« 虹の天象儀 | トップページ | 柳生十兵衛死す »

2009年3月 3日 (火)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

★★★☆

 第81回アカデミー賞作品賞に本命としてノミネートされていたが、残念ながら対抗馬の『スラムドッグ$ミリオネア』に負けてしまい、アカデミー賞関連の受賞は「メイクアップ賞」「美術賞」「視覚効果賞」等の特別賞のみの受賞に終わってしまった。

    Benjaminbutton

 ストーリーのほうは、生まれた時が老人で、だんだん若返ってゆくベンジャミンという奇妙な男の一生を描いてゆく。ベンジャミンの役にはブラッド・ピットが熱演し、その大半を彼が演じているのだ。また彼の幼な馴染みであるヒロイン・デイジーには、『バベル』で共演したケイト・ブランシェットが扮している。
 幼な馴染みといっても、デイジーが少女の頃は、ベンジャミンが老人の風貌であり、お互いに適齢になるのは、わずかの期間しかない。そして年齢がクロスした後は、今度は逆乖離し、ベンジャミンの体は少年になり、デイジーは老女になってゆく。
 このあたりのくだりがなかなか興味深い。年をとらない人や、若返る人のお話は数多く存在しているが、老人で生まれて赤ちゃんで死んでゆく人の話は珍しい。また恋人と年齢がクロスしてゆく、という設定も「出会い算」のようで面白いよね。

 この映画の見所は、ただベンジャミンとデイジーとの恋だけではなく、彼がいろいろな人物と知り合ってゆく過程を描いていることだ。ただ残念なことに、ある人物の一生を描くとなると、時間制限のある映画館での上映では不十分だということである。
 このことを知りながら、あえて描き方が不足していたものを挙げれば、養母との愛情の触れあいや、実父との再会後の交遊シーンが不足していると言いたい。さらに重箱の隅をつつくようだが、下記のようなことも付け加えておこう。
 養老院でピアノのレッスンをしてくれた老女との関係や、それで得たピアノ演奏技術の活用シーンが足りない。また童貞なら初めて行った売春宿の女には、心を惹かれるものであるが、そのあたりもあっさりと流しているだけである。それから船長や船員との友情についても、もう少し深く突っ込んで描いたほうが感動を呼び起こせたに違いない。ただ雷に7回打たれた男の話はインパクトがあったし、ホテルで知り合った女性とのショートストーリーはなかなかロマンチックで素敵だったね。

 いずれにせよこの作品は映画より、TVドラマ向けの作風である。全20話位にまとめてじっくりと描いて欲しかった。
 それから、時計が逆回わりする話は必要があったのだろうか。時計の話は、間違った過去を取り戻すという、いわばタイムスリップ系の論理であり、ベンジャミンの肉体の逆行性とは全く意味が異なると思うのだが…。
 さてもう一つの見所というか、本作最大のセールスポイントは、最新のメーキャップ技術である。ことに老けメーキャップがものすごいね。ブラピにしろケイトにしろ信じられない位の変身である。たださすがに若返りのほうが難しいようで、ブラピが青年になったシーンは薄暗い場所で、髪を下げて皺を隠して、かなり厚化粧していたのがバレバレだったよね。
 映画を観ながら一番気になったのは、老人の顔をして生まれた小さな赤ちゃんが死ぬときは、赤ちゃんの顔をした大きな老人となるのか、ということだったのだが…。やはりこのあたりには、いろいろ矛盾や映像上の限界があったのか、全くひねりも工夫もなかったのが期待外れであった。
 もともと「若返る」という荒唐無稽な設定をしている作品に、論理を求めるのはおかしいかもしれない。だが、SFでもなくアニメやコメディーではないシリアスな作品に仕上げているのだから、筋だけは1本通してもらいたかったな。

スパム対策のため一時的にコメントが留保されますが、承認後公開されます。

↓↓↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 虹の天象儀 | トップページ | 柳生十兵衛死す »

コメント

たしかに!
3時間ちかくの映画でしたが、人生を描くには、短いかもれいないですね。
それでも、十分に楽しめました。
個人的には、「永遠なものはある」「永遠なものはない」という考えが変わってゆくのが、非常に興味深かったです。

投稿: | 2009年3月 6日 (金) 06時22分

亮さんいつもありがとう
「永遠なものはある」「永遠なものはない」という考え方ですか、なかなか含蓄のある言葉ですね。良い映画でしたが、ちょっと淡々としすぎた感があり、ちょっと物足りなかったです。
最近観た、「チェンジリング」の方が面白かったですね。

