« 月夜の願い | トップページ | ラブファイト »

2009年8月30日 (日)

セントアンナの奇跡

★★★★

  新宿高島屋12階にあるテアトルタイムズスクエアは、8月限りで閉館となる。ミニシアター系のテアトル直営映画館では、最大のスクリーンを誇り、ロケーションも含めてなかなかお洒落な存在だっただけに、非常に残念である。
 ここには何度も足を運んだので、いろいろな思い出が、走馬灯のように脳裏を掛け巡る。経営の効率化による閉館だと聞いたが、かなり家賃が高いのだろうな…と余計なことを考えてしまう。とにかくここへ来るのも今日限りで、文字通り最後の観映になるのだろう。

    Stanna_2

 …といった思いでこの映画館を選んだため、本作品のほうはまったく予備知識もなければ、期待もしていなかった。ところが嬉しい誤算というのか、なかなか充実した素晴らしい映画だったのである。
 本作のテーマは、反戦・人種差別・言葉の壁など、重いテーマがぎっしりと詰まっている。だが、ミステリアスなイタリア少年との交流が、その重苦しさを中和して、なにげにファンタジーのような味わいもあった。

 ストーリーのほうは、黒人郵便局員が、切手を買いに来た客を、いきなり拳銃で射殺するところから始まる。とにかくあっという間の出来事だった。
 犯人の名はへクター、過去に軍隊で勲章をもらっている。また、郵便局での勤務ぶりも実直で、あと3カ月で無事定年を迎えるはずだった。妙なことに、犯行に使われた拳銃は、ドイツ製のルガーであり、彼の部屋からは、イタリアの歴史的に重要な「女神像」が発見されたのである。
 その翌日のイタリア。この犯行記事を読んだ途端、飲みかけのカプチーノを、思わず落としてしまう男の正体も気になった。
 一体、何故、どうして??。実に不可解な謎のオープニング。観客達は一遍にスクリーンの中に引き込まれてしまうのだ。

 やがてへクターは、取り調べ室で、重い口を開き始める。そしてスクリーンは、1944年のイタリアへ跳び、第二次大戦の局地戦を写し出すのだ。
 主人公は四人の黒人兵と謎のイタリア少年。そして舞台は、イタリア・トスカーナ地方の小さな村。タイトルのセントアンナとは、ナチスが、罪の無いイタリア市民560名を虐殺した村の名で、セントアンナの大虐殺』として歴史に刻まれている。この虐殺シーンでは、老人・女・子供たちが、なすすべもなく射殺される。余りに残酷過ぎて目を背けたくなるはずである。

 さすがにスパイクリー監督は、黒人たちの描き方が巧いね。戦闘には不向きなお人好しの大男。白人を毛嫌いし、友人をも平気で裏切るのだが、なんとなく憎めない男。アメリ力を愛し、白人を理解しようとする優しい男。寡黙だが、職務に忠実で一番冷静に行動する男。
 四人の黒人達を個性的に描き分けているせいか、洋画にありがちな登場人物たちの混同は全くなかった。むしろ白人達のほうが、皆同じように見えたのは僕だけだろうか。
 また黒人に対する差別シーンにおいては、手を変え品を変え手厳しく追求しているよね。ドイツ軍の白人女性によるアナウンスも面白いし、イタリア美女の誘惑にしても、他国では全く黒人を差別しないのに、なぜアメリカ人だけは極端な差別をするのだろうか。そしてイタリア人にしても、あの極悪非道のナチでさえも悪人もいれば良い奴もいる。ところがアメリカの白人だけは、黒人を差別する悪人しかいないというような強烈なメッセージが聞えるのだ。
 しかしそれでもアメリカから出国しない黒人たち。いくら差別を受けても、アメリカという国には、それ以上のとてつもない魅力があるのだろうな。

 終盤の法廷シーンから、あっという間に意外なラストを迎える。このラストを観て号泣してしまったが、なぜか『ショーシャンクの空に』を思い出してしまった。とにかく心に染みる感動的な締め括りなのだ。
 ただ2時間43分という上映時間は、かなり長過ぎたかな…。中盤多少中だるみし、尻が痛くて何度も足を組み替えたもの。途中で休憩の入らない映画は、2時間が生理的限界点だろうな。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 月夜の願い | トップページ | ラブファイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/31160509

この記事へのトラックバック一覧です: セントアンナの奇跡:

» セントアンナの奇跡 [LOVE Cinemas 調布]
スパイク・リー監督最新作。社会派で常に人種差別問題を提起してきた監督らしく、今回もその信念が息づいている戦争ドラマです。メインの出演者は「きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー」デレク・ルーク、『7つの贈り物』のマイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラーの4人。2時間43分の大長編です。... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 08時24分

