« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | まだ見ぬ冬の悲しみも »

2009年5月30日 (土)

インスタント沼

★★★★

 カッパが見えるとはしゃぐ母親と、絶対に現実しか信じない頑固娘のハナメ。彼女は売れない雑誌の編集長だが、この雑誌の廃刊と同時に、あっさり出版社を辞めてしまうのだ。
 さあそれからが大変、ジリ貧状態が延々と続く毎日。ひょんな事から30年前の手紙が発掘されるのだが、それが見ず知らずの父親から、母親宛てに投函されたものと知り大ショック。
 手紙の差出人住所を頼りに、やっと見つけたのがオンボロ小屋の骨董品屋だった。そこに頭ぐしゃぐしゃ髭ぼうぼうの、得体の知れない「電球オッさん」が現われる。

         Numa

 主なキャストは、主人公ハナメに麻生久美子、その母親に松坂慶子、父電球に風間杜夫、人のいいパンクロッカー・ガスに加瀬亮と、個性的な俳優達が並ぶ。
 ことに最近の麻生久美子は、シリアスもコミカルも器用にこなす演技力を身に付けたよな。今回は能天気で無責任で感情のまま走り続ける女の役柄だが、なかなかキュートで憎めない女を面白おかしく演じ切っている。これは彼女の当たり役になりそうだ。
 さて、荒唐無稽でハチャメチャな展開のこのおかしな映画。これをバカバ力しいと観るか、面白いと感じるかは、観る人の自由であり感性の違いだが、僕には滅茶苦茶面白かったね。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | まだ見ぬ冬の悲しみも »

コメント

私もめちゃくちゃ面白かったです、はまりました。
麻生久美子さんはすごくキュートでしたね。
あまりはっちゃけた役を見たことなかったので、新鮮でした。

投稿: cherry | 2009年5月30日 (土) 21時42分

cherryさんコメントありがとう
以前から麻生久美子ファンですが、最近いろいろな役柄にチャレンジしていますよね。これからの活躍が楽しみですね。

投稿: ケント | 2009年5月31日 (日) 12時12分

こんにちは。
最近、忙しくて自分のブログの更新で一杯一杯でした。

この映画、まだ観てません。
うーん、なかなかクセのある面白さのようですね。
これは、観ておくべきかなぁ。
自分の感性にあうかどうかは、観てみないとわかりませんもんね。
良い情報、ありがとうございました。

投稿: | 2009年6月 3日 (水) 07時04分

亮さんこんにちは
おっしゃる通り、この作品は大いにクセモノですよ。そこが好き嫌いの原因かも・・・
とにかく麻生久美子はキュートですね。

投稿: ケント | 2009年6月 3日 (水) 14時50分

 私は『亀は意外と速く泳ぐ』以来の三木聡ファンで、この作品は同じ女性主役ということで、対を成す作品だなあと思いました。

 三木聡作品でもベストに入る出来です。
 
 なんと言っても、蒲田行進曲以来の風間杜夫と松坂慶子ですから。
 
 テンションの高い麻生久美子と低い加瀬亮のコンビネーションも良かったです。

投稿: 龍女 | 2009年6月15日 (月) 14時52分

龍女さんこんにちは
『亀は意外と速く泳ぐ』は僕も観ています。おとぼけ主婦とスパイという妙な取り合わせでしたよね。上野樹里ちゃんもいい味出てました。三木聡監督は二枚目半の若い女性を使うのが巧いのでしょうね。
風間杜夫と松坂慶子もさることながら、確かに麻生久美子と加瀬亮のコンビネーションも良かったですね。

投稿: ケント | 2009年6月15日 (月) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29867896

この記事へのトラックバック一覧です: インスタント沼:

» インスタント沼 [映画君の毎日]
●ストーリー●雑誌編集長の沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男(風間杜夫)が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハ... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 20時15分

» 「インスタント沼」 [古今東西座]
そこそこ面白かった。以上!(今回はタイトルに合わせてインスタントな記事にしてみました)これじゃ、納得できないという方は↓ [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 22時11分

» インスタント沼 [LOVE Cinemas 調布]
『イン・ザ・プール』の三木聡監督が脚本も手がける。主演の麻生久美子は現在『おと・な・り』も先行公開大ヒット中。共演の加瀬亮もこれまた『重力ピエロ』が大ヒット公開中です。他にも風間杜夫、松坂慶子といったベテランから白石美帆、松岡俊介といった中堅どころまで幅広いキャスティング。麻生久美子はまもなく公開の『ウルトラミラクルラブストーリー 』にも出演と同時期3本公開という大活躍です。... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 01時56分

» インスタント沼 [そーれりぽーと]
三木聡監督に麻生久美子主演と来れば、『時効警察』の匂いがプンプン。 『インスタント沼』を観てきました。 ★★★★ 良くも悪くも『時効警察』から麻生久美子キャラがスピンオフしたような印象。 キャラクターの基本設定が変わってても、ユルさもノリもあのまんま。 シチュエーションをいじっていじってユルい笑いに持って行く手法も。 なので『時効警察』が大好きな方には必ず楽しめる…かな? ※100%オダジョー目当てであのドラマを見てた方は除く ちなみに俺は超満足。 超満足にもいろいろ有って、★は3.5個ですけ... [続きを読む]

