« おっぱいバレー  | トップページ | リセット »

2009年5月17日 (日)

美女缶

★★★★

 なにやらいかがわしいタイトルと、桃太郎よろしく缶詰から裸の美女が生まれてくる怪しげなポスター。何か気になって、そうとうDVDをレンタルしてしまった。
 はじめに断っておくが、これはアダルトDVDではないし、美女はウジャウジャ登場するシーンはあるものの、裸やセックスシーン等は全くない。また演技をしている俳優さんは、僅か4人程度という超低予算の自主製作映画なのである。

 美女缶 美女缶
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

 だがアイデア抜群で、ストーリーが結構面白いのだ。そしてラストのドンデン返しにもハッと息を飲んでしまった。ジャンル的にはSFファンタジーロマンといったところか…。
 低予算でも面白い映画を創れるといった見本のような作品であり、2003年に「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」オフシアター部門グランプリをはじめ、数々の映画賞を立て続けに受賞している。
 その後ドイツ、フランス、韓国などでも上演され、日本では2004年に渋谷シネ・ラ・セットで上映が行われた。またさらに翌2005年には、フジテレビ系列の『世にも奇妙な物語 春の特別編』として妻夫木聡主演でリメイク放映されている。

 この一本で一躍有名人となってしまった筧昌也監督だが、少年時代には漫画家をめざし、ビックコミックスピリッツの月例新人賞を受賞した経験があるそうだ。社会人になってからは、CGやアニメーション関連の仕事を経て、2008年に『死神の精度』で本格的に劇場用映画監督デビューを果たしている。今後のさらなる活躍が楽しみな監督の一人でもある。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« おっぱいバレー  | トップページ | リセット »

コメント

だいぶ前に、この漫画を読んだような気がするんですが、同じやつなんですかね?

投稿: まりっぺ | 2009年5月18日 (月) 12時39分

まりっぺさんへ
こんなマンガありましたっけ・・・
筧昌也監督は少年時代にマンガ家をめざしていたけれど、現在はマンガは描いていないと思いますが。

投稿: ケント | 2009年5月18日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29653393

この記事へのトラックバック一覧です: 美女缶:

« おっぱいバレー  | トップページ | リセット »