« 美女缶 | トップページ | 夕陽のガンマン »

2009年5月20日 (水)

リセット

 北村薫の同名小説とはかなり趣きが異なり、スバッと本音で切り込んでくるので、なかなか説得力があり、小説の中にぐいぐいと引き込まれてしまう。最近読んだ小説の中では抜群の面白さを感じた。
 ストーリーのほうは、高校の同期会に遅れた三人のおばさん達が、不思議なレストランの中で、三人揃って30年前にタイムスリップするところから始まる。

リセット Book リセット

著者:垣谷 美雨
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 三人の身分は、専業主婦の知子、キャリアウーマンの薫、苦界に身を落とした晴美である。それぞれが現状に大いなる不満を抱いており、人生をもう一度やり直せたらと願っていたのだ。
 三人の中で一番の美貌を誇る知子の不満は、高校時代のイケメン同級生と結婚したため、専業主婦となってしまい、あこがれの女優になれなかったこと。それでも理解のある夫なら、ある程度の許容範囲におさまっただろう。だが自分本位で、意地の悪い舅・姑の世話まで押しつけて、知らん顔をしている夫が許せないのである。
 長身で男性顔負けに仕事をこなし、一見充実したキャリアウーマンライフを送っているかのように見える薫も、実は男性中心の社会に不満ダラダラなのだ。
 そして男に騙されて妊娠し、高校を中退してからというもの、荒さんだ生活を続け、身も心もズタズタになったまま、独身の貧困生活にあえいでいる晴実。彼女こそ不満がないはずがない。
 そして同時に意識が高校時代に戻ってゆく三人。彼女たちは、記憶のかなたにあった30年前の世界と、現実の30年前とのギャップの大きさに驚きながらも、今度こそはと新しい人生を必死でやり直すのである。

 結果は読んでのお楽しみだが、人生の面白さと難しさ、人間の優しさと我がままさが交叉していてなかなか考えさせられる。また女性たちの赤裸々な告白も実に歯切れよい。
 努力や運によって人生インフラの中味は大きく変えることは可能だ。しかし自分自身の価値観なり生活態度が変わらない限り、本当の満足感は得られないということである。

 この小説の著者である垣谷美雨は50歳前後で、主役の三人の年令とほぼ重っている。著者も実生活でいろいろ苦労したのであろう。この小説を書くには、そうした人生経験が必要であるが、一方読む側にもある程度の人生経験がなくては共感出来ないかもしれない。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 美女缶 | トップページ | 夕陽のガンマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29708020

この記事へのトラックバック一覧です: リセット:

» 「リセット」垣谷美雨 [ナナメモ]
リセット 垣谷 美雨 JUGEMテーマ:読書 現在40代後半の専業主婦とキャリアウーマン、水商売あがりの三人は、それぞれ今の生活に不満を抱えていた。東京のデパートの7階。兵庫県物産展で地元青海町の名前に吸い寄せられた見3人は同じ高校に通う同級生だった。どこかでお茶でも…と行った居酒屋で不思議な事が起こり、気がついたら高校3年生に戻っていた。 デビュー作「竜巻ガール」が結構面白かったので、これはぜひ読まなきゃ!って思ったのです。主人公は40代後半。女は結婚して子どもを産まなきゃって... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 21時37分

» ★『リセット』(※タイムスリップ) [本うらら]
“戻ったんだ。  三十年前なんだよ。  今、戻ってる、戻ってるんだよ”  47歳の3人の女性。  かつての同級生は東京で偶然出会い、  居酒屋にて、どういうわけか30年前の高校時代にタイムスリップしてしまう。  女優の夢をあきらめ専業主婦になった知子、  独身で仕..... [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 23時15分

« 美女缶 | トップページ | 夕陽のガンマン »