» 『セントアンナの奇跡』(2008)/アメリカ・イタリア [NiceOne!!]
原題:MIRACLEATST.ANNA監督:スパイク・リー原作・脚本:ジェームズ・マクブライド出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ニューヨーク...... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 10時32分

» セントアンナの奇跡 / MIRACLE AT ST. ANNA [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click スパイク・リー監督の3年ぶりの最新作。 スパイク・リーの映画では音楽も最高!な「モ・ベター・ブルース」が好き。 その後の作品もけっこう観てるんだけど、どうもここ数年のはわたしには合わなくて。 (いや今また見直せば昔観たのはまた違う感想になるかな?) これまでもアメリカ社会における黒人の姿を描いてきたスパイク・リー。... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 11時49分

» 「セントアンナの奇跡」 枠組み思考の悲劇 [はらやんの映画徒然草]
印象深いシーンがありました。 登場人物が神に祈りを捧げているシーンです。 アメリ [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 12時42分

» 『セントアンナの奇跡』 [きららのきらきら生活]
「セントアンナの奇跡」観てきました♪ [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 12時53分

» 『セントアンナの奇跡』... ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2008年:アメリカ=イタリア合作映画、スパイク・リー監督、ジェームズ・マクブライド原作&脚本、デレク・ルーク、マイケル・イーリー出演。 [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 13時26分

» セントアンナの奇跡 [そーれりぽーと]
予告編でチェックしていた『セントアンナの奇跡』を観てきました。 ★★★★ ニューヨークの郵便局の窓口で働き、あと三カ月で定年を迎える老人が、ある日客として現れた男の顔を見るなり撃ち殺す事件が起きた。 老人は第二次世界大戦の英雄で、彼の部屋からは大戦時にフィレンツェで失われた女神像の頭部が発見される。 いくつもの謎を抱えた老人が、取材に訪れた記者に話し始めた衝撃の真実とは。 全体に漂うどこかファンタジーな香りと、相反する現実に起きている戦争の悲劇のコントラストはイタリアが舞台と言う事もあって『ライ... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 19時57分

» セントアンナの奇跡 [to Heart]
女神は<奇跡>を、 人に託した 原題 MIRACLE AT ST. ANNA 製作年度 2008年 上映時間 163分 映倫 R-15 原作・脚本 ジェームズ・マクブライド 監督 スパイク・リー 出演 デレク・ルーク/マイケル・イーリー/ラズ・アロンソ/オマー・ベンソン・ミラー/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ヴァレンティナ・チェルヴィ/マッテオ・スキアボルディ/ルイジ・ロ・カーショ/ジョセフ・ゴードン=レヴィット 社会派の名匠スパイク・リー監督が史実をヒント... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 20時32分

» 【セントアンナの奇跡】 [日々のつぶやき]
監督:スパイク・リー 出演:デレク・ルーク、マイケル・イーリー、ラズ・アロンソ、オマー・ベンソン・ミラー、ジョン・タトゥーロ    運命より強く、この子を守りたい。 「ニューヨークの郵便局、間もなく定年になる局員ヘクターが突然ある男に発砲した。... [続きを読む]

受信: 2009年8月31日 (月) 12時18分

» 『セントアンナの奇跡』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
1983年、平凡な黒人の郵便局員が客を射殺する不可解な事件が発生。この事件の背景には、第二次世界大戦中のイタリアでのとある出来事が隠されていた。黒人だけで組織された“バッファロー・ソルジャー”の4人の兵士は部隊からはぐれ、イタリア人の少年を保護する。4人はトス... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 14時52分

» *セントアンナの奇跡* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2008年 アメリカ=イタリア ニューヨークの郵便局で働く定年間近の局員が、ある日窓口で切手を買いに来た男性客をいきなり銃殺した。男の名はヘクター。前科や借金などもなく、精神状態も良好の実直な男だった。家宅捜査の結果、彼の部屋から長きに渡って行方不明となっていたイタリアの貴重な彫像が発見された。一向に犯行動機を口にしないヘクターだが、やがて重い口を開く。謎を解く鍵は第2次世界大戦真っ只中の1944年、イタリアのトスカーナにあった。  g..... [続きを読む]

受信: 2009年9月10日 (木) 21時37分

» 「セントアンナの奇跡」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
そうか、そうだったのか!少しずつベールがはがされて・・ [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 14時35分

» セントアンナの奇跡 : 戦場で起きた小さな奇跡 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 今日は、広島カープの野村監督と見かけましたよ。まあ、嫌いな監督なので声はかけなかったですけど…。まあ、そんな話は置いておいて、本日紹介する作品は人間の素晴らしさを感 [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 21時25分

« 月夜の願い | トップページ | ラブファイト »