« 時空を超えて | トップページ | ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて »

2009年5月 3日 (日)

ニセ札

★★★☆

 木村祐一は器用な男だ。辺見えみりの元旦那で、アホなお笑いタレントだと思ったら大間違いである。なかなか演技はしぶといし、とうとう監督までやり遂げてしまった。監督としても、たけしや松ちゃんより、ずっと才能があるような気がする。
 戦後まもない時期、京都郊外の静美な風景に、敗戦を受けとめながらも、純なしたたかさを失わない人々の心が良く似合う。
 当時の最高紙幣は千円札で、肖像は聖徳太子だった。1万円札が発行されるのは、昭和33年まで待たなくてはならない。ちなみに干円札の肖像は、日本武尊、聖徳太子、伊藤博文、夏目漱石、野口英世の順で移り変わってゆく。

        Nisesatsu

 主演は久々の賠償美津子。小学校の教頭で、村人の誰からも尊敬される人柄を持ちながらも、ニセ札創りの資金集めに奔走するのだ。そして逮捕されるときの潔さ、裁判での凛とした態度。まさにこの人にしか出来ない役である。
 もう一人、村の名士で主犯格の元軍人を演じた段田安則も、なかなか説得力のある渋い演技力を発揮していた。また監督の木村祐一は、共犯の印刷屋を演じているが、いつも通りのワキ役に徹し、たけしのようにしゃしゃり出ないところに好感を持てた。
 それにしても、ある意味これは村ぐるみの犯罪なのだが、ニセ札犯人グループにしろ、村人たちにしろ、まるで悪びていない。ニセ札を創っても、誰にも迷惑はかからないし、戦争中は日本軍が中国のニセ札を創っていたのだと開き直る。
 また彼等は、私利私欲だけではなく、敗戦のウサばらし、不要となった技術力の復活、貧困と疲弊にあえぐ村の活性化、子供たちへの愛など、様々な思いを胸に抱きながら、自己実現をめざして、この犯罪に参加しているのだ。
 この作品は、山梨県で実際に起きたニセ札偽造事件が、モチーフになっているという。かつては日本にも、こんな大胆で粋な人々が存在したのだと、妙に感心してしまった。
 最高傑作とまではいかないものの、まさに当時の拝金主義とエセ民主主義を痛烈に笑い飛ばす悲喜劇に仕上がっている。ところが新宿テアトルの観客数は、僕を含めてたったの4人なのだ!。一体どうしちゃったの。やはり創り方が地味だったからであろうか…。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 時空を超えて | トップページ | ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29414307

この記事へのトラックバック一覧です: ニセ札:

» 『ニセ札』を観たよ。 [【待宵夜話】++徒然夢想++]
 とても実直。 『ニセ札』 2009年・日本・94分 監督・共同脚本・出演:木村祐一 脚本:向井康介 井土紀州 撮影:池内義浩 音楽:藤原いく... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 18時03分

» ニセ札/特集レポ 舞台挨拶〜キム兄の涙の訳〜付き [LOVE Cinemas 調布]
キム兄こと木村祐一の長編初監督作品。主演は倍賞美津子、他にも段田安則、板倉俊之、村上淳、そして木村祐一本人も出演している。で、全く知らないで鑑賞に行ったその回の後に舞台挨拶がありますと受付でいわれ、ハシゴ予定だったんで時間をずらす訳にもいかず、仕方なく500円追加で舞台挨拶まで参加してきたのでした。(苦笑)今回はその時の様子も込みでのレビューです。... [続きを読む]

受信: 2009年5月 3日 (日) 20時23分

» 映画「ニセ札」@京橋テアトル試写室 [masalaの辛口映画館]
 映画の話 昭和20年代。戦後の混乱の中、山村の小学校の教頭を務める佐田かげ子(倍賞美津子)は、生徒に惜しみない愛情を注ぐ一方で、知的障害を持つ息子・哲也(青木崇高)を女手ひとつで育てていた。村中から尊敬されていた彼女の元にある日、教え子のひとり、大津シ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 4日 (月) 00時42分

» 「ニセ札」 ソラリア・シネマにて [観劇レビュー&旅行記]
2009年5月1日(金) 最近、幾つか映画を観たので、順次取り上げる。 今週の水曜日29日(祝)、ソラリア・シネマの4月末期限の割引券が手に入... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 16時02分

» 『ニセ札』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『ニセ札』 □監督・脚本 木村祐一  □脚本 向井康介、井土紀州 □キャスト 倍賞美津子、青木崇高、板倉俊之、木村祐一、三浦誠己、宇梶剛士、村上淳、段田安則、泉谷しげる、中田ボタン、板尾創路、橋本拓弥、加藤虎ノ介、遠藤憲一■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 最近は何故か芸人、特にお笑いの連中の映画への参加が多く見られるようになっている。 先日の『ドロップ』はその中では予想に反してヒットした作品だが、舞台や... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 22時50分

« 時空を超えて | トップページ | ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて »