« レッドクリフPart2 | トップページ | 北茨城への旅 »

2009年4月26日 (日)

ステップ 

 西澤保彦の『7回死んだ男』というミステリーがあるが、本書では主人公の斎木章が10回も死ぬのだ。ミステリーでもあるのだが、どちらかというとハードボイルドタッチである。

ステップ Book ステップ

著者:香納 諒一
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 死んでしまうと、また過去に戻ってやり直しが出来るのだが、何時間前に戻るのか判らないうえに、だんだん過去に戻る時間が短かくなってゆくのだ。従って取り戻せない失敗も発生してしまう。それがこの繰り返し小説を、飽きずに読ませる仕組みなのだろう。
 過去の繰返しを描いた小説の代表は、ケン・グリム・ウッドの『リプレイ』と、北村薫の『ターン』であろう。また映画では、何といってもビル・マーレーとアンディ・マクドウェルの『恋はデジャ・ヴ』の右に出るものはないだろう。
 ただ本作のようなハードボイルド系の繰返し作品は初めてであり、非常に楽しかったな。また緻密に計算され尽されたスト一リー展開も見事である。

 だがやはり、10回もミスを犯して死んでしまう主人公にイライラが募る。なんだかしつこい気もする。それに、せっかく美女が二人も登場するのに、濡れ場が全くないのも淋しいじゃないの。
 繰返しのほうは10回ではなく、せめて5~6回位で十分である。もしかして、西澤保彦の「7回」に張り合って、10回に引き伸ばした訳ではないだろうな。

最後にクリックしてランキングを確認してくれると嬉しいな↓↓↓

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« レッドクリフPart2 | トップページ | 北茨城への旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29309449

この記事へのトラックバック一覧です: ステップ :

» ステップ 【香納 諒一】 [*読み出したら止まらない*]
斉木章、彼の隠された裏の顔は盗みのプロ。 一年前の事件で相棒と愛する彼女を失った。 傷心の日々を送っていた彼だが、そんなある日、孤児院での弟分の悟がトラブルと共に転がり込んできた。 事態を収拾しようとする斉木だったが、捕えられ、あっけなく命を落としてまう…。... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 09時09分

» 『ステップ』香納諒一 [ビター・オア・スイート]
※ネタバレありです。 死んで時間が巻き戻るのが8回繰り返されるという設定が面白そうで読んでみた。 けど、面白そうだと思えたのは最初... [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 23時47分

« レッドクリフPart2 | トップページ | 北茨城への旅 »