« ラーメンガール | トップページ | レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  »

2009年2月 1日 (日)

誰も守ってくれない

★★★☆

 重苦しいテーマの映画である。だが観終わったあとに後味の悪さは残らず、むしろすがすがしい風が通り抜けてゆく気分だった。
 いきなり未成年の青年が、殺人容疑で逮捕されるシーンから始まる。青年は中流のサラリーマンの家庭で育ったどこにでもいるような高校生だ。
 どこで知るのか、青年の家の前はマスコミとヤジウマの大集団に取り囲まれている。犯罪者自身は、未青年とはいえある意味仕方ないが、その家族の苦悩は一生つきまとうという…。

          Daremo

 この容疑者には中学生の妹がいる。だがたとえ子供といえども、容疑者の家族というだけで、世間の眼は容赦なく責め立てる。この妹をマスコミから守るために中年の刑事が派遣され、二人で逃避行の旅に出るのだった。
 その刑事に佐藤浩市、中学生の妹役に志田未来、そして刑事の同僚役に松田龍平、逃避先のペンション経営者に柳葉敏郎といったところが主な配役である。
 佐藤浩市が主演のせいか、テーマの割にはそれほど暗いイメージが残らないのが救いかもしれない。一方コンビを組んでいる松田龍平は、ハリウッド風味でなかなか良い味を出していたのだが、なにせ出番が少な過ぎたね。昔トレンディードラマ専門だった柳葉敏郎を久方振りに見たが、いつの間にか渋味が備わって、なかなか巧い俳優に成長しているじゃないの。
 こうしたべテランのおじさん達に囲まれて、一番の演技力を発揮していたのが、志田未来ちゃんではないだろうか。とにかく彼女の目付が凄い。完全に目だけで心の動きを表現しているのだ。身長が小さ過ぎるのが難点ではあるが、今後更なる活躍が期待出来る女優であろう。

 さてそろそろ本題に入ろうか。被害者とその家族はマスコミの餌食になっているのに、加害者の家族が保護されるのはおかしい…という命題に対する反論がこの映画の主張であり、映画を観ている限り「その通りだと」うなづきたくなってしまう。
 だがストーリー展開が余りにも極端である。確かにパパラッチがダイアナを事故死に追い詰めた事実はあるものの、日本のマスコミが警察相手にあれほど激しいカーチェイスをするだろうか。即、交通違反で逮捕されるはずである。
 またマスコミ攻勢もしつこ過ぎるし、どこへ逃げても必ず捜し出して追いかけてくるのも不気味過ぎるよな。それに新聞・週刊誌・ネットだけがマスコミじゃない。肝腎のTVが余り登場しないのが不思議だね。やはりTV局製作ということで、TVだけ良い子ぶっているのが気に入らない。
 あと志田の恋人役をしている子が、女みたいで気持ちが悪いのと、木村佳乃の役割がいまいち中途半端な感がある。テーマとしては充足感はあるものの、全体的にストーリー展開が極端であり、社会派映画の味が大昧・曖昧になってしまったのが残念である。

↓↓↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ラーメンガール | トップページ | レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  »

コメント

こんにちは♪
ひとつ事件があれば加害者、被害者はもちろんのこと、その家族にまで多大な影響が出るんですね。
現代ではマスコミやネットの追いつめ方は尋常じゃないような気がします。
とても気が重くなりました。
でも、なかなかの問題作だと思います。

投稿: ミチ | 2009年2月 1日 (日) 16時00分

ミチさんコメントありがとう
マスコミやネットの追いつめ方は、ひどいとしても映画ではちょっと異常な感じがしました。もしあれが事実ならマスコミこそ逮捕されるべきだと思いました。
問題作であることは確かですね。今年の日本アカデミー賞にノミネートされることは間違いないでしょうね。

投稿: ケント | 2009年2月 4日 (水) 12時28分

はじめまして
ブログを巡ってこちらに辿り着きました。
この作品、非常に重かったですね。
でも、そのかわりいろいろなことを教えてくれたと思います。
たしかに、今のTVの報道についても、もっと追求してくれてもよかったのでは?と思ってしまいましたね。
でも、それ以上にいろいろなことを教えてくれた作品だったと思います。

