« 山梨への小旅行  | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 »

2009年8月15日 (土)

築城せよ!

★★★☆

 猿投(さなげ)町という過疎地区でのお話である。この町の名物は「猿投玉』というお手玉しかない。それで町民たちは、猿投城跡地に城を復元し、観光地にしようとしていたのだが、町長はここに工場を誘致しようと考えていた。
 そんなときに、役所の職員と大工の棟梁、ホームレスの3人が古井戸に転落してしまう。そしてこの3人に、戦国時代の武将とその家来たちの霊が乗り移るのである。そして彼等が、急遽築城の指揮をすることになるのだ。

          Tikujo   

 ところが霊たちが活躍出来るのは満月の日まで。タイムリミットは3日間しかないのだ。果してこの3日間で、城を築くことが出来るのか…。
 結局ホームレスのねぐらをヒントに、ダンボールで本当に築城してしまう。一夜城ではなく三夜城といったところである。
 それにしても、奇想天外で荒唐無稽なアイデアだ。町長とのバカバカしい対立があるものの、ストーリー的にも見栄えがしないし、人気俳優も登場しない。
 見所はダンボールの城のみ。この城の製作には、ダンボール12,000個を使用したという。そして製作費も、CGで創るより遥かに多くかかったという。この手作りにこだわったところが、この映画の本質であり、皆で協力して何かを創りあげる、という行為そのものがテーマだったのかもしれない。
 あと片岡愛之助のおとぼけ演技と、うって変ったような真摯な演技もよかったな。歌舞伎の1人2役そのものであり、彼でなければ、あの役柄は演じられなかっただろう。
 早くも海外での上映が決っているようだが、それにしても何が面白いのかを論ずるよりも、とても変てこりんな映画だったというイメージが残った。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 山梨への小旅行  | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/30969080

この記事へのトラックバック一覧です: 築城せよ!:

» 「築城せよ!」☆☆☆ [日本映画が好き! blog]
 愛知県の田舎町の猿投町では、城の復元を目指す住民と跡地に工場誘致を目指す町長と [続きを読む]

受信: 2009年8月24日 (月) 12時56分

» 映画『築城せよ!』 [かんげき♪ - 夢館 -]
  2009年7月26日(日)10:00開映 シネ・リーブル梅田 シアター1 B列6番にて 自由席 監督/古波津陽 脚本/古波津陽,浜頭仁史 主題歌/多和田えみ「時の空」(techesko)      時の空/多和田えみ             ¥1,020       Amazon.c... [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 14時10分

« 山梨への小旅行  | トップページ | 歌舞伎座さよなら公演 »