« ぼくのおばあちゃん | トップページ | 銀行のATM »

2008年12月28日 (日)

片腕マシンガール

★★★☆

 AV出身の井口昇監督の超B級スプラッターアクション映画で、米国資本による逆輸入作品らしい。映画を観ればすぐ判るが、こんなにも残虐でグロイ映像では、日本ではスポンサーがつかないだろうな…。
 指が切られ、腕も切られ、首を切断され、そしてマシンガンを叩き込まれて体が粉々になる。そしてシャワーの如く鮮血が飛び散るのだ。暴力と残酷描写の極みである。

片腕マシンガール [DVD] DVD 片腕マシンガール [DVD]

販売元:NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
発売日:2009/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ストーリーは、復讐に燃える女子高生アミが、切り取られた左腕にマシンガンを装着して、不良学生やヤクザ達を次々に抹殺するという展開だ。まさにタランティーノの『キル・ビル』とロドリゲスの『プラネットテラー』の世界だ。そこに日本流のアレンジと捻りを加えた超パクリ作品と言えよう。

 またかなり昔の映画で恐縮だが、『悪魔の毒毒モンスター東京へ行く』という米国映画で、安岡力也が魚屋の店頭で、まるで魚のようにズタズタと切り刻まれるシーンがあった。この気味の悪さがどことなく似ている気もする。荒唐無稽というよりデタラメで、やりたい放題なのだが、これだけ開き直られると逆に感心してしまうから不思議だ。

 そして、スシ、天ぷら、ヤクザ、忍者、女子高生にルーズソックスなどなど、外人目線での偏った日本認識アイテムのオンパレードである。だが、それにしてもだ、とにかく超面白いのだから始末に負えないよね。
 それから、この映画では女達が異常に強いし魅力的である。また彼女たちが装着する武器もなかなか凄まじい。主人公アミが腕にマシンガン、ミキの足にはチェーンソー、スミレの胸にはドリルブラジャーといった具合である。
 ことに主人公アミを演じた八代みなせは、グラビアアイドルで映画初出演とは思えない迫力ある演技を見せてくれた。ドスの利いた発声とキモの座った目つきが素晴らしいね。また彼女の年齢が23歳だと知ってまたビックリ。女子高生役を演じても、全く違和感がなかったのは、童顔と演技力の賜物だろうか。これから注目したい女優である。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« ぼくのおばあちゃん | トップページ | 銀行のATM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/26582039

この記事へのトラックバック一覧です: 片腕マシンガール:

» 映画 「片腕マシンガール」 [Mr.Bation]
お暑い日が続きます。夏バテ大丈夫ですか?{/hiyo_en2/} 夏バテ対策におバカで下品な映画見てギャハハハハというのも良いかなと思います。 河崎実の「ギララ」も捨てがたかったけど和製プラネットテラーでセーラー服にマシンガンというのはグライドハウス感を大いに期待できそうなのでこちらを選択。 今さらセーラー服でも無いと思いますけど。こちとらセーラー服にはほとんど反応しない体質ですが、ワイルドに汚れたコスチュームには目一杯反応してしまうのでまんまとやられちゃいました。{/face_ase2/} ... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 01時16分

» 片腕マシンガール [監督:井口昇] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
残虐血飛沫女子高生マシンガン乱射殺戮ショーに、君はついてこれるか!!?? [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 15時11分

» 片腕マシンガール [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋シネマ・ロサ> 監督:井口昇 アクション監督:鈴村正樹 脚本:井口昇 女子高生アミは、イジメによって弟、ユウを失ってしまう。失意のアミは、弟の部屋で、一冊のノートを見つける。そのノートには、ユウをいじめていた者達の名前が・・・。 何と申しましょうか。 「制約」ってヤッパリ必要ですね。 ひと言で言って「やりすぎ」。 グロさも、「ココまでやるか!」ってレベルを斜めに通り越して、「クドさ」の域に。 主演の女の子は良かった。怒った顔も笑った顔も魅力的。 監督のやりたい... [続きを読む]

受信: 2008年12月31日 (水) 14時04分

» 片腕マシンガール [ダイターンクラッシュ!!]
8月20日(水) 21:00~ シアターN渋谷1 料金:1000円(水曜割引) パンフレット:700円 『片腕マシンガール』公式サイト 満席、立ち見。水曜1000円の日だからか?75席しかない劇場だが。 アメリカのビデオ会社が制作費出資の日本のゴア・アクション・シリーズ第一弾。基本的にはビデオ映画。 殺戮と人体損壊のスプラッタ映画なんだが、特撮がチープなので、まったくもってグロさが感じられない。むしろ爽快感さえある。また、女優たちの身体能力が高く、かなりレベルの高いアクションを披露している。... [続きを読む]

受信: 2008年12月31日 (水) 22時51分

» 片腕マシンガール [ぐっち〜の映画DAISUKI!]
多い日も安心!?この作品を知ったのは最近で週刊プレイボーイの記事を読んでからだ。 [続きを読む]

受信: 2009年1月16日 (金) 21時52分

« ぼくのおばあちゃん | トップページ | 銀行のATM »