非常に参考になるブログです、ありがとうございます。
これからもよろしくおねいがします。

投稿: | 2009年2月 8日 (日) 15時18分

亮さんコメントありがとう
はじめまして。
亮さんのブログ「映画と本 そして コーヒー」なかなかタイトルが洒落ているし、嗜好も僕に似ていますね。これからも宜しくお願いします。

投稿: ケント | 2009年2月 8日 (日) 15時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/27665896

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も守ってくれない:

» 誰も守ってくれない [LOVE Cinemas 調布]
主演・佐藤浩市、志田未来。監督・君塚良一、製作・亀山千広というフジテレビの定番製作陣。コレだけ揃えばヒット確実と言えるメンツです。さて、ただいま1月24日の23時をまわったところ。本作の前番組『誰も守れない』を観終わり、24時10分からのレイトショーで本作を観てきます。ドラマは結構イイ出来でした。これは映画にも期待大です!レビューは帰宅後UP予定です。(明け方か?!)... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 11時08分

» 『誰も守ってくれない』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一 □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 第32回モントリオール世界映画祭では、最優秀脚本賞を受賞したこの作品。 その脚本家君塚良一がメガホンを取る。   ある日突然、殺人犯の妹になってしまった15歳の少女沙織(志... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 14時05分

» 試写会「誰も守ってくれない」 [日々“是”精進!]
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「誰も守ってくれない」の試写会に出席してきました社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走やマスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな切り口で問い直す力作社会派エンタテインメン...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 14時21分

» 映画「誰も守ってくれない」を観ました!!(2009-3) [馬球1964]
映画「誰も守ってくれない」を観ました!!2009年の第3作目です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 14時41分

» 【誰も守ってくれない】標的になる恐ろしさ [見取り八段・実0段]
もしも自分の家族が加害者になってしまったら。。。こんな恐ろしい事になるんだな。タイトルは「守ってくれない」だけど、映画の中で佐藤浩市演じる刑事は身を犠牲にして守ってくれている。それも裏事情あっての事だけど。一体、何から加害者の家族なんかを守るのか。それ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 14時42分

» 試写会「誰も守ってくれない」 [流れ流れて八丈島]
これから、一ツ橋ホールで試写会「誰も守ってくれない」を観ます。心に傷を抱えた刑事(佐藤浩市)が殺人犯の妹となった少女(志田未来)を守る。という「社会派ヒューマンエンターテイメント!!」だそうです。あまり予習してないので、ニュートラルな状態で映画を楽しみ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 14時58分

» 誰も守ってくれない [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★☆ 星4っつです。 マスコミより情報収集が早いネット社会・・・背筋が凍るねぇ。 最初にやや飛ばし過ぎという感じがあったため中盤は少々ダレる一面もありましたが、この題材はとても考えさせられる作品でした。 昨夜のドラマ版「誰も守れない」も全部観ました。 最近は映画と連動させたドラマという展開が多いですが・・・ この映画の場合は、ドラマのラストシーンが映画のオープニングにつながっていて、さらに... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 15時43分

» 誰も守ってくれない [今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で]
    = 『誰も守ってくれない』  (2008) = ある日突然、未成年の長男が’小学生姉妹殺人事件’の容疑者として、逮捕されてしまった船村家。 両親と、15歳の妹・沙織(志田未来)は、状況も分からぬままに、マスコミの好奇の目に晒され、激しいバッシングに追いつめられていく。 そんな中、刑事の勝浦(佐藤浩市)は、’容疑者の家族の保護’という任務を命じられる。 保護マニュアルにのっとり、警察は3人を別々に保護するべく、同い年の娘をもつ勝浦が、沙織を担当することになる。..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 15時54分

» 映画 【誰も守ってくれない】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「誰も守ってくれない」 『踊る大捜査線』シリーズの君塚良一が脚本と監督を兼ねる問題作。 おはなし:船村家は平凡な4人家族。ある日、18歳の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミと世間の目から守るため逃避行を始める。 LIBERAの清らかで美しいヘブンリーボイスをバックに、沙織の楽しそうな中学生活と沙織の兄の逮捕劇が交互に描かれるところからドラマが始... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 15時58分

» 誰も守ってくれない(映画館) [ひるめし。]
俺に、人を守れるのか。あなただけは、信じてる。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 16時14分

» 『誰も守ってくれない』試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避けるため警察の保護下に置かれ、中学生の妹・船村沙織の担当は刑事の勝浦に任される。ホテルや自宅アパート、友人のマンションを転々とするが、マスコミの執拗な追跡に... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 16時19分