投稿: ケント | 2009年3月 8日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/28458246

この記事へのトラックバック一覧です: ベンジャミン・バトン 数奇な人生:

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [LOVE Cinemas 調布]
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみならず、みんなこの日を期待していたんでしょう、夜8時半からでしたが劇場はほぼ満員でした。 ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 22時57分

» とってもフツーなピーチの生活 [とってもフツーなピーチの生活]
とってもフツーなピーチの生活 [続きを読む]

受信: 2009年3月 3日 (火) 23時41分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [Sweet*Days**]
監督:デヴィッド・フィンチャー  CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン 他 ある盲目の時計職... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 11時10分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [to Heart]
一瞬、一瞬を、大切に生きていますか――? 全ての出逢いを、胸に刻んでいますか――? 原題 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 製作年度 2008年 上映時間 167分 原作 F・スコット・フィッツジェラルド 脚本 エリック・ロス 監督 デヴィッド・フィンチャー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ティルダ・スウィントン/ジェイソン・フレミング/イライアス・コティーズ/ジュリア・オーモンド 『グレート・ギャツビー』... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 11時13分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら時を刻んでいくが―     監督 : デヴィッド・フィンチャー 『セブン』『ファイト・クラブ』『ゾディアック』     脚本 : エリック・ロス 『フォレスト・ガンプ/一期一会』『グッド・シェパード』    ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 11時25分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」□監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 エリック・ロス □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・P・ヘンソン、イライアス・コティーズ、ジェイソン・フレミング、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング、ジャレッド・ハリス■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 12時06分

» ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON [我想一個人映画美的女人blog]
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞/メイクアップ賞/視覚効果賞/録音賞/作曲賞 老人として生まれ、歳をとるごとに若返ってくという不思議な運命に生きた男の話 ということでそれだけで興味深くて今月公開で1番楽しみにしてた作品♪ この映画、とにかくCG効果が... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 13時41分

» ベンジャミン・バトン★数奇な人生  [銅版画制作の日々]
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかったが。後で調べたら167分=2時間47分・・・・・・。いやあここまで長いとやはり疲れますね。 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をもとに、デヴィッド・フィンチャーが映画化。なお、フィンチャーと主演のブラッド... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 14時05分

» 人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 [水曜日のシネマ日記]
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 15時23分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [心のままに映画の風景]
1918年、ニューオーリンズ。 老人施設を営む黒人女性クイニー(タラジ・P・ヘンソン)は、置き去りにされた赤ん坊を拾う。 “ベンジャミン”... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 17時24分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [Peaceナ、ワタシ!]
- 80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 -。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました! 主演はブラッド・ピット、相手役にケイト・ブランシェット、監督は『セブン』『ファイト・クラブ』のデビッド・フィンチャー!(ブラピ、デビッド・フィンチャー作品は3度目ですね) ブラピ一家が来日していたこともあり、話題騒然でしたが…私、この作品に対してちょっと期待が強すぎたかもしれません!... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 17時34分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [そーれりぽーと]
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ この映画を観ていた中でひとつはっきりと思ったのは、老いって怖えー!ってことかな。 本来の主題はそれもこれも受け入れなさいって事なはずなんだけど、老いについて深く考えた事も無かったのにそんな事言われると逆に意識してしまいます。 老人の姿で生まれた少年と普通の女の子が、一方は若返り、一方は普通に成長し、すれ違いながら紡いでいく二人の人生を... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 19時59分

» 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----さて、今日はカタログハウスの「シネマのすき間」へお出かけの日。 そこで聞いたんだけど、 この映画 『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』は 2008年アカデミー賞最多の13部門にノミネート。 でも、えいは9部門10ノミネートの『スラムドッグ$ミリオネア』の方が好きなんだって。 ついでに聞いちゃったんだけど、 アカデミー賞作品賞ノミネート作品の中でのお気に入り、 続いて 『フロスト×ニクソン』『ベンジャミン・バトン/数奇な人生』 『愛を読むひと』『ミルク』の順なのだとか。 あれっ。でもまだ『ミ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 21時57分

» 『ベンジャミン・バトン-数奇な人生-』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
80歳で生まれ、若返っていく 数奇な人生を生きた、ある男の物語 [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 22時12分

