« ミスト | トップページ | パンドラの匣 »

2009年10月20日 (火)

悪夢のエレベーター

★★★★

 見知らぬ男女四人が、突然深夜のマンションのエレベーターに閉じ込められてしまう。悔しいことに、非常ボタンは故障し、唯一の携帯は電池切れで、外部との連絡が全くとれない。さらに不運なことに、エレべーターが2台あり、住民たちは他の1台に乗るため故障に気が付かないのだ。
 またこの四人は、それぞれワケありな人物ばかり。極限状態の中で、だんだん神経が異常になり、お互いに不信感を募られてゆく。そしてある出来事がきっかけとなり、全員が隠し事を暴露し始めるのだった。

     Akumu_2

 まっとうな出演者はたったの7人。そのうちほとんどがエレべーターの中での密室シーンなのである。従って会話劇が中心であり、普通なら退屈してしまうのだが、本作は退屈する暇がない。それほど超面白いのである。
 ジャンルとしては、ブラックユーモアというか、コミカルミステリーといったところで、コメディとシリアスな展開が微妙にブレンドされている。そしてとにかく脅威的なドンデン返しの連発が見事なのだ。少なくとも6回はドンデン返しが続くのである。
 こんなの生まれて初めて観たよ!製作費をかけなくとも、これほど楽しませてくれたのだから、脚本と演出の大勝利といってよいだろう。
 また俳優陣も、チンピラヤクザの内野聖陽、超能力おじさんのモト冬樹、ゴスロリ少女の佐津川愛美、不気味な管理人の大堀こういちなど、演技派や個性派たちが並ぶ。ことに佐津川愛美と大堀こういちの狂気にはまいってしまった。
 アイデアとネタが勝負の作品なので、木下半太の原作は先に読まないほうがよいし、余りレビューを書き過ぎてネタバレになるのもまずい。アクの強さが臭うものの、とにかく今年観た中では、一番面白い映画だったかもしれない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ミスト | トップページ | パンドラの匣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/31866807

この記事へのトラックバック一覧です: 悪夢のエレベーター:

» 悪夢のエレベーター [LOVE Cinemas 調布]
タレント堀部圭亮の長編映画監督デビュー作。脚本も当人が務める。木下半太の同名小説をベースに映画化したミステリーコメディだ。主演は『252 生存者あり』の内野聖陽。共演に『鈍獣』の佐津川愛美、『いけちゃんとぼく』のモト冬樹、『ロボゲイシャ』の斎藤工が出演。この4人がエレベーターに閉じ込められ脱出を目指すも、予想だにしない文字通り悪夢が彼らを襲うのだった…。... [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時23分

» 映画「悪夢のエレベーター」感想 [日々是雑感ブログ]
 木下半太の同名の小説を映画化した「悪夢のエレベーター」(堀部圭亮監督)を観ました。その感想をネタバレ無しに語ってみます。 [続きを読む]

受信: 2009年10月20日 (火) 23時32分

» 『悪夢のエレベーター』 [ラムの大通り]
「う〜ん、困った」 ----あらら、頭抱えてどうしたニャか? これって、エレベーターに閉じ込められた人たちの密室劇だよね。 「うん。 エレベーター停止、非常ボタン故障、おまけに携帯電話不通。 乗り合わせているのは、妻の立会に急ぐ男・小川順(斎藤工)、 刑務所帰りの男・安井三郎(内野聖陽)、 他人の心が読める超能力者・牧原静夫(モト冬樹)、 それに自殺願望を持つゴスロリ少女・愛敬カオル(佐津川愛美)。 登場人物はほかに小川の妻・麻奈美(本上まなみ)に、 小川の愛人・須藤陽子(芦名星)、 そしてマンショ... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 00時01分

» 『悪夢のエレベーター』(2009)/日本 [NiceOne!!]
監督:堀部圭亮原作:木下半太出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ公式サイトはこちら。<Story>小川順(斎藤工)は、鋭い頭の痛みで目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは、...... [続きを読む]

受信: 2009年10月21日 (水) 00時55分

» 悪夢のエレベーター [象のロケット]
深夜、エレベータが急停止し、男女4人が閉じ込められた。 非常ボタンは故障、携帯電話は不通。 妻がもうすぐ出産する小川、チンピラ風の男・安井、マンションの住人・牧原、ゴスロリ少女・カオル。 何やら全員ワケあり風。 お互いが抱える事情の探り合いが始まるが、だからってエレベーターは開かない! そして予想外の事件が起こってしまった…! ブラック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 16時12分

» サスペンス・コメディ☆映画 『悪夢のエレベーター』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
マンションのエレベーターの中に閉じ込めらる4人のキャラが立っていて、興味をソソラレタ作品。 期待した通り、この4人それぞれがいろいろ曰くがあって面白い♪ 今、連ドラ『JIN〜仁〜』で豪快な坂本龍馬を好演してる内田聖陽が、本作でも熱演 これまでは“静”の役を...... [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 16時32分