» 何か物足りない。『誰も守ってくれない』 [水曜日のシネマ日記]
殺人犯の妹になった少女と彼女を保護する刑事の様子を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 19時29分

» 誰も守ってくれない [ネタバレ映画館]
「お茶漬けにしてやってください」「筋子が凍ってるな」 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 20時14分

» 映画「誰も守ってくれない」 [FREE TIME]
映画「誰も守ってくれない」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 20時55分

» 「誰も守ってくれない」加害者家族を守る刑事のみたマスコミとネット犯人たちの狂気 [オールマイティにコメンテート]
「誰も守ってくれない Nobody to watch over me」は殺人を犯した18歳の少年の加害者家族を守るために任命された警察官がマスコミ、一般市民の迫害から加害者家族を守っていくストーリーである。現在ではインターネットの発達で個人情報を守るのが困難になっているし、世間...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 21時26分

» 誰も守ってくれない [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
誰も守ってくれない’09:日本 ◆監督・脚本: 君塚良一「MAKOTO」「容疑者 室井慎次」◆出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃 ◆STORY◆幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マ...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 21時40分

» 誰も守ってくれない [映画君の毎日]
■ストーリー■平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 22時19分

» 映画「誰も守ってくれない」試写会。 [「ボブ吉」デビューへの道。]
12月3日、映画「誰も守ってくれない」試写会、行って参りました。 このところ、楽しみにしてた映画・舞台を鑑賞しても、 睡魔には勝てなかったという、疲れ果ててる僕ですが(笑)、 今回はまったく睡魔も訪れず、ラストまで食い入るように、 スクリーンに集中できました。 来年の1月24日と、公開までかなりの時間があるので、 あまりネタバレしないように感想を書いてみます。 まず、今回描かれるのは、殺人事件の容疑者側の家族の保護。 ごく平凡な四人家族の船村家。 その一家の未成年の長男が、小学生姉妹殺人事件... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 22時34分

» 誰も守ってくれない [まぁず、なにやってんだか]
今日は「誰も守ってくれない」の試写会をニッショーホールで観てきました。 佐藤浩市のファンなので、映画を観る前から高評価を付けちゃいますが、実際の映画もとてもよかったです。 心に深い傷を抱えた勝浦(佐藤浩市)が、人の苦しみを思いやっている姿にとても共感しました。「俺が沙織を守る!」とグイグイ前面に出るのではなく、さりげなく見守る温かい目がとてもいいです。う~ん、浩市ファンにはたまらない素敵な表情満載です! 犯人の妹・沙織(志田未来)がまた迫真の演技で、うまいのです。どんどん感情移入し... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 22時41分

» 誰も守ってくれない [欧風]
昨日はイオン下田に映画を観に行ってきました~。 今回観たのは、「誰も守ってくれない」。土曜の夜にその映画の前の話に当たる、ドラマ [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 23時32分

» 志田未来 [最新のニュースをお伝えします]
バトンだよ 志田未来ちゃんに「蛍光灯」と言われてしまうところ。笑。 Q37 中川さんのチャームポイント・魅力は? FC会報での好きなものトーク。あと、侍なイメージもある☆ Q38 鈴木さんのチャームポイント・魅力は? 酒に酔う。曲にも酔う。 ...(続きを読む) 誰も守ってく..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 02時32分

» 志田未来 高校 [YouTube動画倉庫]
志田未来 引退 世界が大絶賛!志田“未来”のオスカー女優…サンタバーバラ国際映画祭 志田未来の「頑固さ」VSさんまの「強要」 その勝者は? 「誰も守ってくれない」初日舞台挨拶、志田未来が堪能したご当地グルメは? 石田ゆり子のビキニ水着 有名人を生で見た感想を書け ...(続きを読む) Nobody to watch over me 映画「誰も守ってくれない」を観ました。 出演は佐藤浩市、志田未来。 殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ド... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 08時33分

» ★誰も守ってくれない(2008)★ [CinemaCollection]
Nobodytowatchoverme<モントリオール映画祭・最優秀脚本賞受賞>殺人犯の妹となった少女と彼女を守る刑事の逃避行が始まる──。上映時間118分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/01/24ジャンルドラマ/サスペンス【解説】社会的に注目を集める殺人事件を巡...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 2日 (月) 16時48分