» ★ベンジャミンバトン・数奇な人生(2008)★ [CinemaCollection]
THECURIOUSCASEOFBENJAMINBUTTON「ベンジャミン、あなたが教えてくれた 人は皆、出逢っては別れ、愛する者を失うそれでもー人生は素晴らしい」上映時間167分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/02/07ジャンルドラマ/ミステリー/ファンタジー【解...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 22時20分

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 [たいむのひとりごと]
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 23時10分

» ★「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末ナイトショウは・・・ ミュージカル好きなひらりんとしては 「ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー」も観たかったけど、 やはり「ケイト・ブランシェット特集」継続中なので本作を鑑賞。 この特集は「エリザベス」「あるスキャンダルの覚え書き」「アイム・ノット・ゼア」に続く第4弾ね。 でもでも注目はなんてったって主演のプラピ。... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 23時11分

» 「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・WB=Par/監督:デヴィッド・フィンチャー) 80歳の肉体を持って生まれ、年齢を経るごとに若返って行く、数奇な生涯を歩んだ男の一生を描いた感動の物語。 小説家のマー... [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 01時04分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) [ひるめし。]
人生は素晴らしい。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 5日 (木) 10時27分

» 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 [日々のつぶやき]
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 15時35分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運... [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 23時16分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [★ Shaberiba ★]
老人の姿で生まれ年をとるたび若返っていくというベンジャミンの数奇な人生は 私達に何を投げかけているのでしょうか・・。 [続きを読む]

受信: 2009年3月 6日 (金) 23時29分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [k.onoderaの日記]
『フォレスト・ガンプ 一期一会』の脚本家、エリック・ロスが本作の脚本を担当したことで、「マイノリティである主人公が多くの人々と心を通わせる、遍歴一代記」という点や、脚がつぶされたり切断されるところが泣かせどころだった... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 00時25分

» ベンジャミン・バトン数奇な人生 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
生まれたときから老人のベンジャミン・バトンは、年齢と共に若返り、数奇な人生を送ることになる。第一次世界大戦に始まり、21世紀まで普通とは逆の時間を旅した男の奇妙で壮大なラブ・ファンタジー。 アメリカを代表する作家の一人、F・スコット・フィッツジェラルド....... [続きを読む]

受信: 2009年3月 7日 (土) 01時04分

» 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・ヘンソン、フォーン・A・チェンバーズ、ジョーアンナ・セイラー、マハーシャラルハズバズ・アリ、ジャレッド・ハリス、デヴィッド・ジェンセン、テッド・マンソン、トム・エヴェレット 1918年、ニューオーリンズ。 第一次世界大戦も終わりお祭りムードに包... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 01時00分

» 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 07時04分

» 絶妙メイクアップ術 [絶妙メイクアップ術]
絶妙メイクアップ術 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 17時46分

» メイクアップ・テクニックを磨く☆ [メイクアップ・テクニックを磨く☆]
メイクアップ・テクニックを磨く☆ [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 00時20分

» ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [映画、言いたい放題!]
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、 ニューオーリンズを舞台に、80代で生まれ、そこから若返っていく、 1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、 ひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。 主演はブラッド・ピット。 老人ホームの玄関に生ま... [続きを読む]

受信: 2009年3月19日 (木) 01時08分

» 【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/face_ase2/}) さてここのところの近況報告なのですが… 昨日{/kaeru_fine/}(2009年12月5日・土曜日)からヨメさんと娘は沖縄{/hawaii_beach/}に出... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 06時40分

» 【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/face_ase2/}) さてここのところの近況報告なのですが… 昨日{/kaeru_fine/}(2009年12月5日・土曜日)からヨメさんと娘は沖縄{/hawaii_beach/}に出... [続きを読む]

受信: 2010年2月28日 (日) 09時39分

» 『ベンジャミン・バトン 〜数奇な人生〜』 [『映画な日々』 cinema-days]
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 80歳の姿で生まれ、年々、 肉体が若返っていく男の物語 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題... [続きを読む]

受信: 2010年4月21日 (水) 02時07分

» 映画『ベンジャミン・バトン〜数奇な人生』を観て〜アカデミー賞受賞作品 [kintyres Diary 新館]
9-11.ベンジャミン・バトン〜数奇な人生■原題:The Curious Case Of Benjamin Button■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:167分■字幕:小山悟■鑑賞日:2月7日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・フィンチャー□脚...... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 23時08分

« 虹の天象儀 | トップページ | 柳生十兵衛死す »