« 天国はまだ遠く | トップページ | ハッピーフライト »

2008年11月30日 (日)

その日のまえに

 「その日」とは、あの世に旅立つ日のことである。作者はその旅立ちの日を共通テーマとして、「生きること」、「死ぬこと」、「残されること」を、それぞれ独立して描いた短編集にするつもりだったという。
 だが著者の恩師である平岡篤頼氏の急死により、『その日のあとで』というテーマでの話を書きたくなったそうである。結局『その日のあとで』に連なる形で、それまで発表していた短編を書き直したり再編集して、この作品に仕上げたらしい。

その日のまえに (文春文庫) Book その日のまえに (文春文庫)

著者:重松 清
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本作に収録されている短編は、『ひこうき雲』、『朝日のあたる家』、『潮騒』、『ヒア・カムズ・ザ・サン』、『その日のまえに』、『その日』、『その日のあとで』の7作である。そしてそれらのうち、『朝日のあたる家』以外の作品は、どこかで微妙に繋がっているのだ。
 その繋がり方については、多少無理があるように感じるが、前述した通り、あとから再編集したということなので許容範囲とすることにしたい。またその最大原因である『その日のあとで』が、短編集の中で一番出来映えが良い事を考えても、多少のブレは致し方ないだろう。

 ハッピーエンド好みの僕としては、暗く重いテーマの短編ばかりなので、かなり気が滅入ってしまったのだが、ラストの『その日のあとで』を読んで、それまでのフラストレーションが一遍に吹き飛んでしまった。『その日のあとで』は、それほど秀逸な作品なのであり、究極すれば、この本はこの一作のために存在しているのだと言っても過言ではないだろう。

 死とは人生の終着点なのか、別の世界への入口なのか、死んでみないことには答は出せない。もし死にゆく者にとって、死が「本来あるベき世界」への羽ばたきだとしても、残された者には、悲しみのセレモニー以外の何者でもないのだ…。
 ところで『未来郵便』というサービスをご存知だろうか。最長20年先の自分や家族に宛てた手紙を、保管して配達してくれるサービスである。僕もこのサービスを使って遺言を書きたいと思っていたのだが、『その日のあとで』の中でも、看護士によってその役割が果たされるシーンがあり、きっと誰もが感動してしまうことだろう。

↓クリックすると僕のランキングも判りますよ。

人気blogランキングへ

※スパム対策のため、TBとコメントはすぐに反映されない場合があります。

↓ブログ村とクル天↓もついでにクリックお願いします(^^♪

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 天国はまだ遠く | トップページ | ハッピーフライト »

コメント

『朝日のあたる家』に登場した武口と入江の名前が、『その日のまえに』で夫婦が訪れた新婚期に住んでいたアパートの表札に再度登場しています。
あらたな一歩を踏み出す彼らの姿が間接的に描かれているといえるのではないでしょうか。『朝日のあたる家』が他の作品と接点を持たないというのは違うと思います。

投稿: | 2009年6月13日 (土) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/25783686

この記事へのトラックバック一覧です: その日のまえに:

» 重松清 『その日のまえに』 [映画な日々。読書な日々。]
重松 清 その日のまえに 僕たちは「その日」に向かって生きてきた 男女が出会い、夫婦になり、家族をつくって、幸せな一生なのか。消えゆく命の前で、妻を静かに見送る父と子。感動の重松ワールド 図書館の予約がとても多くて、予約してから半年以上経ってやっと... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 23時48分

» 「重松清」の感想 [読書感想トラックバックセンター]
「重松清(しげまつきよし)」著作品についての感想文をトラックバックで募集しています。 *主な作品:ナイフ、エイジ、定年ゴジラ、カカシの夏休み、ビタミンF、卒業、小さき者へ、きみの友だち、きよしこ、流星ワゴン、日曜日の夕刊、半パン・デイズ、その日のまえに、疾走..... [続きを読む]

受信: 2008年12月 1日 (月) 05時09分

» 本「その日のまえに」重松清著 [日々のつぶやき]
   ☆本プロからの移行☆  2005/8/25 読了 神さまは意地悪だから、大切なひとを遠くへ連れ去ってしまう。    昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。    それを不意に断ち切る、愛するひとの死ー。    生と死と、幸せの意味をみつめる最新連作短... [続きを読む]

受信: 2008年12月18日 (木) 15時27分

« 天国はまだ遠く | トップページ | ハッピーフライト »