受信: 2009年5月31日 (日) 12時04分

» インスタント沼 [象のロケット]
ジリ貧状態の雑誌編集者・ハナメは、全てを捨てて人生をやり直すことを決意。 不思議現象など信じないハナメと違い、カッパが本当に見えるという母親が倒れたのをきっかけに、実の父親であるヘンテコな骨董屋「電球」と出会い、自らも骨董屋を開業する。 ある時ハナメは電球から“すごいお宝が入っている”という古い蔵の鍵を買わされるのだが…。 ファンタジック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 00時44分

» インスタント沼 [だらだら無気力ブログ]
映画『亀は意外と早く泳ぐ』『転々』やTVドラマ『時効警察』の三木聡監督が 麻生久美子を主演に、不運続きのジリ貧人生のOLが実の父親と出会ったこと から不思議な体験をすることになるヒューマンコメディ。雑誌社に勤めている沈丁花ハナメは編集長を務める雑誌の売り上..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 1日 (月) 02時29分

» 【インスタント沼】 [日々のつぶやき]
監督:三木聡 出演:麻生久美子、風間杜夫、加瀬亮、松坂慶子、相田翔子、白石美帆、ふせえり    ひらけ、ぬま。 「出版社に勤めるハナメは、売れない女性誌の編集者だったが担当雑誌が長期休刊になったのを機に退職。 人生をやり直そうと思った矢先、母親が... [続きを読む]

受信: 2009年6月 2日 (火) 11時49分

» 水道の蛇口をひねるんだ?!~「インスタント沼」~ [ペパーミントの魔術師]
時効警察の三木聡さんだから オモロイだろうという決め付け。(笑) ・・・って言いながら、実はその 時効警察自体、見てないんだほとんど。 知ってるのは「亀は意外と速く泳ぐ」と それから2年前のインターネット大賞ブログ版で 個人的好みでもって邦画の1位にした「転々」 ..... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 11時30分

» 『インスタント沼』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インスタント沼」□監督・脚本 三木聡 □キャスト 麻生久美子、風間杜夫、加瀬 亮、松坂慶子、相田翔子、笹野高史、ふせえり、白石美帆、松岡俊介、温水洋一、宮藤官九郎、渡辺 哲、村松利史、松重 豊、森下能幸、岩松 了■鑑賞日 6月5日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 何だか大人が子供部屋にあるおもちゃ箱をひっくり返して、中から出て来た玩具に懐かしさを覚えた作品でしたね。 前作の『転々』とはカラーが違い、むしろそのノ... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 12時30分

» インスタント沼◎無駄なテンションが面白い! [銅版画制作の日々]
 シオシオミロミロ〜〜♪なんじゃこれ?あの懐かしい飲み物、ネスレの粉末の商品です。牛乳を混ぜて飲む麦芽飲料です。もちろん今も商品は健在のようです。→ネスレミロのHP 6月2日、京都シネマにて鑑賞。ゆる〜い作品で定評の三木聡監督最新作は、超ハイテンション作品だ。いやあ〜久しぶりに大笑いしました。なにやら魔可不思議な世界です。 主人公を演じる麻生久美子の名前が沈丁花ハナメ。こんな名前、どこから発想するんだわけがわからない。そんな沈丁花ハナメを演じる麻生久美子の物凄い弾け方も半端じゃない。冒頭から、早... [続きを読む]

受信: 2009年6月 8日 (月) 23時08分

» 「インスタント沼」初夏の麻生久美子祭・第2弾(^^;! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[インスタント沼] ブログ村キーワード  出演作続々公開。絶好調“麻生久美子祭”今回は「インスタント沼」(角川映画)でございます。「時効警察」でおなじみ、三木 聡 監督とのコンビ復活で、笑わせてくれますよ~。  出版社に勤めるOL沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、編集長を務める雑誌が販売不振で休刊になり、退職。お茶を入れれば茶柱が“凶”という字になり、カッパを捕まえに行った(らしい)母・翠(松坂慶子)は、池で意識不明で発見され、病院へ運ばれる。これだけでも充分不幸続きで“ジリ貧”なのに、偶然... [続きを読む]

受信: 2009年6月16日 (火) 00時45分

» インスタント沼 [単館系]
6/11にやっていたとんねるずの皆さんのおかげでしたで宣伝していた 映画が気になり見てきました。 三木聡監督はカメは意外と早く泳ぐで知りま... [続きを読む]

受信: 2009年6月21日 (日) 02時29分

» 『インスタント沼』 @テアトル新宿 [映画な日々。読書な日々。]
雑誌編集長の沈丁花ハナメは、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハナメだったが、お宝が眠る蔵の鍵を“電... [続きを読む]

受信: 2009年7月 3日 (金) 14時24分

» 【映画】インスタント沼…インデアンサマーって何か別の映画でも出てこなかった? [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
昨日は夜更かししたのに、今日{/kaeru_rain/}は何故か早起き出来たピロEKです。 家に食べ物{/silver/}が無かったので{/ase/}、朝から家族でファミレスにモーニングを食べに行って{/silver/}帰ってきました。 今はお昼に何を食べるのかを心配しています{/face_ase2/} さて以下は映画観賞記録{/m_0058/}。最近の供給過剰ゆえアップアップしているカテゴリーです{/ase/}。恐るべしTSUTAYA DISCAS{/face_ase1/} 「インスタ... [続きを読む]

受信: 2010年6月27日 (日) 14時30分

« スラムドッグ$ミリオネア | トップページ | まだ見ぬ冬の悲しみも »