« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | ドラゴン・キングダム »

2009年10月 5日 (月)

色即ぜねれいしょん

★★★☆

 みうらじゅんの自伝風青春小説の映画化である。彼は1958年生れだから、彼の青春時代といえば、1970年代のお話であり、スクリーンの風景や服装はなんとなくダサイ。まさにおじさんの創った青春映画という雰囲気である。
 主人公の乾純は、ボブ・ディランにあこがれ、ギターで何十曲も自家製ロックを作っていたが、未だに他人の前で歌ったことがない。そんなある日、フリーセックスの島だと友人に誘われて、フェリーに乗って隠岐島のユースホステルに向かうのだった。

          Shikisoku

 この年代の男子の脳みそは、90%がセックスで固まっており、悪気はないのだが、なんでもかんでもそこに結びつけないと気が済まないのだ。まあ、自分の青春を振り返っても、なんとなく分かる気がするのが怖いよね。
 おかん役は堀ちえみで、昔アイドルだった頃は余り可愛いと思わなかったのだが、中年のおかん役をしてみるとメチャ可愛いので驚いてしまった。そしておとん役のリリー・フランキーは、ほとんど無口なのだが、肝心なときにポツリとカッコ良いセリフを吐く。良い役だね。

 高校の仲間たちは余りパッとしないが、ヒッピーの家庭教師や、ユースホステルのヒゲゴジラといった兄貴たちが魅力的である。そしてユースで知り合ったオリーブ役の臼田あさ美ちゃんが最高!

臼田あさ美 2010年 カレンダー Book 臼田あさ美 2010年 カレンダー

販売元:トライエックス (株式会社 ハゴロモ )
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 明るくて優しくて、そのうえ憂いがあってイロッぽいのだ。まさに男性のあこがれを集約したような女の子を演じていたな。あの京都でのデートシーンは、ドキドキはらはら、そして最後はとても切ないね。僕ならあんな分かれ方をしないけどなぁ~と思いつつも、おかんとおとんの顔が浮かんでくるので仕方ないか。
 そしてなんといっても圧巻は、ラストの文化祭でのロック演奏シーンだろうな。いゃ~あ、とにかく良くやったよ。主演の純くんを演じた新人の渡辺大知に拍手・拍手。
 ただ未だにどうしても意味不明なのが、恭子が白血病で死ぬオープニングシーンである。これがどう考えても本編とは結合しないのよね。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | ドラゴン・キングダム »

コメント

こんにちは。
この映画、観たい!と思っていたのですが、
まだ見れてません。
どうも、このままだとDVD待ちになりそうです。
高校の頃のあの感覚に戻りたいのに・・・
全てがエッチに結びついた、あの青春の日々に。

投稿: | 2009年10月10日 (土) 07時43分

亮さんこんにちは、いつもありがとう
青春映画ですが、今時の青春ではなく、おじさん達の青春時代ですね。
それでも、脳みそがエッチだらけなのと、ロックに夢中ということは、今も昔も同じなんですね。
DVDまではかなり時間がかかりそうですが、是非観てみて下さい。

投稿: ケント | 2009年10月10日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/31652385

この記事へのトラックバック一覧です: 色即ぜねれいしょん:

» 『色即ぜねれいしょん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「色即ぜねれいしょん」□監督 田口トモロヲ □原作 みうらじゅん □脚本向井康介 □キャスト 渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省■鑑賞日 8月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 男性にしてみれば、思春期に誰しも少なからずこんな経験をしたことがあるだろう。 それはどことなく懐かしく、過ぎ去りし青春時代の入口の、最初の方... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 17時42分

» 色即ぜねれいしょん [LOVE Cinemas 調布]
人気イラストレーター・みうらじゅんの同名の小説を映画化。70年代の京都を舞台にした高校生の青春ドラマ。監督は俳優の田口トモロヲ。主演は2000人を越えるオーディションから選ばれた渡辺大知。共演に『USB』の峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美らが出演。予告編を観る限りでは割と地味な感じを受けていましたが、ベタな青春ドラマ好きとしては観たい一作です。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 19時27分

» 「色即ぜねれいしょん」 [古今東西座]
この『色即ぜねれいしょん』の原作者、みうらじゅんの話を聞くのが好きだ。彼の目のつけどころのユニークさであったり、とことん追求するマニアックな姿勢であったり、いつも興味惹かれると同時に感心させられる。加えて彼の飄々としたトークには思わず笑みがこぼれてしまう。みうらじゅんの場合、同じことでも活字で読むよりも本人のトークを聴く方が圧倒的に面白いので、彼の本はあまり持っていない。『色即ぜねれいしょん』も小説は読んでいないが、彼の語りで似たようなことをラジオで聴いたような気がする。京都にある仏教系私立男子校に... [続きを読む]

受信: 2009年10月 5日 (月) 21時50分

» 色即ぜねれいしょん [象のロケット]
学生運動も下火になった1974年。 京都の仏教系男子高校1年の乾(いぬい)純は、ロックな生き方に憧れながらも平凡な毎日を送る文科系男子。 夏休み、友人の伊部と池山から隠岐島旅行に誘われる。 彼らによると、島のユースホステルにはフリーセックス主義者が集まり、そこに行けば“モッテモテ”になるというのだ! 浮かれ気分で出発した3人だったが…。 青春コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 6日 (火) 16時39分

» 色即ぜねれいしょん [だらだら無気力ブログ]
イラストレーターや作家で活躍するみうらじゅんの自伝的青春小説を 『アイデン&ティティ』に続いて田口トモロヲが映画化。 70年代の京都を舞台に、ロックな生き様に憧れるも、優等生にもヤンキーにも なれない中途半端で平凡な毎日を過ごす文科系男子高校生が、煩悩に苛ま..... [続きを読む]

受信: 2009年10月12日 (月) 22時47分

« 6時間後に君は死ぬ | トップページ | ドラゴン・キングダム »