンナから 海の家に呼び出されたバイト仲間たち 本命は誰なのか?繰り広げられるバトル 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 舞台劇の映画化 ... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 22時35分

« マイケル・ジャクソン THIS IS IT | トップページ | ゼロの焦点 »