« 悪夢探偵2 | トップページ | 片腕マシンガール »

2008年12月28日 (日)

ぼくのおばあちゃん

★★★

 脇役の天才である菅井きんの初?主演作品である。確かに彼女は演技派ではあるが、やはり主役を張るガラではないようだ。人にはそれぞれ個性と役割というものがある。主役を張るには、それなりのオーラがなくてはならないのだが、残念ながら彼女にはそれがない。

          Bokuoba

 だからというわけではないが、新宿テアトルは、花金だというのに10人足らずの観客しか集まらなかった。決して悪い映画ではないし、誰が観ても理解出来る内容なのだが、とにかく若者に人気がないよね。

 またおばあちゃんテーマとしては、すでに『佐賀のがばいばあちゃん』に先行され、最近では『西の魔女が死んだ』にも遅れをとっている。だから新鮮味がない。また菅井きんのおばあちゃんは優し過ぎるよな。あの年代の祖母であれば、優しさだけではなく反面、凛とした厳しさも併せ持っていたはずである。それと町の人達も親切すぎるしね。そこが現実味のなさに繋がっているし、むせ返るような感動に繋がらないのかもしれない。

 なんだかこの映画について、批判めいた事ばかり並べてしまったが、素晴らしい部分も沢山あるので、どうか誤解のなきようお願いする。子役達の演技もなかなかだったが、僕が一番感銘を受けたのは、終盤に過去のビデオを観るシーンである。ここでおばあちゃんの苦悩と愛情が全噴射して、おもわず涙腺がゆるんでしまったよな。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 悪夢探偵2 | トップページ | 片腕マシンガール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/26570051

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくのおばあちゃん:

» 『ぼくのおばあちゃん』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ぼくのおばあちゃん」□監督 榊英雄□原作 なかむらみつる「ぼくのおばあちゃん(ぴあ刊)」□キャスト 菅井きん、岡本健一、阿部サダヲ、寺島進、清水美沙、加藤貴子、深浦加奈子、宮川一朗太、桐谷健太、並樹史朗、津田寛治、亀石征一郎、吉原拓弥、伊澤柾樹、柳葉敏郎、船越英一郎、石橋蓮司、原日出子■鑑賞日 1月3日(土)■劇場 テアトル新宿■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 2009年初めての映画はこの映画でした。そのタイトルからして現在最もふさわしく且... [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 12時22分

» 舞台挨拶がなくても、観客は拍手&号泣するしかなかった東京国際映画祭『ぼくのおばあちゃん』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
昨日閉幕した第21回東京国際映画祭。忙しくて観れた舞台挨拶は1本だけw東京国際映画祭『旭山動物園物語〜ペンギンが空を飛ぶ〜』舞台挨拶付きワールドプレミア@TOHOシネマズ六本木ヒルズ六本木ヒルズ森タワーの上に虹(笑)で、20日に観た菅井きん82歳にして初の主演作&8...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 22時40分

» 『ぼくのおばあちゃん』@テアトル新宿 [映画な日々。読書な日々。]
住宅販売のセールスマン・智宏は、順風満帆な生活を送りながらも、仕事に追われる日々の中で家族を顧みる余裕をなくしかけていた。そんな時、担当したある一家との出会いから、少年時代の祖母との記憶を思い出す。その頃の智宏は時代劇に夢中。模造の刀を振り回しながら、祖... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 15時24分

« 悪夢探偵2 | トップページ | 片腕マシンガール »