« DーWARS ディー・ウォーズ | トップページ | 6時間後に君は死ぬ »

2009年10月 3日 (土)

リターン

★★★☆

 日本では余り知られていないコリアンシネマだ。それもそのはず、日本では劇場未公開作品だからである。
 麻酔をかけたのに、手術中に意識が残ったままの状態を「術中覚醒」と言うようである。この状態で手術をされたら堪ったものではないだろう。
 この映画のオープニングでは、「術中覚醒」状態で少年が手術を受け、内臓をメスや電動ノコで切り刻まれる。ギャーッ、痛い、痛い、痛い、痛い」と少年は泣き叫ぶが、全身麻酔で声も出ないし、体も動かせないのだ。ただじっと手術が終わるのを堪えるより方法がない。

リターン [DVD] DVD リターン [DVD]

販売元:タキ・コーポレーション
発売日:2009/06/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 このオープニングでは、これでもかと恐怖感を煽りたてる。そしてこの「術中覚醒」は、現実にも発生しているという。もし自分が手術するときに、「術中覚醒」になったらどうしょう。誰もがそう感じて鳥肌が立つに違いない。
 少年は無事退院するが、手術をした医師の娘で、自分と同じ小学校に通う少女をトイレ突き落として殺害する。その少女の糞まみれの顔が実に恐ろしいのだ。この事件が発覚し、少年は精神病棟に隔離される。
 このオープニングが終了すると、スクリーンはすぐに25年後の世界へ跳んでゆく。そして精神病棟を出た少年が、自分の手術をした医者とその家族たちに復讐するのである。
 ここまではホラー映画のような展開なのだが、観客は少年の成人した姿を知らないので、登場人物の誰がその少年なのか判らないのだ。
 主な登場人物は、ある病院の外科医、麻酔医、催眠医、アメリカ帰りの風来坊といったところである。この中の一人が、あの少年のような気がするのだが、犯人は二転三転してゆく。このあたりでは、ホラータッチから、だんだんミステリータッチに変換してゆく。
 なかなかしっかりした脚本と映像なのだが、なにか物足りない気分を感じた。その原因は、女性がほとんど登場しないこと、テーマが残酷で後味が余りよくないことだろうか。
 それにしても、「術中覚醒」という言葉さえ知らなかったので、医学的な知識を得たという成果は残る。だが逆に言えばそんな事実は知らなかったほうが良かったのかもしれない。いつか外科手術を受けざるを得ないときがきたら、一体冷静に手術を受ける気になれるのだろうか。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« DーWARS ディー・ウォーズ | トップページ | 6時間後に君は死ぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/31625087

この記事へのトラックバック一覧です: リターン:

» 286「リターン」(韓国) [CINECHANの映画感想]
術中覚醒の恐怖  外科手術中に〝術中覚醒〟を経験、想像に絶する恐怖を体験した8歳の少年。その少年は外的傷害ストレスにより、別の子供を殺し、精神病院に隔離される。催眠療法を施された少年は普通の生活を取り戻すのだった。  25年後、麻酔医ソクホの反対を押し切って、催眠療法師・オ・チフンの助けを借りて、外科医リジェウは国内初の催眠手術を成功させる。そんなリジェウの前に幼馴染みのウクファンがアメリカから突然戻り、姿を見せる。  そんなある日、リジェウの妻・ヒジンが突然の体調不良を訴え、リジェ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 00時52分

« DーWARS ディー・ウォーズ | トップページ | 6時間後に君は死ぬ »