» 「悪夢のエレベーター」 映画を先に観るか、小説を先に読むか? [はらやんの映画徒然草]
木下半太さんの原作は大好き! 先日、この作品の後日談となる「奈落のエレベーター」 [続きを読む]

受信: 2009年10月24日 (土) 21時33分

» 悪夢のエレベーター [だらだら無気力ブログ]
木下半太の同名小説を、これが長編映画監督デビュー作となるお笑いタレント の堀部圭亮が映画化。 エレベーター内に閉じ込められた4人のワケあり男女が繰り広げる人間模様を 描く。小川順が意識を取り戻すと、そこはエレベーターの中だった。小川の他には、 関西弁のヤク..... [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 02時03分

» 悪夢のエレベーター [花ごよみ]
原作は木下半太の同名小説。 監督は堀部圭亮。 主演は内野聖陽、共演は佐津川愛美、 斎藤工、モト冬樹…。 エレベーター内に閉じ込められた、 男3人女1人の物語。 エレベーター=密室という、 特殊な状況設定。 原作は読んでいます。 映像化すればどのようになったのか、 期待をして見に行きました 「笑い」もちょっぴり。 グロさもありました。 本はかなり面白く読みました。 映画は本とは違った意味で、 それなりに面白かったです。 既読なので展開はすでに読めています。 映画は出演者の演技の妙を... [続きを読む]

受信: 2009年10月29日 (木) 19時16分

» 【映画】悪夢のエレベーター [新!やさぐれ日記]
▼動機 もしかしたら掘り出し物? ▼感想 たまには騙されるのも悪くない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 鋭い頭の痛みで小川順(斎藤工)が目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは見るからにワケありな男女3人で、非常ボタンは故障し携帯電話は電池切れ、助けを呼ぶこともできない。なぜか互いの秘密を暴露し合うハメになった彼らがそれぞれに不信感を募らせる中、思いもよらぬ事件が起きてしまう。 ▼コメント <ネタバレはしていませんが、勘のいい... [続きを読む]

受信: 2009年11月 3日 (火) 14時49分

» わけあり4人の最悪な夜。~「悪夢のエレベーター」~ [ペパーミントの魔術師]
ある依頼があってある人物をハメようと 芝居を打った人間がいた、 ところが物語はそれだけじゃ終わらなくて この話には主人公も知らない続きがあって 4人以外の人間にもその悪夢は派生していく。 例えば↑の人はホント災難としか言えない。 それからこの子。 ひとは見か..... [続きを読む]

受信: 2009年11月11日 (水) 23時48分

» 悪夢のエレベーター [映画的・絵画的・音楽的]
 「悪夢のエレベーター」をシネセゾン渋谷で見てきました。  予告編を見て面白そうな映画だなとは思ったのですが、あの堀部圭亮氏の監督第1作だと聞いて腰が引けていたところ、時間がうまく合致するものが他になかったこともあり、マアいいかということで映画館に入ってみました。  ところがどうしてどうして、なかなか面白い映画を堀部氏は制作したものだ、といたく感心いたしました。  むろん、原作があり(TVドラマとしても取り上げられ、舞台公演も行われているそうです)、また脚本については、「鴨とアヒルのコインロッカ... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 06時07分

» 悪夢のエレベーター [paseri部屋]
「悪夢のエレベーター」(2009)を観ました。監督:堀部圭亮原作:木下半太出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ<内容>小川順は、鋭い頭の痛みで目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたの...... [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 20時29分

» 『悪夢のエレベーター』 [『映画な日々』 cinema-days]
悪夢のエレベーター 目覚めたら、停止したエレベーターに 閉じ込められていた。 中には、曰く有り気な三人が乗っていた... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:木下半太... [続きを読む]

受信: 2010年11月13日 (土) 10時31分

» 悪夢のエレベーター(感想177作目) [別館ヒガシ日記]
悪夢のエレベーターはケーブルで鑑賞だが 結論は完全に騙されたが後1歩何か足りないね 内容は停止したに閉じ込められた男女4人の 密室での互い話などから悪夢の... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 12時33分

» 悪夢のエレベーター [銀幕大帝α]
09年/日本/105分/ミステリー・コメディ/劇場公開 監督:堀部圭亮 原作:木下半太『悪夢のエレベーター』 脚本:堀部圭亮 特殊メイク:西村喜廣 残酷効果:西村喜廣 特殊造形:西村喜廣 出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、本上まなみ、長澤つぐみ ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月20日 (水) 00時43分

« ミスト | トップページ | パンドラの匣 »