» 『誰も守ってくれない』 (2009)/日本 [NiceOne!!]
原題:Nobodytowatchoverme監督:君塚良一出演:佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>幼い姉妹の殺害事件で未成年の容疑者が逮捕される。その瞬間から容疑者の家族は、マスコミや世間の目を避...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 04時52分

» 【誰も守ってくれない】 [日々のつぶやき]
監督:君塚良一 出演:佐藤浩市、志田未来、松田龍平、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之介、佐野史郎 「防犯課の刑事勝浦は、18歳の少年が二人の少女を殺害した罪で逮捕された船村家、容疑者家族の保護を命じられた。 担当させられたのは容疑者の15歳の妹沙織、マス... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 12時54分

» 映画 『誰も守ってくれない』 [きららのきらきら生活]
   ☆公式サイト☆殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本を手掛けた君塚良一が脚本と監督を兼ね、過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作を撮り上げた。平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 21時10分

» 誰も守ってくれない (佐藤浩市さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆佐藤浩市さん(のつもり)佐藤浩市さんは、現在公開中の映画『誰も守ってくれない』に勝浦卓美 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 13時28分

» 【映画】誰も守ってくれない [新!やさぐれ日記]
▼動機 時間的にこれしか合わなかったっていう話 ▼感想 マスコミの良心を信じようとした私がバカだった ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ▼あらすじ ニッポン放送株取引にてライブドアに敗北をしたフジテレビは、インターネットの世界に対して復讐を誓う。三年後、フジテレビは犯罪被害者家族となってしまった娘と、それを守る刑事を描いた映画「誰も守ってくれない」を製作する。マスコミの問題点を明るみにしたというこの映画は、実はフジテレビがネットの世界に向けて放った復讐の矢だった。 ▼... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 20時34分

» 誰も守ってくれない [Thanksgiving Day]
映画「誰も守ってくれない」を観てきました!! 映画館で予告編を観てから、なかなか興味深い題材だなあと思って、公開されたら絶対に観に行こうと心に決めてたんですよ。 第32回モントリオール映画祭で最優秀脚本賞を受賞したという作品で、こんな内容です。 『幼い....... [続きを読む]

受信: 2009年2月 9日 (月) 00時54分

» 誰も守ってくれない [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <有楽座> 監督:君塚良一 脚本:君塚良一 鈴木智 小学生姉妹殺人事件の容疑者が逮捕された。刑事の勝浦は、同僚の三島と共に、容疑者家族の保護という任務を命じられる。未成年の長男が逮捕された船村家では、両親と15歳の妹・沙織が、無神経なマスコミや周囲の目に追いつめられていく・・・。 しんどい、でもなかなか見応えのあるドラマでした。 ある日突然、「何もしていない」のに犯罪者同然の烙印を押されてしまったら。 マスコミはもとより、ネットの「正義」と言う名を借りた「悪意」が怖すぎて。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 12時11分

» 『誰も守ってくれない』 [『映画な日々』 cinema-days]
 殺人犯の妹となった少女と  彼女を守る刑事の逃避行が始まる。。。    個人評価 ★★★   [続きを読む]

受信: 2009年2月11日 (水) 16時33分

» 映画:誰も守ってくれない [よしなしごと]
 う~、記事にしていないタイトルが溜まってきてしまった。例によって、観てから記事にするまで1週間近くたってしまいましたが、今回は誰も守ってくれないです。  観ようか迷っていたのですが、製作が亀山千広さん、世界の亀山品質ですからね。とりあえず観ることにしたんです。... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 23時42分

» Cross Days(クロスデイズ)ムービー発見か!! [Cross Days(クロスデイズ)情報]
『Cross Days』(クロスデイズ)は、2009年2月27日ににオーバーフローより発売が予定 [続きを読む]

受信: 2009年3月 1日 (日) 18時47分

» 誰も守ってくれない [単館系]
容疑者は18歳の少年だった。 マスコミから容疑者の家族を守るよう指示された勝浦刑事だったが。 冒頭から離婚届だのってあまりにも現実過ぎて怖いんですが。 家を出ようとしたらマスコミの嵐。 冒頭のカ...... [続きを読む]

受信: 2011年3月28日 (月) 22時56分

« ラーメンガール | トップページ | レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  »