« 闇の子供たち | トップページ | ウォッチメン »

2009年4月 8日 (水)

名前探しの放課後

 原因不明のタイムスリップで、3ヵ月先の未来から戻ってきた高校生の依田いつか。彼は3ヵ月先に同級生が自殺するが、それが誰だったのかは、どうしてもは思い出せないと言う。そこで彼は、これから起こる自殺を阻止しようと、仲間たちと協力して自殺者の名前探しを始める。

名前探しの放課後(上) Book 名前探しの放課後(上)

著者:辻村 深月
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 タイムスリップという超常現象からスタートするのだが、本作ではタイムパラドックスなどにはほとんど言及していない。だからSF系の小説ではなく、タイムスリップは単に未来の自殺を阻止する、というテーマのための小道具に過ぎないのだ。
 はっきり言えば、「学園ミステリー」そのものなのである。女性視点で味付けが薄いので、おじさんには少々物足りなかったが、女性や学生たちには、爽やかな味が美味しいのかもしれないね。

 読み処は、真摯で清楚な同級生坂崎あすなと、鉄道マニアの同級生河野との友情。そして美味しい洋食を提供するグリル・さか咲の存在かな…。
 全二巻で途中少し中だるみの感もあるが、終盤の急展開とラストの大ドンデン返しは、なかなか面白いし見事だったね。ただ注文を付ければ、せめて一冊にまとめる程度の長さにして欲しかった。

↓↓↓最後にランキングを確認してね

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 闇の子供たち | トップページ | ウォッチメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/29022118

この記事へのトラックバック一覧です: 名前探しの放課後:

» 本「凍りのくじら」辻村深月 [日々のつぶやき]
ちょっとファンタジックで不思議なストーリー。 でもとても好みです。 「父と同じ道を歩み、カメラマンとして成功した理帆子、彼女は過去に不思議な経験をしたのだった。 父が五年前に失踪し、母が余命いくばもない状態での入院生活、高校生の理帆子は、自分の居場所... [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 17時39分

» ハンチョウ [ハンチョウ]
この「ハンチョウ〜神南署安積班〜」ではついこの間までやっていたNHKの連続テレビ小説「だんだん」で若き医師役を演じていた山口翔悟さんも出演します。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 9日 (木) 04時24分

» 辻村深月 『名前探しの放課後』 [映画な日々。読書な日々。]
名前探しの放課後(上)/辻村 深月 ¥1,470 Amazon.co.jp 思い出してください、青春のせつなさを。新・学園ミステリの傑作、ここに誕生! 「今から、俺たちの学年の生徒が一人、死ぬ。――自殺、するんだ」「誰が、自殺なんて」「それが――きちんと覚えてないんだ。自殺... [続きを読む]

受信: 2009年4月27日 (月) 23時06分

« 闇の子供たち | トップページ | ウォッチメン »